このページの本文へ移動

FMV LIFEBOOK 14.1型大画面モバイル・ノート「MGH series」こだわり開発物語


「MGH series」開発スタッフの面々


高い処理能力はもちろん、使いやすさや高度な信頼性も求められる企業向けノートブック・パソコンの市場で「3年連続出荷台数No.1(2001~2003年)」(IDC Japan調べ)の実績を持つ富士通。その同社が世界規模で展開する戦略商品として新たに投入したのが新世代スリム・モバイルノート、「MGH series」だ。14.1型の大画面を採用しながら、モバイル利用に適した1.75kg/25.4mmという軽量・薄型ボディを実現した革新的モバイルノートは、いかにして生み出されていったのだろうか。



第1回 やっぱり薄型大画面−商品コンセプト編 第2回 “こだわり”を形にする−設計編 第3回 “使いやすさ”を形にする−デザイン編 第4回 こだわり続けるMade in Japan−製造編

第2回 “こだわり”を形にする−設計編

目標は13.3型モバイルノートと同等の1.75kg

14.1型の大画面で、13.3型モバイルノートと同等の1.75kgという目標値は、本当にクリアできるのか。しかし、そこに敢えて挑戦する原動力となったのが、「いくら大画面を採用したからといって、従来のモバイルノートより重くなってしまったのでは、お客様に納得していただくことは難しい」(モバイルPC事業部第二技術部の山田徹)という開発スタッフ一同の強い思いだった。

とはいうものの、従来よりひとまわり大きなボディに「オフィス内で使えるファーストマシン」として求められる数多くの機能を満載し、1.75kgを実現するには、目に見えるハードルを設定する必要があった。そこで、モバイルPC事業部第二技術部課長の三浦隆文は「それぞれの部品が何グラムでなければならないかを正確に割り出し、開発スタッフには、これを厳密に守ってもらうよう依頼しました」という。


パーソナルビジネス本部 モバイルPC事業部 第二技術部 山田 徹


「5g軽くすると300円余計にかかる……」


パーソナルビジネス本部 モバイルPC事業部 第三技術部 大西 益生

“Thin & Light”を基本コンセプトに掲げる「MGH series」の開発では、数多くの部品を、いかに薄型ボディの中にスマートに収めていくか。それは設計者の大いに頭を悩ませることになったが、同時に腕の見せどころでもあった。その徹底した軽量化/薄型化には、純粋な設計上の難しさとは別にもう一つの問題が横たわっていた。それはコストだ。

軽量化/薄型化のためには、割高な素材を使用したり特別な加工が必要になったりすることがある。一方、世界規模でパソコンの販売競争が一段と激しさを増す中、いかに付加価値の高いモバイルノートといえども、コストを無視して設計することはできない。設計スタッフは、軽量化/薄型化と製造コストという二つの要素を、いかにバランスよくまとめ上げていくかに苦しむことになった。「ある部品を5g軽くすると300円余計にかかるが、採用すべきかどうか……。そんな判断に悩む場面が幾度となくありました」とモバイルPC事業部第三技術部の大西益生は振り返る。「ノートパソコンは膨大な数の部品から構成されていますから、1つの部品のわずかなコストアップも累積すると大きなコスト増になります」(大西)。


軽量化と強度低下のジレンマはマグネシウム合金で突破

どんなに軽量で薄くても信頼性に問題があっては本末転倒。ビジネス・ユースとなれば信頼性はなおさら重要だ。「富士通のノートパソコンでは、独自の評価基準に基づき徹底した評価テストを行っています。これをパスできなければ、製品化されることはありません」と語るのは品質保証統括部モバイル保証技術部の福岡潤一である。それは、徹底した軽量化/薄型化が求められた「MGH series」といえども例外ではなかった。「世界的に見ても最高水準にある」と福岡が胸を張る厳しい評価テストをパスして初めて市場に出るというわけだ。

軽量化/薄型化でまず問題となるのが筐体の強度をいかに確保するかだ。軽量化しようと素材の肉厚を削っていけば本体強度は下がり、逆に本体強度を上げれば重くなってしまう。このジレンマを突破するために、開発陣がLCDバックカバーの素材として採用したのがマグネシウム合金だった。筐体開発にたずさわった大西によれば、「富士通では、ノートパソコンに5年前からマグネシウム合金を採用していますが、現在では、当時より厚さを半分近くまで薄くすることに成功しています」という。

とはいえ、一番薄いところでは0.5mm強というLCDバックカバーを製造することは簡単ではない。製造工程では、「薄すぎてマグネシウムが金型の中をうまく流れないため、仕方なく重量制限を5g緩和した」(三浦)というエピソードもあった。

ちなみに、このマグネシウム合金製のLCDバックカバーには、富士通独自の最新塗装技術も採用されている。特殊な液体につけるとマグネシウムと塗料が分離するので、再資源化が容易だ。


パーソナルビジネス本部 品質保証統括部 モバイル保証技術部 福岡 潤一


ロアカバーにはカーボンファイバー・プラスチック

基盤やHDなどを収めるロアカバーについても、徹底した軽量化が図られている。十分な強度を保った上で軽量化を実現するために、開発陣が試行錯誤の末にロアカバーの素材として採用したのは、炭素繊維強化材料(カーボンファイバー・プラスチック)だ。

素材選考に際しての条件は、従来利用されていたガラス繊維強化プラスチックに比べ、より軽く、薄くしても十分な強度が得られる。同じカーボンファイバー・プラスチックでも、カーボンの混入割合によってかなり性質が異なるため、最適な割合を見つけるために多角的なシミュレーションを行い、最終的な混合割合を決定した。

カーボンファイバー・プラスチックに厚膜メッキを施せば、さらに強度を上げることができるのだが、それでは重くなってしまうので意味がない。そこで「MGH series」では、厚膜メッキを使用せずに薄型軽量化と強度アップを実現させた。


軽量・薄型化のために携帯電話の技術も利用


総合デザインセンター プロダクトデザイン部 チーフデザイナー 川見 充彦

ユニット関係でも、軽量化/薄型化に向けた飽くなき挑戦は行われている。たとえば液晶では、軽量化を図るためにガラスの厚みを限界まで削っているが、「あまり削りすぎると製造時に割れてしまう確率が高くなり、生産性が低下してしまうことになる」と大西は説明する。生産性を落とさない範囲で薄い液晶を搭載するために、大西ら開発スタッフは製造工程へ何度も足を運んだ。

キーボードについても、まるで重箱の隅をつつくようにして軽量化が進められました。具体的には、キーボードの裏側にあるアルミ製の放熱板は、強度を保ちつつも必要な部分以外には穴を開けて少しでも軽くした(PHOTO1参照)。

薄型化を図る際に最もネックになったのは、バッテリー格納場所の上部に位置するステータスLCD。バッテリー残量やハードディスク等記憶メディアのアクセス状況が一目で分かるステータスLCDは、FMV-LIFEBOOKの外観上の特徴にもなっている重要な部品で、省略するわけにはいかない。そこで、より薄型の新LCDを開発することになった。

また、ステータスLCDの横に設けられるボタンについても、「僅か2.2mmしか厚みが確保できず、従来のノートパソコン用パーツでは無理なため、携帯電話で採用されている技術を取り入れています」(総合デザインセンター プロダクトデザイン部チーフデザイナーの川見充彦)。


PHOTO 1 キーボード裏側の放熱板


厳しい衝撃試験を行っている富士通のノウハウが随所に

開発陣の総力を挙げて薄型化/軽量化を追求していった「MGH series」だが、「オフィス内で使えるファーストマシン」であるがために、開発陣がとことんこだわったのが、やはり高度な信頼性を確保することだった。

たとえば、重要データが記録されたHDDへの振動・衝撃対策としては、素材の異なる2種類の緩衝材を使用。それぞれが、「強化して振動に耐える」という役割を果たすことにより、HDDにかかる衝撃と振動の両方に対応させている。また、緩衝材をHDDプリント版に触れさせないことで、プリント版への余分な圧力の除去も実現している。

厳しい衝撃試験を行っている富士通ならではのノウハウが、ここにも活かされているといっていい。


5年前の原因不明トラブル、“犯人”は磁気ブレスレットだった


パーソナルビジネス本部 モバイルPC事業部 第二技術部 課長 三浦 隆文

パソコン利用時に意外に盲点となっているのが、HDDに記録されたデータを破損させる恐れのある磁気への対策。「HDDのトラブルというと、大半は衝撃や落下によるものなのですが、5年ほど前に、まるで磁気ヘッドでデータ消去したような原因不明のトラブルが報告され、担当技術者の頭を悩ませました」と語るのは設計者を束ねる三浦。原因を探っていくと、“犯人”は、意外にも当時流行っていた磁気ブレスレットであることが判明した。

MGH seriesでも、HDDとパームレストの間に防磁板を挿入。事務用マグネットをパームレストに直接置いても、そうした障害が発生しにくいよう工夫されている。


セキュリティ対策にも注力

企業からの情報漏洩が毎日のように報道される昨今、ノートパソコンにも従来以上の高度なセキュリティ対策が求められるようになってきている。

その点「FMV-LIFEBOOK」では、4つのボタンの組み合わせにより認証を行う「セキュリティボタン」や、盗難時などの不正使用を防ぐ「BIOSパスワード」を標準搭載。さらにオプションとして、ファイル等の暗号化やパスワードの一元管理、USBなどの不正なハード変更の検出、スマートカードとの連携など多角的なセキュリティ機能を有す「セキュリティチップ(TCG:Trusted Computing Group v1.1b仕様準拠)」をはじめ、指紋認証装置、スマートカードによって、不正使用やなりすましを防いでいる。

また、情報漏洩、情報改ざん対策についても、PCの破棄時/譲渡時にHDDデータの流出を防止する「データ消去ツール」を標準で搭載。より高度な安全性を求める場合には、「データ完全消去サービス」も有償で用意されている。この他、オプションとして、セキュリティ対応の「光磁気ディスクユニット」なども利用可能だ。


環境にもこだわる「FMV-LIFEBOOK」

富士通のFMV-LIFEBOOKは、社団法人産業環境管理協会(JEMAI)が推進する環境ラベル「エコリーフ」をパソコンとしては初めて取得した。「エコリーフ」とは、CO2排出量をはじめ、製品が環境に及ぼす影響を、設計・製造、物流、使用、廃棄・リサイクルまでのライフサイクル全体を通じて定量的に表示した製品に付与されるものだ。

富士通はこのほかにも、全社一括で環境認証ISO14001を取得。米国ダウ・ジョーンズ社が世界34カ国、2500社の中から選ぶ、サステナビリティ株式指標の環境分野のコンピュータ部門においても、1999年から5年間連続でトップにランキングされている。