このページの本文へ移動

お客様各位
2003年8月21日
富士通株式会社

[緊急] マイクロソフト社よりInternet Explorer 用の累積的な修正プログラムに関する情報が公開されました

平素は、富士通製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

マイクロソフト社よりInternet Explorer 用の累積的な修正プログラムに関する情報が公開されました。
以下のとおり対策の実施をお願いいたします。

[緊急] Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (822925)(MS03-032)

この修正プログラムは、Internet Explorer に影響を及ぼすセキュリティ上の問題を排除する累積的な修正プログラムです。
この修正プログラムをインストールすることにより、悪意のあるユーザーによる以下の攻撃を防ぐことができます。

<<重要>> Internet Explorer がブラウザのキャッシュからファイルを取得するために使用するメソッドを悪用することにより、マイ コンピュータ ゾーンでスクリプトが実行される可能性があります。
<<緊急>> Internet Explorer が Web サーバーから返されたオブジェクトの種類を適切に確認できない問題により、ユーザーのコンピュータで任意のプログラムが実行される可能性があります。

対策が行われていないシステムがインターネットなどのネットワークを通じて他のコンピュータと接続している場合、この問題を悪用した攻撃を受ける恐れがありますので、Windows Updateの実施などの対策をお願いいたします。
この修正プログラムは、以下のMicrosoft Internet ExplorerをインストールされているGRANPOWERシリーズ/PRIMERGYシリーズ/CELSIUSシリーズ/FMVシリーズが対象となります。

  • Microsoft Internet Explorer 5.01 [注1]
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 [注2]
  • Microsoft Internet Explorer 6 [注3]
  • Microsoft Internet Explorer 6 for Windows Server 2003
[注1] : Internet Explorer 5.01 用の累積的な修正プログラムは、Service Pack 3 または Service Pack 4 がインストールされた Windows(R) 2000 システム上で実行されている Internet Explorer 5.01に適用可能です。
[注2] : Internet Explorer 5.5 用の累積的な修正プログラムは、Internet Explorer 5.5 Service Pack 2 を実行しているコンピュータに適用可能です。
[注3] : Internet Explorer 6 用の累積的な修正プログラムは、Internet Explorer 6 または Internet Explorer 6 Service Pack 1 を実行しているコンピュータに適用可能です。

下記のサイトより修正プログラムの適用方法や正しくインストールされたことを確認する方法などをご覧いただけます。

http://support.microsoft.com/kb/822925/ja

※ 本内容は予告なく変更することがございます。

−以上−