このページの本文へ移動

本ページで紹介している機種は2010年4月発表のもので、現在発売されていないものも含まれています。 また価格や仕様、制度につきましては発表当時のものです。

ESPRIMO 6つのこだわり ユーザビリティ

使いやすい設計やデザインにこだわり、操作性をさらに向上。

電源連動式サービスコンセントによる省エネルギー

標準装備 D5390 D550/A D530/A D5180 D530/AX

パソコン本体の電源をONにすると、同時にディスプレイの電源もONになる電源連動式サービスコンセントを採用。本体電源OFF時と本体省電力時(ACPI S3時)にディスプレイへの電源供給がストップ。ディスプレイの消し忘れを防ぎます。また、ディスプレイの電源を本体より供給できるため、ケーブル混線を防ぎます。

待機時の消費電力をゼロにするメインスイッチを装備

標準装備 D5390 D550/A D530/A K550/A D5180 D530/AX

帰社時や出張時など、パソコンを使用しない時は、メインスイッチをOFFにすることで、待機電力をゼロにすることが可能。コンセントからプラグを抜くことなく、手軽に節電が行えます。

注意:写真はDシリーズのメインスイッチです。

快適な操作性

標準装備 K550/A

DVDを前面に標準搭載。これによりCD/DVD媒体の抜き差しが簡単におこなえます。また、USBポートを前面に2つ装備可能(カスタムメイド対応)。周辺機器を手軽に接続することができ、より快適にお使いいただけます。

「ESPRIMOをより多くのお客様に使いやすく」をめざして、ユニバーサル・デザイン(注1)を推進

レーザー刻印キーボード

キーボードの印字にレーザー刻印を採用。長期間の利用でも文字がかすれにくいキーボードです。

見やすいキートップ(注2)

読みやすい書体で、より大きく表示。見やすさを高めています。

(注2)本体標準添付の日本語キーボード(109Aキー)、別売オプション商品のOADGキーボード(109Aキー)、OADGキーボード(109キー/USB)にて対応。

コネクターを色分け

わかりやすい絵文字(ピクトグラム)

スピーカーやキーボードとパソコン本体の接続をわかりやすくするために、コネクターを色分けしています。

コントラストが高く、見やすい絵文字(ピクトグラム)を採用しています。インターフェースの種別を分かりやすく工夫しています。

(注1)ユニバーサル・デザインとはできる限り多くの人々に利用可能なように、最初から意図して機器などをデザイン(計画・設計)すること。

抗菌縦置キーボード/マウス

標準装備 D5390[薬事][24時間/薬事] D550/A[薬事][24時間/薬事]
D530/A[薬事][24時間/薬事]  
カスタムメイド D5390[標準][国際エネルギースタープログラム]
D550/A[標準][国際エネルギースタープログラム]
D530/A[標準][国際エネルギースタープログラム]
K550/A

抗菌キーボードとマウスは、細菌の増殖を抑える銀系抗菌剤の働きにより、長期にわたって清潔さを保ちます。細菌が表面に付着すると抗菌剤から銀イオン(Ag+)がわずかに溶け出して細菌の細胞膜構造を変化させ、細菌増殖の機能を停止させます。さらに、キーボードは、縦置きスタンド付のためキーボードを使用しない時は縦に置くことで、机上に作業スペースを確保することができます。

※抗菌キーボード/マウスに関するご注意
抗菌の効果が及ぶのは大腸菌や黄色ブドウ球菌などの細菌であり、カビなどの菌類には基本的に効果はありません。
なお、抗菌の効果は、抗菌剤のごく近い範囲にいる細菌のみです。

「JIS Z2801:2000」に基づく抗菌加工製品

「JIS Z2801:2000(抗菌加工製品−抗菌性試験方法・抗菌効果)」の定義に基づいて、財団法人日本化学繊維検査協会にて厳しい試験を行い、抗菌効果の認証を取得しました。