このページの本文へ移動

富士通株式会社
2019年2月13日 掲載
2019年2月18日 更新

お客様各位

インテル社の Intel Unite に関する脆弱性のお知らせ

米国インテルコーポレーション(以下、インテル社)より、「Intel Unite」のセキュリティ上の脆弱性に関する情報が公開されました。早急にご対応いただきますようお願いいたします。

対象機種

以下の機種が対象です。

  • ESPRIMO Q956/MRE

※Intel Uniteについて詳しくは「会議室における画面共有ソリューション ESPRIMO Q956/MRE」をご覧ください。

脆弱性の対象となるソフトウェアおよびバージョン

エンタープライズ・モードでお使いのIntel Unite サーバーアプリケーション(3.2.82.42以降、3.3.153.36以前)のみが対象となります。

※スモールビジネス・モードでご利用いただいている場合は対象外となります。

バージョンの確認方法

「コントロールパネル」から、サーバーアプリケーションのバージョンを確認できます。

Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2の場合

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。
  2. 「コントロールパネル」ウィンドウが表示されます。「プログラムのアンインストール」をクリックします。
    ※「プログラムのアンインストール」が表示されていない場合は、「プログラムと機能」をクリックします。
  3. 表示されたプログラムの一覧から「Intel Unite」を選択し、製品バージョンを確認します。

Windows Server 2012以降の場合

  1. デスクトップ画面を表示し、画面左下の「スタート」ボタンを右クリックします。
  2. クイックアクセスメニューが表示されます。「コントロールパネル」をクリックします。
  3. 「プログラム」をクリックします。
  4. 「プログラムと機能」をクリックします。
  5. 表示されたプログラムの一覧から、「Intel Unite」を選択し、製品バージョンを確認します。

対処方法

「Intel Unite(R)ソフトウェア」を3.3.163.51以上にアップデートしてください。
「Intel Unite(R)ソフトウェア」はサポートページに公開されています。
ソフトウェアをダウンロードしてアップデートする方法については、以下をご覧ください。

※ハブアプリケーション、クライアントアプリケーションも同じバージョンにアップデートして使用されることをお奨めします。

ソフトウェアをアップデートする方法

  1. ドライバダウンロードページで、機種を選択するか、型名を入力し、検索結果を表示します。
  2. 該当するソフトウェアをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたデータを解凍し、Readme.txtをよく読み適用します。
    ※アップデート後、「2.バージョンの確認方法」にある方法で最新バージョンにアップデートされたことをご確認ください。

脆弱性に関する詳細

インテル社セキュリティ情報

※本内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

-以上-