このページの本文へ移動

本ページでご紹介している機種の中には現在販売されていないものも含まれています。
また価格や制度の内容につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

ワイヤレスLANカード FMV-JW482

IEEE 802.11a(J52/W52/W53)およびIEEE 802.11g準拠のワイヤレスLANカード。 別オプションのワイヤレスブロードバンドルータやワイヤレスLANステーション、ファミリーネットワークステーション、弊社製ホームサーバー機能内蔵パソコンを使用することで、 ブロードバンドを使用したインターネットや既存のLANに接続することができます。 また、本カードのみでワイヤレスLAN構築が可能です。

希望小売価格 9,800円(税別)
適応機種 LIFEBOOK、FMV-LIFEBOOK、FMV-BIBLO
適応機種はシステム構成図でご確認ください。

特長

  • IEEE802.11a(J52/W52/W53)およびIEEE802.11gに準拠しており、通信速度最大54MbpsのワイヤレスLAN通信が可能。
  • IEEE802.11b準拠のワイヤレスLAN製品とも共存が可能。
  • アンテナ内蔵した一体型構造。
  • 2.4GHz帯および5GHz帯の小電力通信システムを使用しているため、無線免許が不要。
  • ノイズに強いスペクトラム拡散方式(DS-SS)およびマルチパス障害に耐性が高い直交周波数分割多重方式(OFDM)を採用。
  • 推奨する通信距離は、IEEE802.11a(J52/W52/W53)方式が屋内15m,IEEE802.11g方式が屋内25mです。ただし、設置環境(壁や柱などの影響)により短くなる場合があります。
  • ネットワーク名(SSID)およびネットワークキー(WEP)により、部外者による侵入を防ぐことが可能。 また、ネットワークキーは40ビット/104ビット/128ビットが使用可能です。
    (実際の通信時は、24ビットの固定長を加えた64ビット/128ビット/152ビットのネットワークキーで暗号化)
  • セキュリティ方式のWPA/WPA2に対応しています。
  • Wi-Fi認証(11a, 11g, WPA, WPA2)取得済。

(注)WEP : Wired Equivalent Privacyの略であり、無線データの暗号方式を示す。
(注)WPA : Wi-Fi Protected Access

仕様

品名 ワイヤレスLANカード
型名 FMV-JW482
本体インタフェース PC Card Standard V7.1 準拠(Card Bus Type Ⅱ)
アクセス方式 CSMA/CA 方式(Carrier Sense Multiple Access/Collision Avoidance)
セキュリティ機能 SSID(ネットワーク名)
WEP キー(ネットワークキー):64/128/152(注1)
WPA-PSK (TKIP/AES)
WPA2-PSK(TKIP/AES)
IEEE802.11x (TLS/PEAP)
WPA (TLS/PEAP)(TKIP/AES)
WPA2 (TLS/PEAP)(TKIP/AES)
無線インタフェース 通信方式 IEEE802.11a 準拠(J52/W52/W53) OFDM方式
IEEE802.11g 準拠 OFDM方式およびDSSS方式(注2)
転送レート 6/9/12/18/36/48/54Mbps (OFDM),11/5.5/2/1Mbps(DSSS)(自動切替え)(注3)
搬送周波数 IEEE 802.11a 準拠 5150~5340MHz
IEEE 802.11g 準拠 2400~2497MHz
使用チャンネル数 IEEE 802.11a 準拠(J52/W52/W53) 12ch
IEEE 802.11g 準拠 13ch(11g のみ)/14ch(11b 互換) (そのうち1chを使用)
送信出力(最大) 11a 17dBm , 11g(OFDM) 18dBm , 11g(DSSS) 18dBm
通信可能距離(推奨) IEEE802.11g 準拠 屋内25m(11g) (注4)
IEEE802.11a 準拠 屋内15m(11a) (注4)
接続台数(推奨) 10台以下(アドホック通信時、インフラストラクチャ通信はAPによる) (注5)
消費電流 最大480mA
外形寸法 118mm (W) × 54mm (D) × 7mm(H)
質量 38g
対応OS Windows XP
Windows2000

(注1)WEPキー(ネットワークキー)による暗号化は上記ビット数で行いますが、ユーザーが設定可能なビット数は固定長24ビットを引いた40/104/128ビットとなります。
(注2)IEEE802.11g 準拠のDSSS方式は、IEEE802.11b 準拠との互換性を維持するための方式です。
(注3)各通信レートは無線LAN規格の理論値であり、実際の通信速度とは異なります。
(注4)壁の有無や周囲を金属で覆うなどの使用条件により通信距離は変わります。通信相手の送信出力を弱めた場合は、通信可能距離が減少することがあります。
(注5)使用環境によって、接続可能台数は減少することがあります。

添付品

  • CD-ROM
  • 保証書
  • この機器の使用上の注意
  • はじめにお読みください

ドライバ

名称 内容
FMV-JW481/2 ワイヤレス LAN ドライバ V4.1.2.71 Windows XP対応 ワイヤレス LAN ドライバ
Windows2000対応 ワイヤレス LAN ドライバ
ACU (注6)
Mr.WLANner (注6)

(注6) ACU、Mr.WLANnerは、SSID等のパラメータ設定および通信状態の確認を行うユーティリティ。

留意事項

  • IEEE 802.11a 準拠(W52)をサポートしていない製品で、IEEE 802.11a 準拠(W52)でのアドホック通信を行うには、アップデートを行いIEEE 802.11a 準拠(W52)で通信できるようにする必要があります。
  • 5GHz帯を使用しているIEEE802.11a 準拠(J52/W52/W53)は、電波法の定めにより、屋外では使用できません。
  • 本カードは、日本国内専用です。日本国外で使用された場合、当該国の電波に関する法令などに抵触する場合があります。
  • IEEE 802.11a 準拠とIEEE 802.11g 準拠の同時通信はできません。
  • 他のワイヤレスLANカードとの同時使用はできません。どちらか一方のワイヤレスLANカードをOSのデバイスマネージャで無効にして使用してください。
  • ワイヤレスLANステーション(FMWT-201)を使用する場合、電話回線を使用したInternet接続が行えません。
  • 使用環境によっては電波が受信しにくい場合がある為、インフラストラクチャの場合はユーティリティにより電波強度を確認し、適切な場所で使用してください。
  • Super AG機能(注7)に対応しています。また、Super AGを使用するためには対応したアクセスポイントが必要となります。実効スループットは、転送するデータの種類、使用環境によって異なります。
    (注7)Super AGは米Atheros Communication Inc.の無線LAN高速化技術です。「パケットバースト機能」「ファストフレーム機能(転送の効率化)」「データ圧縮機能」の技術を使うことで無線LANの実効スループットを向上させます。
  • 無線ネットワークを設定するプロファイルは、最後に使用したものが次回ログオン時も使用されます。
  • 無線ネットワークへの接続には時間を要するため、ログオンに際して、ログオンプロンプトが表示された状態で数十秒待つ必要があります。
  • 添付のAtheros クライアントユーティリティとWindows XP標準の無線機能を同時に使用することはできません。
  • 無線ネットワークの認証方法によって、運用が制限される場合があります。
    - PEAP
    • 片方向認証は未サポートのため、事前にサーバー認証に使用する電子証明書をインストールする必要があります。
    • ユーザー認証に電子証明書を使用することはできません。(EAP-MSCHAPV2にのみ対応しています。)
    • ドメイン環境で運用する場合には、Atherosクライアントユーティリティに設定した固定のユーザー情報を使用して認証を行います。(ドメインユーザーとしてログオンするユーザーの情報をユーザー認証に使用することはできません。)
    - TLS
    • 事前にユーザー認証に使用する電子証明書を、ユーザーごとにインストールする必要があります。
    • ユーザーごとにプロファイルを作成する必要があります。
    • ドメイン環境で運用する場合には、コンピューター証明書の併用、ローカルコンピュータに対する管理者権限等の設定が必要になります。
  • ワイヤレスLAN搭載モデルで使用する場合、下記の制限があります。
    OS ワイヤレスLAN未搭載モデル ワイヤレスLAN搭載モデル
    (2003年冬~2005年夏モデル)
    ワイヤレスLAN搭載モデル
    (2005冬モデル以降)
    Windows XP ×
    Windows 2000 × ×

電波干渉について

  • 近くに他のチャンネルを使用しているワイヤレスLAN機器がある場合、干渉により本来の性能が出ない場合があります。 この場合、他のチャンネルを使用しているワイヤレスLAN機器と使用しているチャンネルの間隔をあけるように変更して干渉の影響が最小となるチャンネルで使用してください。 (例えばIEEE802.11gの場合、チャンネル1と6、チャンネル6と11のように設定する。ただし、チャンネル11と14の組み合わせはチャンネル11と14の帯域が干渉しないため設定可能です。) それでも解決しない場合は、他のチャンネルを使用しているワイヤレスLAN機器から3m以上離して干渉の影響が最小となる場所で使用してください。
  • IEEE 802.11gとIEEE 802.11bの混在環境においては、共に本来の性能が出ない場合があります。 本来の性能が必要な場合は、IEEE802.11gとIEEE 802.11bを別のESS-IDに設定し、チャンネルを5チャンネル以上離し、 且つアクセスポイントをIEEE 802.11gのみ/IEEE 802.11bのみに設定してください。
  • ワイヤレスLAN(IEEE802.11b とIEEE802.11g)はBluetooth™ 機器と、同一周波数帯(2.4GHz)を使用するため、Bluetooth™ 機器を搭載したパソコンの近辺で本カードを使用すると、 電波干渉が発生し、通信速度の低下や接続不能になる場合があります。
    この場合、次の対策を行ってください。
    • Bluetooth™ 機器を搭載したパソコンからは、10m以上離れた場所で使用する。
    • 10m以内で使用する場合は、本カードまたはBluetooth™ 機器のどちらか一方の電源を切る。
  • 心臓用ペースメーカ等の医療機器からは22cm以上離して使用してください。
  • 本カードの近くで電子レンジ等を使用するとワイヤレスLANの電波に影響を受け通信ができなくなる場合があります。 その場合は距離をおくなどの対処が必要です。
  • 推奨距離内でも電波干渉、壁の有無や金属で覆われた環境での使用、推奨距離を越えての使用などで通信品質の劣化により通信速度の低下や通信断が起きる場合があります。
  • 5.3GHz帯のIEEE 802.11a 準拠(W53)において、無線LANアクセスポイントの機能である DFS(Dynamic Frequency Selection)によって気象レーダー波が検出された場合、 電波干渉を回避するため使用するチャンネルが自動的に変更されるため、通信がいったん切断されます。