このページの本文へ移動

CELSIUS J550 製品詳細

セルシアス CELSIUS Workstation コンパクトモデル J550
PCワークステーションの性能と信頼性をコンパクトな筐体に凝縮。
MADE IN JAPAN 伊達モデル

スペック 製品の詳細な仕様を見る

カスタマイズ・構成確認、オンライン見積り・ご購入

標準構成 Windows 10 Pro (64bit) 希望小売価格(税別):
233,800円(注)
カスタマイズ・構成確認、オンライン見積り・ご購入
Windows 8.1 Pro (64bit) SP1
(Windows 10 Pro からのダウングレード)
希望小売価格(税別):
235,300円~(注)
Windows 7
Professional (64bit) SP1
(Windows 10 Pro からのダウングレード)
希望小売価格(税別):
235,300円~(注)

(注)キーボードなしモデルの価格です。

OS

OSは
Windows 10 Pro (64bit)(Windows 10 Anniversary Updateを適用)
Windows 8.1 Pro (64bit)(Windows 10 Pro からのダウングレード)
Windows 7 Professional (64bit)SP1(Windows 10 Pro からのダウングレード)

から選択可能。

コンパクトな筐体と拡張性

Jシリーズは、W550と比較し設置面積で約40%、設置容積で約34%の小型化を実現しながら、HDD2台の搭載や 3次元アプリケーションへの対応が可能なQuadro® シリーズを搭載する拡張性を提供します。

グラフィックスカードNVIDIA® Quadro® M2000、Quadro® K620 を搭載可能 カスタムメイド

NVIDIA® Quadro®シリーズは、NVIDIA® CUDA® テクノロジーに対応したアプリケーションの処理を高速化し、より快適な業務環境を提供します。

最新の「インテル® Xeon® プロセッサー E3-1200v5 製品ファミリー 」に対応

intel® XEON® inside™

インテル® vPro™テクノロジー対応 カスタムメイド

注意:インテル® vPro™ テクノロジーの詳細は、インテル株式会社 新しいウィンドウで表示のサイトをご覧ください。
注意:J550/2、J550に対応したvPro™ アプリケーションについては、各アプリケーションメーカーへお問い合せください。
注意:カスタムメイドオプションでグラフィックスカードを選択した場合はインテル® AMTの一部の機能が使えなくなります。詳しくはインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー 新しいウィンドウで表示のページをご覧ください。

インテルvProご紹介ページ

国際エネルギースタープログラムに標準対応

国際エネルギースタープログラム対応 国際エネルギースタープログラムは、世界7ヶ国・地域で実施されているオフィス機器の国際的な省エネルギー制度です。
本製品は、国際エネルギースタープログラムに対応しています。
国際エネルギースタープログラムの詳細は、財団法人省エネルギーセンターのサイト新しいウィンドウで表示をご覧ください。

注意:本製品はデスクトップコンピュータカテゴリーの対応です。

DisplayPortを2ポート標準搭載

DVI-Dと合わせて3画面出力が可能です。

電源連動式サービスコンセントによる省エネルギー

電源連動式サービスコンセント PCワークステーション本体の電源をONにすると、同時にディスプレイの電源もONになる電源連動式サービスコンセントを採用。本体電源OFF時と本体省電力時にディスプレイへの電源供給がストップ。ディスプレイの消し忘れを防ぎます。また、ディスプレイの電源を本体より供給できるため、すっきりした配線が可能です。

メインメモリは高信頼なECC(注1)メモリを搭載

メモリには高速データ転送性能をもつDDR4 SDRAM(PC4-2133/ECC)を搭載し、最大32 GB(注2)(注3)まで増設可能です。

(注1)Error Checking and Correctionの略。メモリに発生したエラーを自動的に訂正する機能。
(注2)Windows 7 Professional (32bit)搭載モデルは選択できません。
(注3)32bit OS の場合、最大4GB まで搭載可能。ただし、OSが使用可能な領域は約3GBになります。なお、OS上で認識されるメモリ容量は搭載されているグラフィックスカードなどの装置構成によって異なります。

ハードディスク用ポートでSATA 6G対応

RAS(注)機能による高レベルの信頼性

ECCメモリを搭載し、エラー発生時にはデータを修復します。またファン回転状況や内部温度を監視します。

(注)RAS:Reliability(信頼性)、Availability(可用性)、Serviceability(保守性)

フラッシュメモリディスク(SSD)搭載 ハイパフォーマンスなSSDで企業の生産性が飛躍的に向上 カスタムメイド

フラッシュメモリディスク(SSD:Solid State Drive)は数枚のフラッシュメモリを基板に組み合わせた記憶媒体です。SATAなどのハードディスクと同じ接続インターフェースを持ち、ハードディスクと同じように利用することが可能です。さらに、ハードディスクに比べ回転ディスクからデータを探し出す時間(シークタイム/サーチタイム)がないため、高速なデータ処理が可能です。また、可動部品がなく、静音かつ高信頼です。

活用シーン[オフィス]

PCで毎日行う一般業務から専門業務まで、ハイパフォーマンスで業務効率アップ。さらに、静音性が求められる業務環境にも最適です。

《一般業務》

  • OS起動/シャットダウン
  • オフィス用ソフト起動/シャットダウン
  • OSバックアップ
  • ウィルススキャン
  • ダウンロードなど

《専門業務》

  • 3D CAD
  • デザイン
  • データベースなど

フラッシュメモリディスク(SSD)の特長

静音性高信頼省電力

HDDと異なりモーターや磁気ヘッド、回転ディスクなどの機械的に駆動するパーツがないので、省電力かつ軽量、そして、振動や衝撃に強く高信頼です。また、ディスクを回転させるモーターが不要なため、SSD自体の動作音はありません。

SSDによる業務効率向上が企業全体の生産性向上に貢献

例)<200台のPCが稼動している企業や部品> ~従業員一人あたりの1日の業務効率が約20分間向上した場合~
                        従業員一人あたり、1日で20分間の業務効率が向上すると仮定して、従業員200人の場合、1年間で約16,667時間(費用換算:約3,333万円(注))、3年間で約1億円に相当する生産性が生み出されることになります。)
                        (注)従業員の1年間の就業日数250日、時給を2,000円として試算。
                        従業員一人あたり、1日20分間の業務効率向上→3年間で約1億円相当の生産性向上に(従業員200人の場合)

SSDの導入事例ムービーを見る

作業の効率を高めるマルチモニタ環境

標準搭載のグラフィック及び、カスタムメイドで選択できるグラフィックスカードでマルチモニタ環境を構築可能。 これによりオフィスワークの効率化を提供いたします。

[ご注意]
オンライン見積もり・ご購入で表示される価格は、富士通株式会社が運営するオンラインショッピングサイト、WEB MARTで販売する場合の価格です。販売店、販売パートナーなどから購入を希望される場合には、そちらへお問い合わせください。また、キャンペーン価格が表示されているものについては、WEB MARTのみで適用されます。

関連リンク