このページの本文へ移動

本ページでご紹介している機種の中には現在販売されていないものも含まれています。
また価格や制度の内容につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

通信カードV/X

通信カードV/X
概要
V.24インタフェース及びX.21インタフェースを装備し、モデムやTA等との間で同期通信を可能にするためのインタフェースカード(PCIバス用)です。
特徴
  • バースト転送のサポート(カード-本体間)
  • V. 24インタフェースとX. 21インタフェースを装備
  • PCIバス用
希望小売価格(税別)
84,000円
動作機種
FMV-DESKPOWER / FMV-DESKTOPシリーズ

仕様一覧
品名 通信カードV/X
型名 FMV-1671
ホストバス PCI
外部インターフェース注1 V. 24/V. 28 X. 21/V. 11
通信速度 ~19. 2Kbps ~64Kbps
通信方式 調歩同期/SYN同期/フレーム同期
内部制御方式 ファームウェア制御
カードサイズ
(板金は除く)
カード長:150?×カード幅:102?(ショートサイズ)
カード番号 注2 <0> ~ 15 (ディップスイッチ切替え)
留意事項
  • 必須ハード:V.24…FMV-CBL604/607、X.21…FMV-CBL841/842(ケーブルの同時使用不可)
  • Windows(R) XP Home/Proにおいては、通信制御サービスV6.0 L30以降で対応。
  • Windows(R) MEにおいては、通信制御サービスV4.1 L80以降、ベーシック手順ライブラリV4.1 L50以降、全銀協パソコン手順ライブラリV4.1 L40以降で対応。
  • Windows(R) 98においては通信制御サービスV4.1 L60以降、ベーシック手順ライブラリV4.1 L41以降、全銀協パソコン手順ライブラリV4.1 L30以降で対応。
  • Windows(R) 2000においては、ベーシック手順ライブラリV1.1 L50以降、全銀協パソコン手順ライブラリV1.1 L40以降で対応。通信制御サービス V6.0で対応。通信制御サービスV6.0 L20以降で対応。
  • Windows NT4.0においては、通信制御サービスV1.1 L60以降で対応。ベーシック手順ライブラリV1.1 L41以降、全銀協パソコン手順ライブラリ V1.1 L30以降で対応。 SLシリーズのPCIスロット3段目〔120mm〕のバスには搭載不
  • FMV-DESKPOWER M9/1909Tの場合、搭載(接続)不可。
  • FMV-DESKPOWER C9/200WLT、CE9/120WLT、K8/120WLTの場合、搭載(接続)不可。
注1 V.24及びX.21インタフェースの同時使用は不可
注2 < >はデフォルトを示す