このページの本文へ移動
お客様各位
富士通株式会社
2008年2月15日

アドビ システムズ社 Adobe Readerの脆弱性に関するお知らせ

平素は、富士通製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

アドビ システムズ株式会社よりAdobe Readerのセキュリティ上の脆弱性に関する情報が公開されました。
以下の内容をご確認の上、至急対策の実施を行っていただきますよう、お願いいたします。

該当製品

製品名 : Adobe Reader

バージョン : 8.1.1 およびそれ以前のバージョン

対象となるAdobe Readerは下記の全てのFMVシリーズにプレインストールされています。

個人のお客様向けモデル

  • FMV-DESKPOWERシリーズ 2008年 春モデル以前
  • FMV-BIBLOシリーズ 2008年春モデル以前

法人のお客様向けモデル

  • FMV ESPRIMOシリーズ 2007年下期モデル以前
  • FMV LIFEBOOKシリーズ 2007年下期モデル以前
  • CELSIUSシリーズ 2007年下期モデル以前
  • FMV ロングライフパソコン 2007年下期モデル以前
  • FMV-STYLISTICシリーズ 2007年下期モデル以前

脆弱性の概要

PDFファイルの閲覧ソフトAdobe Readerに脆弱性が確認されました。悪意のある第三者によって加工されたウェブページや、 E-mail に添付されたファイルを閲覧することで、任意のコードを実行される可能性があります。

アップデート方法

アドビ システムズ社のホームページで最新バージョンを入手してください。
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

[注]
※Adobe Photoshopをインストールしない場合は、チェックを外してください。
※「セキュリティ保護のため、このサイトによる、このコンピュータへのファイルのダウンロードがInternet Explorerによりブロックされました。オプションを表示するには、ここをクリックしてください。」と表示された場合は、次の手順に従ってください。

【Windows XP Service Pack 2】Internet Explorerで、「セキュリティ保護のため、このサイトによる、このコンピュータへのファイルのダウンロードがInternet Explorerによりブロックされました」と表示されます。

修正プログラムが適用されていることの確認方法

Adobe Readerを起動します。
[ヘルプ] メニューから [Adobe Reader 8について] を選択します。
画面に表示されるバージョン番号が「バージョン 8.1.2」と表示されていれば、修正プログラムは適用済みです。

参考情報

Acrobat 8.1.2/Adobe Reader 8.1.2 アップデートインストール手順(Windows)


※本内容は予告なく変更することがあります。

−以上−