このページの本文へ移動
お客様各位
富士通株式会社
2007年11月14日掲載

[緊急] Windowsの脆弱性(2007年11月公開)に関するお知らせ

平素は、富士通製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

マイクロソフト社よりWindowsのセキュリティ上の脆弱性に関する情報が公開されました。
以下の情報をご確認の上、至急対策の実施をお願いいたします。

概要

[緊急] MS07-061 Windows URI 処理の脆弱性により、リモートでコードが実行される (943460)

リモートでコードが実行される脆弱性が、Windows シェルが特別に細工された URI を処理する方法にあります。Windows シェルがこれらの URI を十分に確認しない場合、攻撃者によりこの脆弱性が悪用され、任意のコードが実行される可能性があります。

[重要] MS07-062 DNS の脆弱性により、なりすましが行われる (941672)

Windows DNS Servers のなりすましの脆弱性により、攻撃者は特別に細工した応答をDNS リクエストに送信し、「なりすまし攻撃」または適正な場所からインターネット トラフィックをリダイレクトする可能性があります。

該当製品

MS07-061

MS07-061は、下記を搭載した全ての PRIMEQUESTシリーズ / GRANPOWERシリーズ / PRIMERGYシリーズ / CELSIUSシリーズ / FMVシリーズが対象となります。

  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003
  • Microsoft Windows Server 2003 R2
  • Microsoft Windows Server 2003 x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 for Itanium-based Systems

MS07-062

MS07-062は、下記を搭載した全ての PRIMEQUESTシリーズ / GRANPOWERシリーズ / PRIMERGYシリーズ、および次の製品をインストールした装置が対象となります。

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows Server 2003
  • Microsoft Windows Server 2003 R2
  • Microsoft Windows Server 2003 x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 for Itanium-based Systems

※なお、本内容は予告なく変更することがございます。

−以上−