このページの本文へ移動

本ページでご紹介している機種の中には現在販売されていないものも含まれています。
また価格や制度の内容につきましては発表当時のものです。ご了承ください。
3.5インチ光磁気ディスクユニット(USB) FMPD-444

FMPD-444
概要
USB2.0を採用した、小型・軽量なポータブルの外付光磁気ディスク装置。大容量プログラム/イメージデータ 等の取扱が容易な媒体可搬型の装置です。
特長
  • USB2.0に対応。
  • 最大回転数5,455rpm(128MB~640MBの媒体使用時)のドライブを採用。
  • 最大記憶容量640MB。
  • ファンレス化による低騒音化を実現。
希望小売価格(税別)
33,000円
(取扱説明書)
動作機種
FMV-DESKPOWER / FMV-DESKTOPシリーズ
FMV-BIBLO / FMV-BIBLO LIFEBOOKシリーズ

仕様一覧
品名 3.5インチ光磁気ディスクユニット(USB)
型名 FMPD-444
インタフェース USB2.0
記憶媒体 128MB
230MB 540MB 640MB
セクタサイズ 512Bytes 2048Bytes
転送速度
(Mb/s)
READ 0.39 1.40~2.23 2.33~3.91 2.79~4.66
WRITE 0.39 0.47~0.75 0.78~1.30 0.93~1.55
回転制御方法 CAV ZCAV
回転数 5,455rpm
平均回転待ち時間 5.5ms
平均シーク時間 23ms
ディスクロード/
アンロード時間
8s/4s
外形寸法[mm] 117(W)×154(D)×34(H)(突起部含まず)
質量 530g(媒体を含まず)
消費電力 8.7W Typ(Random Seek Read/Write時)
電源 ACアダプタ(入力:AC100V 50/60Hz)
添付品 USBインタフェースケーブル(80cm),ACアダプタ,デバイスドライバ(Windows(R) XP/Me/98およびWindows(R) 2000用。CD-ROMにて添付)
容量表現は、1MB=1000×1000B換算、1GB=1000×1000×1000B換算

留意事項
  • Windows(R) 98/MeはOSが未対応のためUSB1.1での動作となります。またパソコン本体がUSB2.0未対応の装置についても同様にUSB1.1での動作となります。
  • 媒体フォーマット後のユーザ使用可能容量は、使用したフォーマッタ(OS標準フォーマッタ、本装置添付の専用フォーマッタ等)により異なります。
  • 本装置の使用可能OSはWindows(R) 98、Windows(R) Me、Windows(R) 2000 Professional、Windows(R) XP Professional、Windows(R) XP Home Editionであり、これ以外のOSは使用できません。
  • 媒体の排出はドライブアイコン右クリックで表示されるメニューの「取り出し」ですること。
  • 本装置が媒体にアクセス中(LED点灯中)(フォーット中含む)は、以下の操作を行わないでください。
    • USBケーブルの抜き差し。
    • 本装置の電源切断。
    • 媒体取り出し。
    • パソコン本体のシャットダウン、再起動、サスペンド、休止状態。
  • パソコン本体が休止状態中はUSBケーブルの挿抜を行わないでください。
  • 本装置のセキュリティ機能は、パスワード入力後にスタンバイ(ACPI S3)に移行した際には、スタンバイからの復帰時に再度パスワードを入力する必要があります。(セキュリティ機能はFMPD-452Sのみサポート)
  • 本装置には、媒体(光磁気ディスク)は添付されていないため、別途、媒体も手配ください。なお、媒体は富士通サプライ品をお使いください。また、オーバライト媒体は従来の128MB装置、230MB装置では使用できません。
  • 本装置は寒い場所から暖かい場所への異動直後や室温を急に揚げた直後には使用しないでください。装置内部に結露が起きることがあり、大きな温度変化があった場合、1時間以上待ってから電源を入れてください。結露が起きたまま使用すると、光学ヘッドやディスク媒体に塵埃が付着し、クリーニングが困難になるばかりでなく、場合によっては装置や媒体を損傷する場合があります。
  • 本装置は光学ヘッドを使用しているため、使用環境や取り扱い方法によっては機能低下を招く場合があるので、ご注意ください。
    • 塵埃の多い場所では使用しないでください。
    • 電源切断時は必ず媒体を本装置から抜いてください。
    • 媒体を入れたまま本装置を持ち運ばないでください。
  • 本装置の光学ヘッドおよび媒体の品質を維持するために、専用のクリーニングツールにより定期的(3か月に1度)にクリーニングを行うことを推奨します。
  • 本装置はディスク取り出し時、ディスクを先端から約2cm引き出した位置で、引き出す力が強く必要になることがあります。これはディスクイジェクト動作時に、ディスクが本装置から飛び出してしまうのを防ぐための動作で、故障ではありません。
  • サポートOS
      128MB~540MB 640MB,1.3GB
    Windows(R) 98 (1) (2)
    Windows(R) Me (3)
    Windows(R) 2000 (4)
    Windows(R) XP (4)
(1)  Windows(R) 98で「640MB/1.3GB媒体」以外をリード/ライトする際の留意事項。
  • 本装置添付のWindows(R) 98用USBドライバをインストールして使用してください。
  • 「ディスクのコピー」は使用できません。
  • MS-Backupでバックアップ先ドライブとして使う場合、複数ディスクにまたがってデータを保存できません。ただし、これはWindows(R) 98の仕様(大容量リムーバブルディスクに対する問題)であり、MO固有ではありません。

(2)  Windows(R) 98で「640MB/1.3GB媒体」をリード/ライトする際の留意事項。
  • 本装置添付のWindows(R) 98用USBドライバをインストールして使用してください。
  • 640MB/1.3GB媒体では圧縮ツール「ドライブスペース」は使用できません。「512セクタ長以外はサポートされていない」というメッセージが表示され、終了します。
  • 640MB/1.3GB媒体に対して「FDISK」を実効すると、容量表示が実際の1/4になります。
  • 「ディスクのコピー」は使用できません。
  • MS-Backupでバックアップ先ドライブとして使う場合、複数ディスクにまたがってデータを保存できません。ただし、これはWindows(R) 98の仕様(大容量リムーバブルディスクに対する問題)であり、MO固有ではありません。

(3)  Windows(R) Me使用時の留意事項。
  • 「ディスクのコピー」は使用できません。
  • パソコン本体の電源がONの状態で本装置の取り外し、または電源をOFFする場合は、デスクトップ画面右下のシステムトレイで「取り外し」操作をしてから行ってください。
  • Norton System Worksのインストールされた環境では、OS標準のフォーマットツールを使用してください。

(4)  Windows(R) 2000/XP使用時の留意事項。
  • パソコン本体の電源がONの状態で本装置の取り外し、または電源をOFFする場合は、デスクトップ画面右下のシステムトレイで「取り外し」操作をしてから行ってください。