このページの本文へ移動

節電対応

低消費電力の実現

待機時にCPUの消費電力を低減させるなどの電源制御を行い、デスクトップPCでは業界最高水準となる約4Wの低消費電力を実現しています。3年前のPCと比較した場合、削減できる消費電力は最大約70%です。(注1)

(注1) 標準構成(カスタムメイドしていない構成)でOSを起動させた状態での本体の測定値です。

電源連動式サービスコンセントによる省エネルギー

標準装備
Dシリーズ

パソコン本体の電源をONにすると、同時にディスプレイの電源もONになる電源連動式サービスコンセントを採用。本体電源OFF時と本体省電力時にディスプレイへの電源供給がストップ。ディスプレイの消し忘れを防ぎます。また、ディスプレイの電源を本体より供給できるため、すっきりとした配線が可能です。

待機時の消費電力をゼロにするメインスイッチを装備

標準装備
Dシリーズ
K557/R

帰社時や出張時など、パソコンを使用しない時は、メインスイッチをOFFにすることで、待機電力をゼロにすることが可能。コンセントからプラグを抜くことなく、手軽に節電が行えます。

『PC-ディスプレイ電源連動機能』採用で快適なオフィスワークを実現

標準装備PC
Q556/R
Dシリーズ
標準対応ディスプレイ
VL-17ESS
VL-17ESSP
VL-17CST
VL-17ESSA

ディスプレイの電源をONにすると、同時にパソコン本体の電源もONになる電源連動機能を搭載。
これにより、パソコン本体を離れた場所に置いた時、机上のディスプレイの電源を入れるだけでパソコン本体の電源もONになるのでより楽な体勢で電源を入れることが可能です。また、机上をより広く使え、快適なオフィスワークを実現します。

関連リンク