このページの本文へ移動

本ページでご紹介している機種の中には現在販売されていないものも含まれています。
また価格や制度の内容につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

LANカード(100BASE-TX/セキュリティ対応) FMV-1803S

LAN カード
概要
本カードはFMV-1802S、およびFMV-1802の後継製品でIEEE802.3に規定されるCSMA/CD方式の通信に加え、ハードウェアによるセキュリティ通信をサポートします。セキュリティ通信はIETF(注1)で規定される暗号化通信方式のIPSec(注1)をハードウェアで処理するため、より高速な通信が可能になります。

(注1)IPSecはWindows(R) 2000には標準実装されます。また、本製品に添付されるソフトウェア Intel R Packet Protect (以降、Packet Protectと略す)」をインストールすることでWindows NT4.0でもセキュリティ通信を行うことが可能となります。セキュリティ通信はWindows(R) 2000, WindowsNT4.0のみご使用になれます。

(注1)IETF
Internet Engineering Task Force。インターネット技術標準化委員会です。
特長
  • Windows(R) 2000に標準実装されるIPSecをハードウェアで処理することで高速な暗号化通信が可能です。また、Packet Protectをインストールすることで、Windows NT4.0でもIPSecによる暗号化通信が可能となります。下記の暗号化方式をサポートします。

    [整合性]
    他人によるデータの改ざんを防ぐため、通信データに整合性を持たせます。整合性のアルゴリズムとして、MD5(注2)とSHA1(注3)をサポートします。

    [暗号化]
    他人によるデータの盗み見を防ぐため、通信データを暗号化します。暗号化アルゴリズムとして、DES(注4)とTriple DES(注5)をサポートします。

  • 100BASE-TXおよび10BASE-Tでのデータ通信(通常・セキュリティ)が可能。また、オートネゴシエーションによる通信速度の自動切換え機能。
  • PCI PME機能によるWakeup on LANをサポート、またネットワークブート機能をサポートします(Wakeup on LANとネットワークブートをサポートする本体のみ使用可能です)。

    (注2)MD5
    Message Digest Five。整合性アルゴリズムの1つです。128ビットのキーを使用します。

    (注3)SHA-1
    Secure Hash Algorithm。セキュアハッシュアルゴリズム。整合性アルゴリズムの1つです。160ビットのキーを使用します。MD5よりもセキュリティ強度の高いアルゴリズムです。

    (注4)DES
    Data Encryption Standard。暗号化アルゴリズムです。米国政府の要請のもとに開発され、広く標準化されています。 56ビットのキーを使用します。

    (注5)Triple DES
    Triple Data Encryption Standard。高度なセキュリティアルゴリズムです。DESを使用し、各ブロックを3回処理します。168ビットのキーを使用します。
希望小売価格(税別)
10,000円
動作機種
FMV-ESPRIMO / FMV-DESKTOP / FMV-DESKPOWERシリーズ
詳細はシステム構成図でご確認ください

仕様一覧
品名 LANカード(100BASE-TX/セキュリティ対応)
型名 FMV-1803S
本体インターフェース PCI 2.2
標準化団体 IEEE802.3
伝送速度 100Mbps (100BASE-TX)
10Mbps (10BASE-T)
外部インターフェース RJ45
使用ケーブル ツイストペアケーブルカテゴリ5およびカテゴリ3 (カテゴリ3は10BASE-T時のみ)
アクセス方式 CSMA/CD方式
Wakeup on LAN機能 サポート注2
ネットワークブート機能 サポート(WfM2.0準拠) 注2
セキュリティ機能 MD5,SHA-1,DES,Triple,DESをハードウェアで実現
カードタイプ ノンインテリジェント
消費電流 約340mA
外形寸法 120(W)×50(H)
注2 接続可能なクラサバモデルFMVシリーズの中でWakeup on LANとネットワークブートをサポートする本体のみ使用可能です。またWakeup on LANのサポートレベルは本体の仕様によります。

留意事項
  • 必須ハード:ツイストペアケーブル
  • WindowsR XP Pro/XP Home、WindowsR2000 Server、WindowsNTR 4.0 Server以外の環境で利用の場合、 LANインタフェースは標準搭載のものを含めて1ポートのみ使用可能となります。クライアント利用時に、セキュリティ通信を使用しない場合は標準搭載LANの方をご使用ください。
  • Wakeup on LAN機能、ネットワークブート機能は、パソコン本体がサポートしている場合のみ使用可能です。
  • Windows(R) MEにおいて、セキュリティ通信は使用できません。
  • Windows(R) 98において、セキュリティ通信を使用する場合、Service Pack 5以降が必要です。
  • FMV-DESKPOWER M9/1909Tの場合、搭載(接続)不可。
  • FMV-DESKPOWER C9/200WLT、CE9/120WLT、K8/120WLTの場合、搭載(接続)不可。