このページの本文へ移動


本ページで紹介している機種は、98年4月発表のものです。中には現在発売されていないものも含まれています。
また価格や制度につきましては発表当時のものです。ご了承下さい。


FMR-280/250シリーズ

FMR280A4 FMR250L4
FMR-280A4/L4FMR-250L4

[価格]

  • FMR-280A4 Pentium-166MHz 258,000円(税別)より
  • FMR-280L4 Am5x86-133MHz 158,000円(税別)より
  • FMR-250L4 Am5x86-133MHz 138,000円(税別)より

高速CPUの搭載など、ラインアップ強化

Pentium(166MHz)搭載のハイエンドマシン「FMR-280A4」をはじめ、Am5x86(133MHz)搭載の高解像度エントリーマシン「FMR-280L4」、そして、中解像度マシンとして「FMR-250L4」の3機種9モデルを用意しました。

システムを拡げる柔軟な拡張性

内蔵オプション専用スロット標準搭載により、豊富な内蔵オプションが本体に内蔵できます(CD-ROM搭載モデルには、内蔵CD-ROMドライブ装着済)。
  • 内蔵ミニFDユニット
  • 内蔵CD-ROMドライブユニット
  • 内蔵光磁気ディスクユニット
  • 内蔵ハードディスクユニット−1GB
  • 内蔵DATユニット
  • 内蔵ICメモリカードリーダライタ

Windowsに余裕の大容量

メモリは、8MBを標準装備 (250L4は4MB標準装備)。また、オプション提供の拡張RAMモジュール-4/8/16/32MB(注1)により、最大104MB (250L4は最大100MB)まで拡張可能です。また、ハードディスクには1GB搭載(注2)。大規模システムにも余裕で対応できます。

(注1)拡張RAMモジュール-32MBを拡張RAMモジュール専用スロットに装着した場合、オプションカード用FMRバス拡張スロットの使用可能スロット数が3スロット(本体には4スロット標準装備)となりますのでご注意下さい。
(注2)FDモデルを除きます。

Windowsを彩る優れたグラフィック性能

・Windowsグラフィックアクセラレータ「CL-GD5434」(280シリーズ)
280シリーズは、Windowsグラフィックアクセラレータとして、Cirrus Logic社製「CL-GD5434」を標準搭載。640×480ドット/1677万色のフルカラー表示、1024×768ドット/256色表示に加え、280A4では、1280×1024ドット/256色表示による高精細表示が可能です。
・Windowsグラフィックアクセラレータ「Power9100/9000」
WEITEK社の高速グラフィックアクセラレータ「Power9000」搭載の「グラフィックアクセラレータカードB1(280シリーズ用) / A2(250L4用) / B2(250L4用)」、「Power9100」搭載の「グラフィックアクセラレータカードC1(280シリーズ用)/C2(250L4用)」をオプションで用意。Windows環境下での高速描画はもちろん、マルチレゾルーション/多色表示が可能になります。

仕様一覧 (FMR280シリーズ)
仕様一覧 (FMR250L4)