このページの本文へ移動

本ページで紹介している機種は、2006年4月発表のものです。中には現在発売されていないものも含まれています。 また価格や制度につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

パフォーマンス


高速化、大容量化、省エネ化など、つねにパフォーマンスの向上を追求。

様々な新世代技術の採用

デュアルコアCPU、インテル(R) CoreTM Duo プロセッサ

  • 2つのCPUコアを搭載することで、処理性能を大幅に向上。
  • 高速667MHzのFSBによる、システム全体の処理スピード向上。

高速化を実現する数々の新技術の採用

  • 従来のDDRメモリよりも高速、かつ低消費電力の「DDR2メモリ」。
  • 同容量のメモリを2枚同時搭載時に高速メモリアクセスを実現する「デュアルチャネル機能」に対応。
  • データ転送速度を平均50%向上させる「シリアルATAハードディスク」。
  • ExpressCard TM 従来のPCカードスロットの約2倍のデータ転送速度を実現する新規格「ExpressCardTM スロット」。

インテル製品の性能の詳細については
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/homepage.html をご覧ください。

いずれも BAPCo SYSMARK2004によるベンチマークテスト結果

SYSMARK2004 ベンチマークテストは、今日の一般的なパソコン使用環境における生産性を測定するためのテストで、Adobe(R) Photoshop(R) 7.01、Adobeョ Acrobatョ 5.0.5、Microsoft(R) Word 2002、Microsoft(R) Excel 2002等のアプリケーションより構成されています。
このベンチマークはCPUの性能を判断するための、当社におけるある一定のシステム構成での検証値であり、インテル製品の性能の概算の値を表している物です。システムの構成や条件の違いにより、実際の性能は当カタログの性能テストや評価とは異なる場合があります。