このページの本文へ移動
お客様各位
富士通株式会社
2007年10月11日

Sun Microsystems社Javaプラグインの脆弱性に関するお知らせ

平素は、富士通製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

米国Sun Microsystems, Inc. よりJava プラグインのセキュリティ上の脆弱性に関する情報が公開されました。
以下の内容をご確認の上、Javaプラグインのアップデートを行っていただきますよう、お願いいたします。


1. 該当製品

対象となるJava プラグインは下記の全てのFMVシリーズにプレインストールされています。

  • FMV-DESKPOWERシリーズ 2004年冬モデル~2007年秋冬モデル
  • FMV-BIBLOシリーズ 2004年冬モデル~2007年秋冬モデル

2. 脆弱性の概要

ウェブプログラムをコンピュータ上で動作できるようにするJavaプラグインに脆弱性が確認されました。攻撃者にこの脆弱性を利用されると、ユーザがダウンロードしたアプレットを経由して、攻撃者がネットワークリソースへ接続可能となる危険性があります。 その場合攻撃者は、通常許可されていないウェブページやサービスへ接続してしまう可能性があります。

3. アップデート方法

Sun Microsystems社のホームページで最新バージョンを入手してください。

新しいウインドウが開きますhttp://java.com/ja/

※更新バージョンのJavaプラグインのWindows VistaおよびWindows XP SP2での動作につきましては、現在、Sun Microsystems社に確認中です。わかり次第、本ページにてご案内申し上げます。

※Google ツールバーのインストールに関する画面が表示される場合があります。ツールバーのインストールを希望しないときはチェックを外してください。

4. 修正プログラムが適用されていることの確認方法

インストールが正常に完了すると、Java の正しいバージョンがインストールされたかどうか確認できる「インストールの確認」ページが表示されます。




※ なお、本内容は予告なく変更することがあります。

−以上−