このページの本文へ移動
本ページでご紹介している機種の中には現在販売されていないものも含まれています。
また価格や制度の内容につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

ワイヤレスLAN構築/運用サポート

大規模システム向け アクセスポイント
FMWT-54シリーズ
 
通信規格 クライアント台数
FMWT-54AG IEEE802.11a
IEEE802.11b/g
(合計)
20台
20台
40台
IEEE802.11b規格に対応したクライアントとも通信可能
多数のクライアント接続にも対応し、大規模シテステムへの発展に対応
有線LAN(Ethernetケーブル)からの電源供給も可能(オプション機能)
セキュリティー規格「IEEE802.1X」に対応。さらに「WPA」にも対応
FMWT-54AG

小規模システム向け ブロードバンドルータ
FMWBR-201
最高速度 54Mbpsの高速通信が可能なIEEE802.11g規格に対応
小規模システム向け(推奨最大クライアント台数:約10台)
バックボーンに基幹LANを接続して、利用する「ブリッジモード」の他、ADSL等のブロードバンド回線に接続する場合の「ルータモード」のふたつを用意
セキュリティー/認証規格「WPA」に対応
FMWBR-201
>>詳細はこちら

■富士通ならではのワイヤレスLAN構築/運用サポート
富士通では、大規模オフィスや小規模オフィスなど、ご利用の規模と用途に応じた製品ラインナップを用意しているだけでなく、オフィス内レイアウトの変更、セキュリティーの構築といった、ワイヤレスLANの導入、運用に関するコンサルティングサポートを行う体制を整えています。また、基幹LANとの併用を希望されるお客様には、バックボーンの有線ネットワークシステムやマネージメントソフト(注1)と組み合わせたトータルなセキュリティーシステムの構築など、富士通ならではの豊富な実績により、さまざまなニーズにお応えします(注2)
(注1)富士通ネットワーク機能管理ソフト「Systemwalker Network Assist」との連携を予定。
(注2)詳細については、弊社担当営業にお問い合わせください。
■パソコンFMVシリーズや有線ネットワークとの親和性
総合情報機器メーカとして、パソコンFMVシリーズや、バックボーンのルータやスイッチなどと、動作確認/検証をしており、安心してご利用頂けます。
■セキュリティーシステムの構築
ビジネスでワイヤレスLANを使用する場合、一番のポイントはセキュリティーの確保です。富士通では128ビットWEP(Wired Equipment Privacy)によるデータの暗号化と、ユーザ認証方式「IEEE802.1X」に全機種対応。さらにWEPを進化させ「IEEE802.1X」の機能も取り込んだ新規格WPA(Wi-Fi Protected Access)にもいち早く対応。ビジネスでも安心してワイヤレスLANがご利用いただけます。
FMWT-54AG、FMWBR-201、FMV-JW481で対応。


特長 仕様 ワイヤレスLAN構築/運用サポート

▲ワイヤレスLANアクセスポイント トップページに戻る ▲TOPに戻る