このページの本文へ移動

本ページで紹介している機種は2014年2月発表のもので、現在発売されていないものも含まれています。 また価格や仕様、制度につきましては発表当時のものです。
法人向けパソコン 最新ラインナップ へ

リカバリデータとハードディスクの空き容量

各モデルのリカバリデータディスクとリカバリイメージについて

T904/H、E754/H、E744/H、E734/H、Q704/H、T734/H、U904/H、S904/H、A744/H、A574/H、A553/H、Q702/G(Windows 8.1 Pro (64bit)のみ)の場合

プリインストールOS その他適用可能搭載OS リカバリデータディスク  
カスタムメイドしない場合 カスタムメイドした場合
Windows 8.1 Pro (64bit) 標準添付なし/カスタムメイドで添付可(注3) Windows 8.1 Pro (64bit)のリカバリイメージをHDD内に格納
(注)リカバリデータは一回のみ書き出し可
リカバリデータの書き出し不可
Windows 8.1 (64bit) 標準添付なし/カスタムメイドで添付可(注3) Windows 8.1 (64bit)のリカバリイメージをHDD内に格納
(注)リカバリデータは一回のみ書き出し可
リカバリデータの書き出し不可
Windows 8.1 Pro (64bit)
(注1)
Windows® 7 Professional (64bit)SP1
(Windows 8.1 Pro ダウングレード)
Windows 8.1 Pro (64bit)標準添付/
カスタムメイドで追加変更可(注3)
Windows 7 Professional (64bit) SP1のリカバリイメージをHDD内に格納
(注)リカバリデータは一回のみ書き出し可
リカバリデータの書き出し不可
Windows 8.1 Pro (32bit)
(注2)
Windows® 7 Professional (32bit)SP1
(Windows 8.1 Pro ダウングレード)
Windows 8.1 Pro (64bit)標準添付/
カスタムメイドで追加変更可(注3)
Windows 7 Professional (32bit) SP1のリカバリイメージをHDD内に格納
(注)リカバリデータは一回のみ書き出し可
リカバリデータの書き出し不可
Windows® 7 Professional (32bit)SP1 標準添付なし/カスタムメイドで添付可(注1) Windows 7 Professional (32bit) SP1のリカバリイメージをHDD内に格納
(注)リカバリデータは一回のみ書き出し可
リカバリデータの書き出し不可

注意:サポートOSのドライバーズディスクをHDD内に格納しています。サポートOSにつきましては、「富士通製品情報ページ」をご覧ください。
(注1) Windows® 7 Professional (64bit)SP1にダウングレードして出荷します。
(注2) Windows® 7 Professional (32bit)SP1にダウングレードして出荷します。
(注3) カスタムメイドで添付可能なリカバリデータディスクにつきましては、各製品の「本体・カスタムメイド型名・価格一覧」をご覧ください。

Q584/Hの場合

プリインストールOS その他適用可能搭載OS リカバリデータディスク  
カスタムメイドしない場合 カスタムメイドした場合
Windows 8.1 Pro (32bit) 標準添付なし/カスタムメイドで添付可(注1) Windows 8.1 Pro (32bit)のリカバリイメージをHDD内に格納
(注)リカバリデータは一回のみ書き出し可
リカバリデータの書き出し不可
Windows 8.1 (32bit) 標準添付なし/カスタムメイドで添付可(注1) Windows 8.1 (32bit)のリカバリイメージをHDD内に格納
(注)リカバリデータは一回のみ書き出し可
リカバリデータの書き出し不可

注意:サポートOSのドライバーズディスクをHDD内に格納しています。サポートOSにつきましては、「富士通製品情報ページ」をご覧ください。
(注1) カスタムメイドで添付可能なリカバリデータディスクにつきましては、各製品の「本体・カスタムメイド型名・価格一覧」をご覧ください。

U772/G、P772/G、P702/F、S762/G、S752/F、E752/F、Q702/G(Windows 8.1 Pro (64bit)を除く)の場合

プリインストールOS その他適用可能搭載OS リカバリイメージ、ドライバーズディスク リカバリデータディスク/ドライバーズディスク(注4)
Windows 8 Pro (64bit) Windows 8 Pro (64bit)のリカバリイメージ、ドライバーズディスク(注3)をHDD内に格納 標準添付なし/カスタムメイドで添付可能
Windows 8 Pro (32bit) Windows 8 Pro (32bit)のリカバリイメージ、ドライバーズディスク(注3)をHDD内に格納 標準添付なし/カスタムメイドで添付可能
Windows 8 Pro (64bit)
(注1)
Windows® 7 Professional(64bit)SP1
(Windows 8.1 Pro ダウングレード)
Windows® 7 Professional(64bit)SP1適用済みのリカバリイメージ、
ドライバーズディスク(注3)をHDD内に格納
Windows 8 Pro (64bit)/カスタムメイドで添付可能
Windows 8 Pro (32bit)
(注2)
Windows® 7 Professional(32bit)SP1
(Windows 8.1 Pro ダウングレード)
Windows® 7 Professional(32bit)SP1適用済みのリカバリイメージ、
ドライバーズディスク(注3)をHDD内に格納
Windows 8 Pro (64bit)/カスタムメイドで添付可能
Windows® 7 Professional(32bit)SP1 Windows® 7 Professional(32bit)SP1適用済みのリカバリイメージ、ドライバーズディスク(注3)をHDD内に格納 標準添付なし/カスタムメイドで添付可能
注意: LIFEBOOK(バリューシリーズ)のWindows® 7 Professional(32bit) プレインストールモデルでは、Windows® 7 Professional(32/64bit)用のリカバリデータディスクとドライバーズディスクが標準添付されます。
(注1) Windows® 7 Professional (64bit)SP1にダウングレードして出荷します。
(注2) Windows® 7 Professional (32bit)SP1にダウングレードして出荷します。
(注3) サポートOSのドライバーズディスクをHDD内に格納しています。ドライバーズディスクをご使用する際は、DVD-R媒体に書き出してからご使用してください。
(注4) カスタムメイドで添付される媒体はDVD-ROMです。Windows 8 Pro (64bit版)/Windows 8 Pro (32bit版)/Windows® 7 Professional(32bit版)/Windows® 7 Professional(64bit版)用(注)のドライバーを格納したディスクおよびWinDVD(カスタムメイドで光学ドライブ選択時)を格納したディスクとなります。

LIFEBOOK / STYLISTIC / ARROWS Tabシリーズのハードディスク空き容量について

Windows 8.1 Pro の場合

Windows RE領域+トラブル解決ナビ:約1.5GB、EFIシステムパーティション:約260MB、Microsoft予約パーティション:約128MB、リカバリ領域:約20GB使用。選択したHDD容量より約21.9GBを除いた容量がパーティション5(Cドライブ)となります。なお、各パーティションのファイルシステムはいずれも、NTFSとなります。(トラブル解決ナビの区画のみは、FAT32になります)

Windows 8 Pro の場合

Windows RE領域+トラブル解決ナビ:約1.5GB、EFIシステムパーティション:約260MB、Microsoft予約パーティション:約128MB、リカバリ領域:約20GB使用。選択したHDD容量より約21.9GBを除いた容量の約50%ずつが、パーティション5(Cドライブ)/パーティション6(Dドライブ)となります。なお、各パーティションのファイルシステムはいずれも、NTFSとなります。(トラブル解決ナビの区画のみは、FAT32になります)

(注)128GBのフラッシュメモリディスクの場合、Cドライブが80GB、Dドライブが残りになります。

Windows® 7 Professional の場合

Windows RE領域+リカバリ領域:約20GB、システムパーティション:約0.2GB使用。選択したHDD容量より約20.2GBを除いた容量の約50%ずつが、パーティション3(Cドライブ)/パーティション4(Dドライブ)となります。また、初回セットアップ時に「ハードディスク領域変更ツール」が表示され、CドライブとDドライブの容量を変更できます。なお、各パーティションのファイルシステムはいずれも、NTFSとなります。

(注)128GBのフラッシュメモリディスクの場合、Cドライブが80GB、Dドライブが残りになります。

関連リンク