このページの本文へ移動
お客様各位
富士通株式会社
2006年8月9日掲載
2006年9月27日更新

[緊急] Windowsの脆弱性(2006年8月公開)に関するお知らせ

平素は、富士通製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。
マイクロソフト社よりWindowsのセキュリティ上の脆弱性に関する情報が公開されました。
以下の情報をご確認の上、至急対策の実施をお願いいたします。

9月27日に、MS06-049を更新しました。 詳細内容はこちら

Microsoft Windows XP Service Pack 1 (SP1) および Service Pack 1a (SP1a) をお使いのお客様へお知らせ

詳しくは以下からご確認ください。
Microsoft Windows XP Service Pack 1 (SP1) および Service Pack 1a (SP1a) のサポート終了について

概要

[緊急] MS06-040 : Server サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (921883)

Server サービスに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

[緊急] MS06-041 : DNS 解決の脆弱性により、リモートでコードが実行される (920683)

DNS サービスに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

[緊急] MS06-042 : Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (918899)

Internet Explorerに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

[緊急] MS06-043 : Microsoft Windows の脆弱性により、リモートでコードが実行される (920214)

Outlook Expressに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

[緊急] MS06-044 : Microsoft 管理コンソール (MMC) の脆弱性により、リモートでコードが実行される (917008)

Microsoft 管理コンソールに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

[重要] MS06-045 : Windows エクスプローラの脆弱性により、リモートでコードが実行される (921398)

Windows エクスプローラに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

[緊急] MS06-046 : HTML ヘルプの脆弱性により、リモートでコードが実行される (922616)

HTMLヘルプに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

[緊急] MS06-047 : Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) の脆弱性により、リモートでコードが実行される (921645)

Visual Basic for Applicationsに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

[緊急] MS06-048 : Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (922968)

PowerPointに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

[重要] MS06-049 : Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される (920958)

Windows カーネルに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、特権が昇格される可能性があります。
セキュリティ情報 MS06-049 をリリース後、NTFSファイルシステム圧縮を使用して作成、更新したファイルが破損する場合がある問題が確認され、新しいセキュリティ更新プログラムがリリースされました。

関連情報 Windows Updateで公開されたMS06-049:Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される(920958)について

[重要] MS06-050 : Microsoft Windows ハイパーリンク オブジェクト ライブラリの脆弱性により、リモートでコードが実行される (920670)

ハイパーリンク オブジェクト ライブラリに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

[緊急] MS06-051 : Windows カーネルの脆弱性により、リモートでコードが実行される (917422)

Windows カーネルに脆弱性が存在し、影響を受けるコンピュータで、リモートでコードが実行される可能性があります。

該当製品

MS06-040、MS06-041、MS06-045、MS06-046、MS06-050、MS06-051

MS06-040、MS06-041、MS06-045、MS06-046、MS06-050、MS06-051は、下記を搭載した全ての PRIMEQUESTシリーズ / GRANPOWERシリーズ / PRIMERGYシリーズ / CELSIUSシリーズ / FMVシリーズが対象となります。

  • Microsoft Windows 2000
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2
  • Microsoft Windows Server 2003
  • Microsoft Windows Server 2003 for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 x64 Edition

MS06-042

MS06-042は、下記を搭載した全ての PRIMEQUESTシリーズ / GRANPOWERシリーズ / PRIMERGYシリーズ / CELSIUSシリーズ / FMVシリーズが対象となります。

  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 6

MS06-043

MS06-043は、下記を搭載した全ての PRIMEQUESTシリーズ / GRANPOWERシリーズ / PRIMERGYシリーズ / CELSIUSシリーズ / FMVシリーズが対象となります。

  • Outlook Express 6

MS06-044

MS06-044は、下記を搭載した全ての GRANPOWERシリーズ / PRIMERGYシリーズ / CELSIUSシリーズ / FMVシリーズが対象となります。

  • Microsoft Windows 2000

MS06-047

MS06-047は、下記を搭載した全ての GRANPOWERシリーズ / PRIMERGYシリーズ / CELSIUSシリーズ / FMVシリーズが対象となります。

  • Microsoft Office 2000

    Microsoft Access 2000
    Microsoft Excel 2000
    Microsoft FrontPage 2000
    Microsoft Outlook 2000
    Microsoft PowerPoint 2000
    Microsoft Publisher 2000
    Microsoft Word 2000

  • Microsoft Project 2000
  • Microsoft Access 2000 Runtime
  • Microsoft Office XP

    Microsoft Access 2002
    Microsoft Excel 2002
    Microsoft FrontPage 2002
    Microsoft Outlook 2002
    Microsoft PowerPoint 2002
    Microsoft Publisher 2002
    Microsoft Word 2002

  • Microsoft Project 2002
  • Microsoft Visio 2002
  • Microsoft Visual Basic for Applications SDK 6.0
  • Microsoft Visual Basic for Applications SDK 6.2
  • Microsoft Visual Basic for Applications SDK 6.3
  • Microsoft Visual Basic for Applications SDK 6.4

MS06-048

MS06-048は、下記を搭載した全ての GRANPOWERシリーズ / PRIMERGYシリーズ / CELSIUSシリーズ / FMVシリーズが対象となります。

  • Microsoft Office 2000

    Microsoft PowerPoint 2000

  • Microsoft Office XP

    Microsoft PowerPoint 2002

  • Microsoft Office 2003

    Microsoft PowerPoint 2003

MS06-049

MS06-049は、下記を搭載した全ての GRANPOWER5000シリーズ / PRIMERGYシリーズ / CELSIUSシリーズ / FMVシリーズが対象となります。

  • Microsoft Windows 2000

[注意]
IAサーバPRIMERGY TX200FT(Windows(R) 2000タイプ)にMS06-049:Microsoft Windows のセキュリティ修正プログラム (920958)を適用する際には、事前に緊急修正プログラムが必要です。
詳細は以下を参照してください。
[ PRIMERGY FTモデル留意事項 ]

※本内容は予告なく変更することがあります。

−以上−