このページの本文へ移動

本ページでご紹介している機種の中には現在販売されていないものも含まれています。
また価格や制度の内容につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

FAXモデムカード-56000(全二重) FMV-FX533

FAXモデムカード-56000(全二重)
概要
本カードは電話回線で、パソコン通信及びFAXの送受信を可能とするPCIバス標準のインタフェースカードであり、テレフォニーに対応した高速通信が可能な高性能モデムです。
希望小売価格(税別)
22,000円
動作機種
FMV-ESPRIMO / FMV-DESKTOP / FMV-DESKPOWERシリーズ
詳細はシステム構成図でご確認ください

仕様一覧
品名 FAXモデムカード-56000(全二重)
型名 FMV-FX533
本体インタフェース PCIバス(Rev2.1)
対応OS Windows(R) 95(OSR2.0~)、Windows(R) 98、Windows(R) 2000、Windows(R) ME、WindowsNT(R) 4.0、Windows(R) XP
NCU 通信路数 1回線
NCU形式 AA型,MA型
適用回線 交換回線、PBX(特殊PBXは除く)
モデム 通信方式 2線式・全二重
同期方式 調歩同期
データモード 通信規格 K56flex、ITU-T V.90、V.34、
V.32bis、V.32、V.22bis、V.22、
V.21、Bell212A、103
通信速度 データモード受信部のみ56000, 54667, 54000, 53333, 52000, 50667, 50000
49333, 48000, 46667, 46000, 45333, 40000, 42667
42000, 41333, 40000, 38667, 38000, 37333, 36000
34667, 34000, 33333, 32000, 30667, 29333, 28000bps
データモード送受信 33600,31200,28800,26400,24000,21600,19200,16800
14400,12000,9600,7200,4800,2400,1200,300bps
エラーフリー/圧縮 MNP-4、MNP-5、V42、V42bis
コマンド V.250(V.25ter)
ボイス仕様
  • 外付けスピーカ、マイク 、ヘッドホーン端子での接続。
  • TAM , スピーカフォン 、富士通テレフォニー機能(通話中の録音/再生)をサポート
  • 内蔵サウンド連携
  • WindowsNT(R) 4.0 はボイス機能をサポート対象外。
FAXモード 通信規格 ITU-T V.17,V.29,V.27ter,V.21ch2
通信速度 14400,12000,9600,7200,4800,2400bps
コマンド EIA/TIA-578(Class1)
COMIRQ設定 モデムのリソースデータを参照して、OSによって最適なCOM、IRQに割付けられる。(Windows(R) 95/Windows(R) 98/WindowsNT(R) 4.0)
外形寸法 カード長 165 mm,カード高 22mm(ハーフサイズ)
重量 約0.12 kg (ケーブルを除く)
添付品
  1. CD-ROM
    ・ソフト:BitWare(Windows(R) 95/Windows(R) 98/WindowsNT(R) 4.0)
    ・Windows(R) 95/Windows(R) 98ドライバ(INFファイル)
    ・WindowsNT(R) 4.0ドライバ(INFファイル)
  2. ケーブル1 モジュラーケーブル(約1.8m)
  3. ケーブル2 サウンド-モデム接続ケーブル(約 0.4m)×2本

留意事項
  • Windows(R) ME、Windows(R) 98、Windows(R) 2000においては、ナンバディスプレイ対応回線に接続する場合は、省電力機能は使用できません。
  • Windows(R) 2000において、添付のBITWAREは使用できません。
  • 添付のBITWARE.はWindowsNT(R) 4.0では音声機能は使用できません。
  • サウンドケーブルによる連携機能はサポートしておりません。
  • 本カードを他のカードと同時に搭載する場合、I/Oアドレス、IRQ等の変更が必要な場合がありますのでご注意下さい。 (WindowsNT(R) R4.0使用時)
  • 56Kbps/33.6Kbpsはハードウェアの最大性能であり、ソフトウェアまたは回線の状態により通信速度は異なります。