このページの本文へ移動

本ページで紹介している機種は2012年10月発表のもので、現在発売されていないものも含まれています。 また価格や仕様、制度につきましては発表当時のものです。
法人向けパソコン 最新ラインナップ へ

リカバリデータとハードディスクの空き容量

各モデルのリカバリデータディスクとリカバリイメージについて

ESPRIMO(バリューシリーズ除く)は、プレインストールOSのリカバリデータディスクを本体に標準添付しておりません。
リカバリデータディスクが必要な場合は、本体購入時にカスタムメイドでリカバリデータディスクを購入いただくか、再セットアップ用のリカバリイメージをDVD-R媒体に書き出し、バックアップ媒体をご準備いただくことを推奨します。詳細は、下記の表をご覧ください。

モデル名 プレインストールOS リカバリイメージ、
ドライバーズディスク
リカバリデータディスク/
ドライバーズディスク(注2)
Windows 8 Pro
(64bit版)
プレインストールモデル
Windows 8 Pro
(64bit版)
Windows 8 Pro(64bit版)のリカバリイメージ、
ドライバーズディスク(注1)をHDD内に格納
標準添付なし/
カスタムメイドで添付可能
Windows® 7
Professional(64bit版)
SP1(Windows 8 Proダウングレード)
プレインストールモデル
Windows® 7
Professional(64bit版)
SP1適用済み
Windows® 7 Professional(64bit版)
SP1適用済みのリカバリイメージ、
ドライバーズディスク(注1)をHDD内に格納
Windows 8 Pro(64bit版)/
カスタムメイドで添付可能
Windows® 7
Professional(32bit版)
SP1(Windows 8 Proダウングレード)
プレインストールモデル
Windows® 7
Professional(32bit版)
SP1適用済み
Windows® 7 Professional(32bit版)
SP1適用済みのリカバリイメージ、
ドライバーズディスク(注1)をHDD内に格納
Windows 8 Pro(64bit版)/
カスタムメイドで添付可能
Windows® 7
Professional(32bit版)
正規版
SP1適用済み
プレインストールモデル
Windows® 7
Professional(32bit版)
SP1適用済み
Windows® 7 Professional(32bit版)
SP1適用済みのリカバリイメージ、
ドライバーズディスク(注1)をHDD内に格納
標準添付なし/
カスタムメイドで添付可能
注1: サポートOSのドライバーズディスクを格納しています。ドライバーズディスクをご使用する際は、DVD-R媒体に書き出してからご使用してください。
(注)B532/Fの場合、Windows 8 Pro(32bit/64bit版)、Windows® 7 Professional(32bit/64bit版)用のドライバーズディスクをHDD内に格納しています。ドライバーズディスクをご使用する際は、DVD-R媒体に書き出してからご使用してください。
注2: カスタムメイドで添付される媒体はDVD-ROMです。サポートOSのドライバーズディスクを格納しています。
(注)B532/Fの場合、内蔵光学ドライブは搭載できません。セットアップ用のリカバリイメージをDVD-R媒体に書き出す際は、外付けのスーパーマルチまたはモニターマウントキット(DVD-ROM/スーパーマルチ)をご利用ください。

ハードディスクの空き容量について(出荷時)

Windows 8 Proの場合

Windows RE領域+トラブル解決ナビ:約1.5GB、EFIシステムパーティション:約260MB、Microsoft予約パーティション:約128MB、リカバリ領域:約20GB使用。選択したHDD容量より約21.9GBを除いた容量の約50%ずつが、パーティション5(Cドライブ)/パーティション6(Dドライブ)となります。
なお、各パーティションのファイルシステムはいずれも、NTFSとなります。(トラブル解決ナビの区画のみは、FAT32になります)

Windows® 7 Professionalの場合

Windows RE領域+リカバリ領域:約20GB、システムパーティション:約0.2GB使用。選択したHDD容量より約20.2GBを除いた容量の約50%ずつが、パーティション3(Cドライブ)/パーティション4(Dドライブ)となります。
また、初回セットアップ時に「ハードディスク領域変更ツール」が表示され、CドライブとDドライブの容量を変更できます。
なお、各パーティションのファイルシステムはいずれも、NTFSとなります。

関連リンク