このページの本文へ移動

ユーザビリティ

使いやすい、見やすい。操作性を徹底的に追求した、富士通独自の製品設計。
企業向けノートパソコンへの長年の取り組みにより、扱いやすさへの様々なノウハウを蓄積。製品設計に活用しています。

操作が快適なキーレイアウト

使用頻度の高いキーを大きくし、端や角に配置することで使いやすさを向上させています。
注意:A747/R、A747/P、A577/R、A577/P、A746/R、A746/P、A576/R、A576/Pではテンキー付キーボードを搭載することも可能です。U757/P、E756/P、E557/R、E556/P、A577/RX、A576/RXは標準テンキー付キーボードです。

操作が快適なキーレイアウト

ジェスチャー機能対応フラットポイント

フラットポイントの設定を変更することにより、スクロールや拡大縮小といったジェスチャー機能を使用することができます。
注意:ジェスチャー機能をご使用になるにはマウスのプロパティでの設定が必要です。(出荷時は無効になっています。)

スクロール機能 (注1)

フラットポイントの操作面でマウスポインタをスクロールさせた後、フラットポイントの操作面から指を離さずに円状になぞると、スクロールの動作が続きます。

スクロール機能

拡大・縮小機能 (注1)

フラットポイントの操作面を、2本の指でつまんだり開いたりする操作をすると、画像やウィンドウ内の画面が拡大や縮小表示されます。

拡大・縮小機能

(注1)使用するソフトウェアによって動作が異なったり、使用できないことがあります。

モバイル・マルチベイ構造 (注1)

利用目的に合せてユニットを交換可能。

モバイル・マルチベイを使用して最大4役を担うことが可能です。(注2)
ビジネスシーンに合せて着脱させることで、その時々に最適な機能を持ち運べます。
(注1)Eシリーズ、Sシリーズのみ。
(注2)機種により搭載可能なユニット数は異なります。

(注)写真の機種はE756/Pです。

ポートリプリケータ (注1)

複数の周辺機器やケーブルをワンタッチで着脱。快適なモバイルが可能に。


ポートリプリケータ(Eシリーズ)

インターフェースを拡張することが可能です。ポートリプリケータに外部ディスプレイやLANケーブルなどを接続しておくことで、パソコンと接続した際に、これらのインターフェースを使用できます。また、ワンタッチで本体のみを外して持ち運べるため、ビジネスのフットワークが軽くなります。
(注1)Eシリーズ、U757/R、U757/P、U747/R、U747/P、U727/R、U727/P、Sシリーズのみ

関連リンク