このページの本文へ移動

ESPRIMO Q558/V 仕様

Windows 10 Pro means business.

赤字で記した箇所はカスタムメイドで変更が可能です。ただし、構成によってはカスタムメイドができない場合があります。カスタムメイドメニュー については、「カタログ(PDF)」をご参照ください。

国際エネルギースタープログラム対応 第8世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載

シリーズ名/品名/構成 Qシリーズ(ウルトラスモール型)
ESPRIMO Q558/V
国際エネルギースタープログラム対応 第8世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載
プリインストールOS Windows 10 Pro(注16)(注49)
選択可能OS Windows 10 Pro(注16)(注49)
CPU   インテル®
Core™ i7-8700T
プロセッサー
インテル®
Core™ i5-8500T
プロセッサー
インテル®
Core™ i3-8100T
プロセッサー
インテル®
Celeron®
G4900T
プロセッサー
クロック周波数 2.40GHz 2.10GHz 3.10GHz 2.90GHz
インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー対応最大周波数 4.00GHz 3.50GHz
コア数/スレッド数 6/12 6/6 4/4 2/2
ハイパー・スレッディング・テクノロジ
キャッシュメモリ(CPU内蔵) 2次/3次 -(注21) / 12MB -(注21) / 9MB -(注21) / 6MB -(注21) / 2MB
チップセット インテル®H310
システムバス/メモリバス 5GT/s(DMI)(注28) / 2666MHz 5GT/s(DMI)(注28) / 2400MHz
メインメモリ(注56) 標準/最大 32bitOS
64bitOS 標準4GB / カスタムメイド8GB / 最大16GB
拡張メモリスロット
[空き]
2[1](注1)
表示機能 グラフィックスアクセラレータ 標準構成/RAID構成時 Intel® UHD Graphics 630(CPUに内蔵) Intel® UHD
Graphics 610
(CPUに内蔵)
カスタムメイド構成時
ビデオメモリ メインメモリと共有(注41)
解像度(注2)(注44)/
発色数
DVI-D 最大1920×1200ドット / 1677万色、
DisplayPort 最大3840×2160ドット / 1677万色
標準搭載LCD(解像度、発色数)
ストレージ(注4) (国際エネルギースタープログラム対応)500GB(5400rpm、Serial ATA/600) /
128GBフラッシュメモリディスク(SSD)、256GBフラッシュメモリディスク(SSD)、256GBフラッシュメモリディスク(SSD/NVMe)
光学ドライブ(SATA)
(注:別表参照
なし / DVD-ROM(薄型)、スーパーマルチ(薄型)
オーディオ機能 チップセット内蔵+High Definition Audioコーデック(最大192kHz / 24ビット(注23))
ステレオPCM同時録音再生機能、MIDI再生機能[OS標準]
スピーカー なし
通信 LAN(注5) 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠、Wakeup on LAN対応(注30)
無線LAN(注24) なし / IEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠、Bluetooth(注32)
インテル® vPro™ テクノロジー/AMT
セキュリティチップ なし(注53)/ TCG Ver2.0準拠
インター
フェース
ディスプレイ(注31) DVI-D(注29)(シングルリンク、24ピン)×1、DisplayPort(音声出力対応)×1(注43)
シリアル(注6) なし / RS-232C D-SUB9ピン×1(16550A互換)
パラレル なし
キーボード/マウス USB準拠×1(キーボード用×1) / PS/2準拠 ミニ-DIN6ピン×1(キーボード用×1)、USB準拠×1(マウス用×1)
USB2.0、3.0(注8) USB2.0準拠 4ピン×4(リア×4)、USB3.0準拠 9ピン×4(フロント×2,リア×2)(マウスとキーボードで2ポート使用)
USB3.1
LAN RJ45×1
オーディオ マイク端子(フロント×1)、ヘッドホン端子(フロント×1)、ラインアウト端子(リア×1)(注40)
拡張スロット[空き](注9)/PCIスロットサイズ/長さ×幅(注34) なし
ベイ 5"ベイ[空き] 1[1]/ (カスタムメイドで光学ドライブ選択時)1[0]
HDD/フラッシュディスクベイ[空き] 1[0]
キーボード(注11) USB 日本語キーボード(109Aキー)添付 / 抗菌キーボード(注57) / PS/2日本語キーボード(109Aキー)(注57)
マウス USB光学式マウス標準添付 / USBレーザーマウス
電源 電源/周波数 AC100V(注25)±10%、50/60Hz+2%-4%(注36)
入力コンセント 平行2Pプラグ(注25)
通常消費電力(注12) Windows 10 Pro
(64bit)
約9W 約9W 約9W 約9W
最大構成での消費電力(注13) 約69W
定格電流/最大消費電力(注14)(本体のみ) 1.5A / 約150W
電波障害対策 VCCI Class B
省エネ法に基づくエネルギー消費効率
(2011年度基準)(注17)
(注42) (注42) (注42) U区分
0.025(AAA)
省エネ法
外形寸法(W×D×H)(注39) 55×191×186mm(縦置時)、
86×191×193mm(縦置用フット装着時)、横置可(注39)
質量(注9) 約2.1kg
温湿度条件 温度10~35℃/湿度20~80%RH(動作時)、温度-10~60℃/湿度20~80%RH(非動作時)(ただし、動作時、非動作時とも結露しないこと)
サポートOS(注20)(注52) セキュリティチップなし Windows 10 Enterprise(注16)(注49)、Windows 10 Pro(注16)(注49)
TCG Ver2.0準拠 Windows 10 Enterprise(注16)(注49)、Windows 10 Pro(注16)(注49)
  • 次へ

国際エネルギースタープログラム対応、24時間モデル(24時間) 第8世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載

シリーズ名/品名/構成 Qシリーズ(ウルトラスモール型)
ESPRIMO Q558/V
国際エネルギースタープログラム対応 第8世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載
プリインストールOS Windows 10 Pro(注16)
選択可能OS Windows 10 Pro(注16)(注49)
CPU   インテル®
Core™ i7-8700T
プロセッサー
インテル®
Core™ i5-8500T
プロセッサー
インテル®
Core™ i3-8100T
プロセッサー
インテル®
Celeron®
G4900T
プロセッサー
クロック周波数 2.40GHz 2.10GHz 3.10GHz 2.90GHz
インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー対応最大周波数 4.00GHz 3.50GHz
コア数/スレッド数 6/12 6/6 4/4 2/2
ハイパー・スレッディング・テクノロジ
キャッシュメモリ(CPU内蔵) 2次/3次 -(注21) / 12MB -(注21) / 9MB -(注21) / 6MB -(注21) / 2MB
チップセット インテル®H310
システムバス/メモリバス 5GT/s(DMI)(注28) / 2666MHz 5GT/s(DMI)(注28) / 2400MHz
メインメモリ(注56) 標準/最大 32bitOS
64bitOS 標準4GB / カスタムメイド8GB / 最大16GB
拡張メモリスロット
[空き]
2[1](注1)
表示機能 グラフィックスアクセラレータ 標準構成/RAID構成時 Intel® UHD Graphics 630(CPUに内蔵) Intel® UHD
Graphics 610
(CPUに内蔵)
カスタムメイド構成時
ビデオメモリ メインメモリと共有(注41)
解像度(注2)(注44)/
発色数
DVI-D 最大1920×1200ドット / 1677万色、
DisplayPort 最大3840×2160ドット / 1677万色
標準搭載LCD(解像度、発色数)
ストレージ(注4) (国際エネルギースタープログラム対応、24時間モデル)256GBフラッシュメモリディスク(SSD)
光学ドライブ(SATA)
(注:別表参照
なし / DVD-ROM(薄型)、スーパーマルチ(薄型)
オーディオ機能 チップセット内蔵+High Definition Audioコーデック(最大192kHz / 24ビット(注23))
ステレオPCM同時録音再生機能、MIDI再生機能[OS標準]
スピーカー なし
通信 LAN(注5) 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠、Wakeup on LAN対応(注30)
無線LAN(注24) なし / IEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠、Bluetooth(注32)
インテル® vPro™ テクノロジー/AMT
セキュリティチップ なし(注53)/ TCG Ver2.0準拠
インター
フェース
ディスプレイ(注31) DVI-D(注29)(シングルリンク、24ピン)×1、DisplayPort(音声出力対応)×1(注43)
シリアル(注6) なし / RS-232C D-SUB9ピン×1(16550A互換)
パラレル なし
キーボード/マウス USB準拠×1(キーボード用×1) / PS/2準拠 ミニ-DIN6ピン×1(キーボード用×1)、USB準拠×1(マウス用×1)
USB2.0、3.0(注8) USB2.0準拠 4ピン×4(リア×4)、USB3.0準拠 9ピン×4(フロント×2,リア×2)(マウスとキーボードで2ポート使用)
USB3.1
LAN RJ45×1
オーディオ マイク端子(フロント×1)、ヘッドホン端子(フロント×1)、ラインアウト端子(リア×1)(注40)
拡張スロット[空き]/PCIスロットサイズ/長さ×幅 なし
ベイ(注9) 5"ベイ[空き](注10) 1[1]/ (カスタムメイドで光学ドライブ選択時)1[0]
HDD/フラッシュディスクベイ[空き] 1[0]
キーボード(注11) USB 日本語キーボード(109Aキー)添付 / 抗菌キーボード(注57) / PS/2日本語キーボード(109Aキー)(注57)
マウス USB光学式マウス標準添付 / USBレーザーマウス
電源 電源/周波数 AC100V(注25)±10%、50/60Hz+2%-4%(注36)
入力コンセント 平行2Pプラグ(注25)
通常消費電力(注12) Windows 10 Pro
(64bit)
約7W 約7W 約7W 約7W
最大構成での消費電力(注13) 約67W
定格電流/最大消費電力(注14)(本体のみ) 1.5A / 約150W
電波障害対策 VCCI Class B
省エネ法に基づくエネルギー消費効率
(2011年度基準)(注17)
(注42) (注42) (注42) U区分
0.023(AAA)
省エネ法
外形寸法(W×D×H)(注39) 55×191×186mm(縦置時)、
86×191×193mm(縦置用フット装着時)、横置可(注39)
質量(注9) 約2.1kg
温湿度条件 温度10~35℃/湿度20~80%RH(動作時)、温度-10~60℃/湿度20~80%RH(非動作時)(ただし、動作時、非動作時とも結露しないこと)
サポートOS(注20)(注52) セキュリティチップなし Windows 10 Enterprise(注16)(注49)、Windows 10 Pro(注16)(注49)
TCG Ver2.0準拠 Windows 10 Enterprise(注16)(注49)、Windows 10 Pro(注16)(注49)
  • 前へ

光学ドライブ仕様一覧

品名 薄型 厚型
DVD-ROMドライブ 読出速度 CD-ROM:読出最大24倍速、
CD-R:読出最大24倍速、
CD-RW:読出最大24倍速、
DVD-ROM:読出最大8倍速、
DVD-RAM:読出最大5倍速、
DVD-R:読出最大8倍速、
DVD-R DL:読出最大4倍速、
DVD-RW:読出最大8倍速、
DVD+R:読出最大8倍速、
DVD+R DL:読出最大4倍速、
DVD+RW:読出最大8倍速
CD-ROM:読出最大40倍速、
CD-R:読出最大40倍速、
CD-RW:読出最大40倍速、
DVD-ROM:読出最大16倍速、
DVD-RAM:読出最大5倍速、
DVD-R:読出最大8倍速、
DVD-R DL:読出最大8倍速、
DVD-RW:読出最大8倍速、
DVD+R:読出最大8倍速、
DVD+R DL:読出最大8倍速、
DVD+RW:読出最大8倍速
書込速度
スーパーマルチドライブ 読出速度 CD-ROM:読出最大24倍速、
CD-R:読出最大24倍速、
CD-RW:読出最大24倍速、
DVD-ROM:読出最大8倍速、
DVD-RAM:読出最大5倍速、
DVD-R:読出最大8倍速、
DVD-R DL:読出最大6倍速、
DVD-RW:読出最大8倍速、
DVD+R:読出最大8倍速、
DVD+R DL:読出最大6倍速、
DVD+RW:読出最大8倍速
CD-ROM:読出最大40倍速、
CD-R:読出最大40倍速、
CD-RW:読出最大40倍速、
DVD-ROM:読出最大16倍速、
DVD-RAM:読出最大5倍速、
DVD-R:読出最大10倍速、
DVD-R DL:読出最大8倍速、
DVD-RW:読出最大8倍速、
DVD+R:読出最大10倍速、
DVD+R DL:読出最大8倍速、
DVD+RW:読出最大8倍速
書込速度 CD-R:書込最大24倍速、
CD-RW:書換最大10倍速、
DVD-RAM(注1):書換最大5倍速、
DVD-R:書込最大8倍速、
DVD-R DL:書込最大4倍速、
DVD-RW:書換最大6倍速、
DVD+R:書込最大8倍速、
DVD+R DL:書込最大4倍速、
DVD+RW:書換最大8倍速、
バッファアンダーランエラー防止機能
CD-R:書込最大40倍速、
CD-RW:書換最大10倍速、
DVD-RAM(注1):書換最大5倍速、
DVD-R:書込最大16倍速、
DVD-R DL:書込最大8倍速、
DVD-RW:書換最大6倍速、
DVD+R:書込最大16倍速、
DVD+R DL:書込最大8倍速、
DVD+RW:書換最大8倍速、
バッファアンダーランエラー防止機能
Blu-rayドライブ 読出速度 CD-ROM:読出最大24 倍速、
CD-R:読出最大24倍速、
CD-RW:読出最大24倍速、
DVD-ROM:読出最大8倍速、
DVD-RAM:読出最大5倍速、
DVD-R:読出最大8倍速、
DVD-R DL(2層):読出最大8倍速、
DVD-RW:読出最大8倍速、
DVD+R:読出最大8倍速、
DVD+R DL(2層):読出最大8倍速、
DVD+RW:読出最大8倍速、
BD-ROM:読出最大6倍速、
BD-R:読出最大6倍速、
BD-R DL(2層):読出最大6倍速、
BD-R XL(3層):読出最大4倍速、
BD-RE:読出最大5倍速、
BD-RE DL(2層):読出最大5倍速、
BD-RE XL(3層):読出最大2倍速
書込速度 CD-R:書込最大24倍速、
CD-RW:書込最大10倍速、
DVD-RAM:書込最大5倍速、
DVD-R:書込最大8倍速、
DVD-R DL(2層):書込最大6倍速、
DVD-RW:書込最大6倍速、
DVD+R:書込最大8倍速、
DVD+R DL(2層):書込最大6倍速、
DVD+RW:書込最大8倍速、
BD-R:書込最大6倍速、
BD-R DL(2層):書込最大6倍速、
BD-R XL(3層):書込最大4倍速、
BD-RE:書込最大2倍速、
BD-RE DL(2層):書込最大2倍速、
BD-RE XL(3層):書込最大2倍速、
バッファアンダーランエラー防止機能

[ご注意]

  • 接続可能なドライブについては「カスタムメイド型名・価格一覧表」をご覧ください。
  • DVDソフトによっては再生できない場合があります。また、ディスクによってはご利用になれない場合もあります。読み出し、書き込み速度はメディアや動作環境によって異なる場合があります。DVD-RAMはカートリッジから取り出した状態あるいはカートリッジなしでご使用ください。
  • 書き込み/書き換え速度は、ドライブの性能値です。書き込み/書き換え速度に対応したメディアが必要になりますが、対応メディアは販売されていない場合があります。
  • Ultra Speed CD-RWディスクはご使用になれません。
  • DVD-R DLは、DVD-R for DL Ver.3.0に準拠したディスクの書き込みに対応しています。ただし、追記には未対応です。追記モードで記録されたDVD-R DLの読み出しは保証しません。
注1: Windows 10、Windows 8.1はUDF形式(UDF1.02、UDF1.50、UDF2.00、UDF2.01、UDF2.50)でのフォーマットと読み書きが可能です。FAT32形式は、読み書きのみ可能です。Windows 7は、FAT32形式とUDF形式(UDF1.02、UDF1.50、UDF2.00、UDF2.01、UDF2.50)の形式でのフォーマットと読み書きが可能です。

ESPRIMO Q558/V、D958/T、K557/R無線LAN/Bluetooth®機能のご利用にあたって

本サイトに記載の製品の使用周波数はIEEE802.11a/n/acの場合5GHz帯、IEEE802.11b/g/nの場合2.4GHz帯です。5GHzの周波数帯を5.2/5.3GHz帯でご使用になる場合、屋内のみでご使用できます。また2.4GHzの周波数帯では、電子レンジ等の産業、科学、医療用機器の他、他の無線LANシステム、工場の製造ライン等で使用される免許を要する移動体構内無線局、アマチュア無線局、免許を要しない特定小電力無線局など(以下、「他の無線局」と略す)が運用されています。

  1. この機器の使用前に、近くに医療機器や工場がないことを確認してください。
  2. 万一、この機器と「他の無線局」との間に電波干渉が生じた場合には、速やかにこの機器が接続されている無線LANアクセスポイント等の使用チャンネルを変更するか、使用場所を変えるか、または機器の使用を停止してください。
  3. 植込み型医療機器からは15cm以上離してご使用ください。
  4. 本製品は日本国内専用です。海外での使用の場合、当該国の電波関連法令に抵触する可能性があります。
  5. 2.4GHz帯の場合は1~13チャンネル(ただしIEEE802.11nの40MHz帯域幅システム(HT40)の場合は2つのチャンネルを組み合わせて1つのチャンネルとして使用します)、5GHz帯の場合はW52,W53,W56の19チャンネル(ただしIEEE802.11nの40MHz帯域幅システム(HT40)、IEEE802.11acの40MHz帯域幅システム(VHT40)の場合は2つのチャンネルを組み合わせて1つのチャンネルとして使用、IEEE802.11acの80MHz帯域幅システム(VHT80)の場合は4つのチャンネルを組み合わせて1つのチャンネルとして使用します)から通信チャンネルは選択できますが、使用されるチャンネルはこの機器が接続されている無線LANアクセスポイント等の設定により決定されます。
  6. 同じチャンネルを利用できる無線LAN製品とのみ通信が可能です。
  7. 複数の無線LANアクセスポイントが設置されている環境においては、各々の電波干渉の影響を考慮したチャンネル設定を実施してください。たとえば、IEEE 802.11gの場合には5チャンネル以上離すことを推奨します。
  8. IEEE802.11bはチャンネル14をサポートしていません。
  9. Windows 10 / Windows 8.1の場合、Cisco LEAP、PEAC/GTC、EAP-FASTには対応しておりません。
  10. Windows 10 / Windows 8.1の場合、アドホック通信は対応していません。
  11. 記載の無線LANの2.4GHz帯を使用している無線設備は全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回避可能です。変調方式としてはDS-SS方式およびOFDM方式を採用しており、与干渉距離は40mです。
  12. Bluetooth®対応製品は2.4GHz帯を使用する無線設備で、全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域が回避不可です。変調方式としてはFH-SS方式を採用しており、与干渉距離は80mです。
  13. 無線LANでの通信とBluetooth®機能での通信を同時に利用できない場合があります。

関連リンク