このページの本文へ移動

本ページで紹介している機種は2011年1月、2月発表のもので、現在発売されていないものも含まれています。 また価格や仕様、制度につきましては発表当時のものです。

法人向けパソコン 最新ラインナップ へ

  • 赤字」で記した箇所はカスタムメイドで変更が可能です。
  • 本仕様一覧では選択できるすべての構成を記載しております。
  • 選択する構成によって希望小売価格が変わります。
シリーズ名/品名 Pシリーズ
LIFEBOOK P770/B 64bit対応モデルあり
OS
(いずれか1つを選択)
Windows® 7 Professional(32bit) 正規版(注17)
Windows® 7 Professional(64bit) 正規版(注54)
Windows Vista® Business with SP2(32bit) 正規版(注17)(注40)
CPU   インテル® Core™ i5-560UM プロセッサー
(HTテクノロジー対応)
インテル® Core™ i3-380UM プロセッサー
(HTテクノロジー対応)
インテル® Celeron® プロセッサー U3400
動作周波数 1.33GHz
(インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー対応:最大2.13GHz)
1.33GHz 1.06GHz
コア数/スレッド数 2 / 4 2 / 4 2 / 2
キャッシュ
メモリ
2次 256KB×2
3次 3MB 2MB
チップセット モバイルインテル® QS57 Express
システムバスクロック/システムバス 2.5GT/s DMI(注44)
メインメモリ 標準/最大 32bit 標準1GB/最大6GB(注16)(注42)
(DDR3 SDRAM/PC3-6400)(注18)
64bit 標準2GB/最大8GB(注51)(注55)
(DDR3 SDRAM/PC3-6400)(注18)
メモリスロット
(空き)(注1)
2(1)
表示機能 グラフィックス
アクセラレータ
CPU内蔵
ビデオメモリ Windows® 7(32bit)の場合:最大249MB、
Windows® 7(64bit)の場合:最大761MB、
Windows Vista®の場合:最大217MB
(いずれもメインメモリと共用)(注43)
内蔵ディスプレイ(解像度、表示色数)(注2) LEDバックライト付TFTカラーLCD
(WXGA(1280×800ドット)、1677万色(注19))
パネルサイズ 12.1型ワイド
ドットピッチ 0.204mm
入力方式
外部ディスプレイ表示 外部ディスプレイのみ 最大1920×1200ドット(最大1677万色)
同時表示
(注3)
1280×800ドット
(LCD:1677万色(注19)/外部ディスプレイ:最大1677万色)
ハードディスクドライブ 標準160GB/250GB/320GB/暗号化機能付160GB(5400rpm、シリアルATA、固定式)
/暗号化機能付フラッシュメモリディスク128GB(注21)
光学ドライブ
(注:別表参照
なし/スーパーマルチドライブ
マルチベイ スロット数
内蔵可能なユニット
オーディオ機能 チップセット内蔵+High Definition Audioコーデック
(最大192kHz/24ビット(注22)ステレオPCM同時録音再生機能、MIDI再生機能[OS標準])、
ステレオスピーカー内蔵
キーボード 日本語キーボード(キーピッチ約18mm/
キーストローク約2mm、86キー、JIS配列準拠)
ポインティングデバイス フラットポイント
通信 LAN(注4) 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠、
Wakeup On LAN対応(注24)
モデム(注5) なし/FAXモデム(データ:最大56kbps(V.92規格準拠)、FAX:最大14.4kbps)(注28)
無線WAN(注46)
無線LAN(注37) なし/IEEE 802.11n準拠、IEEE 802.11a準拠、
IEEE 802.11b準拠、IEEE 802.11g準拠、
(5GHz帯チャンネル:W52/W53/W56)、Wi-Fi®準拠
Bluetooth®(注7)
セキュリティ(注6) FeliCaポート なし/内蔵型FeliCaポート(パームレスト部)(注53)
セキュリティチップ(TPM) TCG Ver1.2準拠(注53)
セキュリティボタン 数字ボタン×4+エンターボタン×1(注25)
指紋センサー なし/内蔵型指紋センサー
(内蔵ポインティングデバイス部、スライド方式)(注53)
スマートカード なし/スマートカードリーダー/ライター
(スマートカード(ISO/IEC7816準拠)1枚付属)(注41)(注53)
CLEARSURE
ExpressCard 1スロット(ExpressCard/34モジュール、
ExpressCard/54モジュール対応(注:同時使用は不可))
(注45)
PCカード PC Card Standard準拠(Type I/II×1スロット)、CardBus対応(注29)
ダイレクト・メモリースロット SDメモリーカード×1スロット(注39)
インター
フェース
外部ディスプレイ アナログRGB ミニD-Sub15ピン×1
シリアル(注8)
パラレル(注9)
キーボード/
マウス
LAN RJ-45×1
モデム なし/RJ-11×1(注28)
ヘッドホン・ラインアウト端子 φ3.5mmステレオ・ミニジャック
(ヘッドホン・ラインアウト兼用端子)(注26)
マイクイン・ラインイン端子 φ3.5mmステレオ・ミニジャック
(マイクイン・ラインイン兼用端子)(注27)
USB(注10) USB2.0準拠×3(右側面×1、左側面×2)(注28)
IEEE1394
ポートリプリケータ [ポートリプリケータ(カスタムメイド)]
・外部ディスプレイ(アナログRGB ミニD-Sub 15ピン)
・DVI端子・USB2.0準拠×4(注10)
・LAN(RJ-45) ・DC-IN ・eSATA端子(注52)
電源供給方式 ACアダプター(入力波形は正弦波のみをサポート)
または、リチウムイオンバッテリー
バッテリー リチウムイオン 10.8V 2900mAh(標準バッテリー)、
10.8V 5800mAh(大容量バッテリー)
バッテリー
駆動時間
(注12)
(JEITA1.0
(注11))
標準バッテリー Windows 7 32bit 約5.0時間
64bit 約4.9時間
Windows Vista 約5.0時間
大容量バッテリー Windows 7 32bit 約10.4時間
64bit 約10.3時間
Windows Vista 約10.3時間
標準バッテリー+
増設バッテリー
Windows 7 32bit
64bit
Windows Vista
バッテリー充電時間(注13) 約4.5時間
消費電力(注49)
(最大時)
Windows 7 32bit 約9W(約68W)
64bit 約9W(約68W)
Windows Vista 約9W(約68W)
電波障害対策 VCCI Class B
省エネ法に基づく
エネルギー消費効率(注15)
(2011年度基準)
N区分0.26(A)
省エネ法
N区分0.33(A)
省エネ法
外形寸法(W×D×H)
(注:突起部含まず)
282×215×29.9mm
質量(注35) 約1.13kg(スーパーマルチ非搭載時)、
約1.24kg(スーパーマルチ搭載時)(注31)(注33)
状態表示 LED
温湿度条件 温度5~35℃/湿度20~80%RH(動作時)、
温度-10~60℃/湿度20~80%RH(非動作時)、
ただし、結露しないこと
サポートOS Windows® 7 Enterprise(32bit) 正規版(注17)(注34)
Windows® 7 Enterprise(64bit) 正規版(注34)(注54)
Windows® 7 Professional(32bit) 正規版(注17)(注34)
Windows® 7 Professional(64bit) 正規版(注34)(注54)
Windows Vista® Business with SP2(32bit) 正規版(注17)(注34)
Windows® XP Professional 正規版(SP3)(注17)(注34)

光学ドライブ仕様一覧

  読込速度 書込速度
スーパーマルチドライブ
(DVD±R DL(二層)書込対応)
CD:読出最大24倍速、
CD-R:読出最大24倍速、
CD-RW:読出最大24倍速、
DVD-ROM:読出最大8倍速、
DVD-R:読出最大8倍速、
DVD-R DL(2層):読出最大6倍速、
DVD-RW:読出最大8倍速、
DVD+R:読出最大8倍速、
DVD+R DL(2層):読出最大6倍速、
DVD+RW:読出最大8倍速、
DVD-RAM(注):読出最大5倍速
CD-R:書込最大24倍速、
CD-RW:書換最大10倍速、
DVD-R:書込最大8倍速、
DVD-R DL(2層):書込最大4倍速、
DVD-RW:書換最大6倍速、
DVD+R:書込最大8倍速、
DVD+R DL(2層):書込最大4倍速、
DVD+RW:書換最大8倍速、
DVD-RAM(注):書換最大5倍速、
書込時バッファアンダーラン
エラー防止機能付

(注)Windows® XP標準でサポートされるフォーマットはFAT32のみです。

ご注意:
DVDソフトによっては再生できない場合があります。また、ディスクによってはご利用になれない場合もあります。読出、書込速度はメディアや動作環境によって異なる場合があります。CPRM再生に対応しています。