このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. 法人向けPC・タブレット・スマートフォン >
  4. 開発ストーリー >
  5. FMV-LIFEBOOKこだわり開発物語 第1回 商品コンセプト編
FMV LIFEBOOK 14.1型大画面モバイル・ノート「MGH series」こだわり開発物語


「MGH series」開発スタッフの面々


高い処理能力はもちろん、使いやすさや高度な信頼性も求められる企業向けノートブック・パソコンの市場で「3年連続出荷台数No.1(2001~2003年)」(IDC Japan調べ)の実績を持つ富士通。その同社が世界規模で展開する戦略商品として新たに投入したのが新世代スリム・モバイルノート、「MGH series」だ。14.1型の大画面を採用しながら、モバイル利用に適した1.75kg/25.4mmという軽量・薄型ボディを実現した革新的モバイルノートは、いかにして生み出されていったのだろうか。



第1回 やっぱり薄型大画面−商品コンセプト編 第2回 “こだわり”を形にする−設計編 第3回 “使いやすさ”を形にする−デザイン編 第4回 こだわり続けるMade in Japan−製造編

第1回 やっぱり薄型大画面−商品コンセプト編

「やっぱり薄型大画面」−−テレビの話ではない。富士通のノートパソコン開発陣が、今から1年ほど前に、迷いに迷った末に決断した次の新戦略商品モバイルノート「MGH series」の基本コンセプトの一つだ。

激烈な戦いが繰り広げられているノートパソコン市場。モバイルノートといえば12インチ画面が当たり前だった時代に、富士通は、12インチと同等の携帯性を実現した13.3インチ画面搭載のモバイルノートを他に先駆けて市場投入、13.3型軽量モバイルノートの市場を創出してきた。

ところが一昨年頃から競合他社が、より大きな14.1インチ画面を採用した薄型ノートを出し始めた。それらの製品の重量は、まだ2kgを超えていてモバイルノートとはいい難いレベルだったが、「新たなモバイルノートPC市場の夜明けを予感させました」(富士通のパーソナルビジネス本部モバイルPC事業部第二技術部課長三浦 隆文)。富士通の13.3型モバイルノートの技術を投入したら新しいモバイルの市場がつくれるのではないか。ノートパソコン・グループ全員に、新たな挑戦の課題が見え始めた時だった。


14.1型モバイルノートも、もっと軽い13.3型も


パーソナルビジネス本部 モバイルPC事業部 第二技術部 課長 三浦 隆文

「では具体的にどうするか」。まずは13.3型モバイルで培った技術・ノウハウをベースに新たに14.1型大画面を搭載したモバイルノートを開発することだった。しかし、これまでの13.3型のモバイルノートも進化させたい。具体的にはさらに軽くしたい。もちろん両方同時に実現できればそれに越したことはないが、同時両面作戦を展開するには、それなりの覚悟が必要。開発スタッフは大いに悩んだ。

「富士通のモバイルノートは海外でも販売されているため、どちらを選択すべきかを海外拠点にも打診しました。返ってきた答えは、コンスタントに売れている13.3型製品の市場も大事にしたいし、14.1型の軽量・薄型モバイルノートの市場ニーズもありそうというものでした」(パーソナルビジネス本部モバイルPC事業部第二技術部の山田 徹)。

悩み抜いた末に出した結論が、やはり両方の開発。開発効率を上げるため、共用できる部品をできるだけ多くすることとした。現在の市場ニーズ、そして潜在市場ニーズの両方に応えるための選択であった。


「中途半端なものは作りたくなかった」

確かに、どちらかをベースにして設計の大部分を共用化し、2製品を開発するという方法は一つのアイディアだった。しかし、問題点も出てきた。「当初は我々も、それが実現可能と思われました。しかし現実は、薄型の14.1型ベースで部品設計をすると、13.3型のボディに収まりきらず、どこかが飛び出してしまいます。一方、13.3型ベースで開発すれば、ひとまわり大きな14.1型ボディへの収まりはいいのですが、我々が狙う薄く尖ったイメージを出すことはできません。あちらを立てればこちらが立たずといったジレンマとなりました」。

「中途半端なものは作りたくなかった」(三浦)ので、結局、2製品を別々に開発することとなった。13.3型並みの軽さで14.1型大画面のノートPC「MGH series」の開発がスタートした瞬間だ。コンセプトのキーワードは「Thin & Light」。しかし、その時点で、既に時間的な余裕はなくなっており、開発は文字通り時間との戦いとなった。


パーソナルビジネス本部 モバイルPC事業部 第二技術部 山田 徹


オフィス内で使えるファーストマシン


パーソナルビジネス本部パーソナルマーケティング統括部クライアントPC推進部 茅原正清

時間との戦いの中で、「MGH series」の商品コンセプトを固める作業は進んでいった。例えば利用シーンはどうか。実は、富士通の企業向けノートブック・パソコンである「FMV-LIFEBOOK」には、「A4 ノート」と「モバイルノート」という2つの製品系列がある。「MGH series」は、モバイルノート・ラインナップの最上位機種として位置づけられる製品だ。ただし、モバイルノートといっても「MGH series」は、移動中の電車の中や外出先で使用することを主眼に創られた製品ではない。製品企画に際しての利用イメージは、「オフィス内で使えるファーストマシンで、会議室へも手軽に持ち運べる」(パーソナルビジネス本部パーソナルマーケティング統括部クライアントPC推進部の茅原正清)というものだった。

そこから導き出されたのが、13.3型ノート並の1.75kgの軽さであり、モバイル・マルチベイに光学ドライブを装着した状態でも2kgを切る軽さを実現するという目標。しかも、オフィス内で使えるファーストマシンを目指す以上、モバイルノートといっても性能面・機能面や拡張性における妥協は許されない。そこで「MGH series」には、ノートパソコン専用の高性能・省電力CPUをはじめ、多くのメディアを読み書き可能なDVDマルチドライブや長時間稼働を可能にする増設バッテリーユニットなどを用途に応じて交換可能なモバイル・マルチベイ(PHOTO 1参照)、最大480Mbpsの高速転送を実現するUSB2.0(3ポート搭載)、最高54MbpsのIEEE802.11a/gワイヤレスLAN、Gigabit Ethernet(1000BASE-T)など、企業向けノートパソコンに求められる最先端の機能を満載することになった。

PHOTO 1 モバイル・マルチベイ

PHOTO 1 モバイル・マルチベイ


製品の選択権はITマネージャーだがエンドユーザーを意識


総合デザインセンター プロダクトデザイン部 チーフデザイナー 川見 充彦

「MGH series」のデザイン面でのコンセプトはどうだろうか。企業向けノートパソコンは、エンドユーザーが自分でお金を出して買うのではなく、会社が購入して社員に支給することが多い。そのため、製品の選択権は通常、ITマネージャーや経営者が有しており、製品選択時にはデザインや色づかいではなく、スペックやコスト、信頼性を重視する傾向が強い。「しかし」と、担当した総合デザインセンタープロダクトデザイン部チーフデザイナーの川見充彦は語る。「実際にパソコンを使用するエンドユーザーの方々は、操作性やメンテナンス性を重視する人が多く、企業向けとはいえ持つ喜びを感じさせるデザインを望む声も少なからずありました。そこで我々は、このMGH seriesのデザインをする際にも、ビジネス・シーンを意識しながらエンドユーザーにとっての操作性や使い勝手に立脚したデザインを心がけました」(川見)。


世界に通用する企業向けノートPCのデザイン

MGH seriesの場合、日本だけではなく世界各国でも販売されるため、グローバルに通用するデザインであることも求められた。「そこで私たちが最も重視したのは、一目で富士通の製品であることが分かる、強いプロダクト・アイデンティティを有していることです」(川見)。富士通のブランドイメージを訴求するためには、個々の製品だけでなく、オフィス内全体でも統一したイメージが得られるようでなければならない。また、日本では人気の高い白いノートパソコンも、欧米では仕事用にはふさわしくないと考えられる。そうした細かい要件も考慮した。

実際のデザインワークにおいては、企業向けパソコンに求められる信頼性のイメージを、ボディの左右ををフレームで囲うことによって表現している。造形面では、ボディ後部にバッテリーを格納していることを利用して「くさび型」を強調(PHOTO 2参照)。「Thin & Light」のコンセプトに沿って、鋭角的な薄型ノートパソコンとしての存在感を出した。また、色彩面では、プロの道具にふさわしい黒を基調とした落ち着いた色調を採用している。(PHOTO 3参照)。

こうして「MGH series」の固まってきたが、それを具体的な形にする設計とデザイン、売れる商品として作り上げる製造のプロセスで、いくつものハードルが待ち受けていた。

PHOTO 2 「くさび形」を強調

PHOTO 2 「くさび形」を強調


PHOTO 3 落ち着いた色調

PHOTO 3 落ち着いた色調