このページの本文へ移動

本ページで紹介している機種は、2006年4月発表のものです。中には現在発売されていないものも含まれています。 また価格や制度につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

環境


環境と人どちらにもやさしい。それが富士通がお届けするエコ・デザインです。

J-Mossグリーンマーク

J-Mossグリーンマーク 電気・電子機器の特定の化学物質<鉛、六価クロム、水銀、カドミウム、PBB(ポリ臭化ビフェニール)、 PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の6物質>の含有表示を規定するJIS規格「J-Moss」において、 特定化学物質を基準値以上に含んでいないことを証明するJ-Moss「非含有マーク」(グリーンマーク)に2006年4月12日以降発表のFMV-LIFEBOOK(FMVバリューシリーズ含む)は全機種対応しています。
J-Mossの詳細は J-Mossについてのご案内 新しいウィンドウで表示 をご参照ください。

グリーンマーク製品の詳細情報

RoHS指令

電気・電子機器に含まれる特定化学物質<鉛、六価クロム、水銀、カドミウム、PBB(ポリ臭化ビフェニール)、 PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の6物質> の使用を制限する欧州の規定である「RoHS指令」に2006年4月12日以降発表のFMV-LIFEBOOK(FMVバリューシリーズ含む)は全機種対応しています。

環境負荷への配慮

大豆インキ使用包装箱

揮発性有機化合物(VOC)抑制のため大豆インキを使用。

ハロゲンフリー樹脂

燃焼時にダイオキシンを発生させないハロゲンフリー樹脂を製品のボディに採用。(全機種)

マグネシウム合金

マグネシウム合金のリサイクル技術を開発、再生材を使用。〔H、E、S(14.1型)、S(13.3型)、B、Qシリーズで使用。〕

再生プラスチック

資源の有効利用のため、製品のボディの一部にプラスチックを使用。

植物性プラスチック

トウモロコシを原料にしたプラスチックを使用。〔S(14.1型)、S(13.3型)シリーズの筐体部品〕

マニュアルの電子化

紙資源の節約のため、マニュアルの電子化を推進。下記のWebページにてマニュアルデータをご提供しています。
http://www.fmworld.net/biz/fmv/support/fmvmanual/

エコリーフ環境ラベルの取得

エコリーフ環境ラベルプログラムは、社団法人産業環境管理協会(JEMAI)が運営する資源採取から製造、使用、廃棄・リサイクルされるまでの環境評価を行って得られた製品の定量的な環境データを開示する制度です。http://www.jemai.or.jp/
富士通のパソコン事業は、システム認定(No.2003-06、2005-26)を取得。パソコン製品を自社内で検証し、エコリーフ環境ラベルを登録、製品の環境データを公開することができます。登録されている商品は下記のWebサイトでご確認いただけます。


システム認定
No.2003-06
No.2005-26

「エコリーフ環境ラベル」登録製品リスト

省電力

国際エネルギースタープログラム
当社は、国際エネルギースタープログラムの参加事業者として本製品が国際エネルギースタープログラムの対象製品に関する基準を満たしていると判断します。

省エネ法
このカタログに記載したFMV-LIFEBOOKは、省エネ法で2005年度までに達成しなければならない目標基準値を500%以上達成(達成率AAAレベル)した製品です。製品ごとのエネルギー消費効率は、「仕様」をご覧ください。

環境ラベル

PCグリーンラベル
本製品はPC3R『PCグリーンラベル制度』の審査基準(2005年度版)を満たしています。詳細は、http://www.pc3r.jp/をご覧ください。

グリーン製品
当社の厳しい環境評価基準(省資源化、リサイクル設計、化学物質含有/使用規制、省エネルギー、環境情報の提供など)をクリアした地球環境に配慮した、「グリーン製品」として提供しています。(1998年より)

ISO14001
富士通グループは、富士通本体及びすべての国内グループ会社、ならびに、海外グループ会社の主要な生産拠点において、環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得しています。

設計から回収まで。ライフサイクルを通して環境保全に取り組んでいます

回収・リサイクルについて

当社では法人のお客様から排出されるパソコンを回収・リサイクル(有償)し、資源の有効活用に積極的に取り組んでいます。詳細は、当社ホームページ「IT製品の処分・リサイクル」をご覧ください。
http://jp.fujitsu.com/about/csr/eco/products/recycle/recycleindex.html

情報技術機器の安全規格、電波規格について | 全機種対応
情報技術機器の安全規格(IEC60950またはIEC60950-1)、及び電波規格(VCCI)に対応。