このページの本文へ移動

タッチパネルの種類と入力方式別の特徴と注意点

はじめに

  • 本コンテンツはWindows機「ARROWS Tab」などで使用しているタッチパネルの種類と入力方式の説明です。
  • 入力方式ごとの特徴、注意点をまとめています。
  • 利用用途によって採用されている入力方式を選択し機器選定の参考にしてください。

入力方式の種類と仕組み

入力方式

画面の入力方式は大きく分けて2種類の方式があります。

  • 指でタッチ
  • ペンでタッチ

同じように画面をタッチしていますが入力方式や性能が異なります。それぞれの入力方式や性能について詳しく解説します。

入力方式の種類と仕組み 【指】

下の図のように指でタッチしていますが性能や方式が異なります。
ここではそれぞれの種類の方式と特徴について簡単に説明します。

感圧式(抵抗膜式)

主な用途
ATM、ゲーム機、PC、自動券売機、カーナビなど

入力方法
指、タッチペンなど

構造(断面図イメージ)

特徴

  • ペンや指の圧力に反応する。
  • タッチするペン(もの)を選ばない。
  • 一度に認識できるのは1点(1本)のみ。

静電容量方式(静電式)

主な用途
スマートフォン、カーナビ、自動券売機、タブレット、PCなど

入力方法
指、対応ペンなど(電気を通すもの)

構造(断面図イメージ)

特徴

  • タッチすることで発生する電流の変化を利用。
  • 複数のタッチが可能。
  • お手付き(誤動作)が起きやすい。

入力方式の種類と仕組み 【ペン】

下の図のようにペン入力していますが性能や方式が異なります。

感圧式(抵抗膜式)

主な用途
ATM、ゲーム機、PCなど

入力方法
指、タッチペンなど

構造(断面図イメージ)

特徴

  • ペンや指の圧力に反応する。
  • タッチするペン(もの)を選ばない。
  • 一度に認識できるのは1点(1本)のみ。

電磁誘導方式(EMR)

主な用途
スマートフォン、タブレット、PCなど

入力方法
専用ペン

構造(断面図イメージ)

特徴

  • ペンの性能は最も高い(高速、高精度)。
  • 専用ペンの送信コイルの磁力を受信コイルで検知する。
  • 筆圧によって線の太さを変える事が出来る。
  • お手付き(誤動作)が起きやすい。
  • 充電や電池交換が不要。

静電容量方式(AES)

主な用途
タブレット、PCなど

入力方法
指、専用ペン(電池など電源必要)

構造(断面図イメージ)

特徴

  • AESペンから発生する電界の変化を静電センサーで検知する。
  • 筆圧によって線の太さを変える事が出来る。
  • お手付き(誤動作)が起きやすい。

特徴と注意点

それぞれの入力方式の特徴と注意点を一覧にしています。
対象となる機器も記載していますので利用用途によって選択するタッチの種類の参考としてください。

タッチパネルの種類と仕組み(まとめ)

それぞれの種類の入力方式と特徴・注意点について以下の表にまとめました。

  感圧式
(抵抗膜)
電磁誘導方式
(EMR)
静電容量方式
(静電タッチ)
静電容量方式
(AES)
主な用途
(主に使用されている機器)
ATM、ゲーム機、PC、
自動券売機、カーナビなど
スマートフォン、タブレット、PCなど スマートフォン、カーナビ、自動券売機、タブレット、PCなど タブレット、PC
入力方法
(タッチ方法)
指、タッチペン
※圧力に反応
専用ペン
※通常は静電タッチと併用
指、対応ペン
※電気を通すものは可
指、専用ペン(電源が必要)
マルチタッチ
(複数個所の同時入力)
未対応 未対応 対応 対応
※ペンは未対応
筆圧検知 未対応 対応 未対応 対応
注意点
  • 圧迫に弱い
  • 潰れると戻らない
  • ニュートンリング(光の干渉縞)が発生しやすい
  • 座標補正(キャリブレーション)が必要な場合がある

<指>

  • 水滴などの付着物をタッチと誤検知
  • 環境ノイズの影響受けやすい

<ペン>

  • 磁気ノイズに弱いが環境ノイズには強い
  • 複数のペンの同時使用はできない

<ペン>

  • 環境ノイズに弱い

<ペン>

  • 環境ノイズに強い
  • 複数のペンの同時使用はできない
主な採用モデル
  • LOOX U/G90
    ※現在採用しているモデルはありません
  • ARROWS Tab
    Q508/Q737
    ※静電容量方式とセットで提供 電磁誘導方式単体での提供は無し
  • ARROWS Tab
    Q508/Q737
    ※最近のタッチ搭載モデル全機種
  • ARROWS Tab
    V727/Q738
  • LIFEBOOK P727

注)環境ノイズ:蛍光灯や家電製品などから発せられるノイズ。