このページの本文へ移動

本ページで紹介している機種は2009年10月、2010年1月発表のもので、現在発売されていないものも含まれています。 また価格や仕様、制度につきましては発表当時のものです。

FMV-K5290 製品詳細

ラインナップ一覧に戻る

  • 製品詳細
  • 仕様
  • 外観
液晶一体型モデル FMV-K5290

基本スペック

OS メモリ
Windows® 7 Professional 正規版
Windows® 7 Professional 正規版
&ダウングレードサービス(Windows Vista® Business SP1)(注1)
Windows® 7 Professional 正規版
&ダウングレードサービス(Windows® XP Professional SP2)(注1)
Windows Vista® Business with SP1 正規版
&ダウングレードサービス(Windows® XP Professional SP2)(注2)
1GB、2GB、4GB
CPU チップセット
インテル® Core™2 Duo P8800(2.66GHz)
インテル® Core™2 Duo P8700(2.53GHz)
モバイルインテル® GM45 Express チップセット
インテル® Celeron® 900(2.20GHz) モバイルインテル® GL40 Express チップセット
HDD CD/DVD(注3) 内蔵FDD(注3) USB2.0 スロット 液晶
160GB
320GB
500GB
薄型DVD
薄型スーパーマルチ
なし
3.5インチ
サイド×4 なし 17型
19型ワイド

(注1)Windows® 7 Professionalプレインストールモデルをご購入のお客様がダウングレード権を行使してWindows Vista® Businessもしくは、Windows® XP Professionalへのダウングレードを選択される場合、お客様のご要望により当社がお客様に代わってダウングレード作業を行うサービスです。

(注2)Windows Vista® Businessプレインストールモデルをご購入のお客様がダウングレード権を行使してWindows® XP Professionalへのダウングレードを選択される場合、お客様のご要望により当社がお客様に代わってダウングレード作業を行うサービスです。

(注3)内蔵FDDとスマートカードは同時搭載不可。

希望小売価格

標準構成

希望小売価格(税別):174,000円~(注1)

(注1)Celeron® 搭載17型液晶、キーボードなしモデルの価格です。

搭載OS

OSはWindows® 7 Professional 正規版
Windows® 7 Professional 正規版&ダウングレードサービス(注1)
Windows Vista® Business 正規版&ダウングレードサービス(注2)から選択可能。

省スペース性に優れた液晶一体型

「筐体上部に排気孔を配置する」「背面をカーブさせる」といった細部にわたるこだわりにより、壁際にも設置でき、広くて快適なワークスペースを実現。本体と液晶ディスプレイが一体化されているので、パソコン本体が占有していたスペースの有効活用が可能。またパソコン本体と液晶ディスプレイを結ぶケーブル類も必要ないので、快適な机上空間を確保することができます。

設置面積の図

縦置きスタンド付きキーボードを標準添付

縦置きスタンド付きキーボード

キーボードを使用しない時は、縦に置くことで、机上に作業スペースを確保することができます。

すっきりしたケーブル収納の工夫

すっきりしたケーブル収納の工夫 ケーブル類をコネクターカバーの中に収納し、カバー下部へ通す事が可能。常時接続のケーブル(LAN等)は、コネクターカバー内に収納し、すっきりとした外観の実現を図ります。使用頻度の高いUSBは、コネクターカバーを外さずに利用可能なUSB延長ケーブルを標準添付し、利便性を向上しました。

マルチディスプレイ対応

マルチディスプレイ機能 筐体背面のディスプレイインターフェース(アナログ)にオプション品のディスプレイを接続することで、マルチディスプレイ機能がお使いになれます。

2台のモニタを同時に使うデュアルモニタ機能によって、情報を効率的に表示し、作業効率を向上させます。


Portshutter標準添付

インテル® Core™2 Duo プロセッサー搭載可能

モバイル向けデュアルコアCPU「インテル® Core™2 Duo プロセッサー」搭載可能。省電力機能に優れ、他のデスクトップパソコンに比べ、大幅な消費電力カットを実現。また、K5290(17型モデル)は、低消費電力のエコパネルを採用。ランニングコストの削減が図れます。

通常消費電力比較