このページの本文へ移動

電源制御ボックス FMRP-202

本ページでご紹介している機種の中には現在販売されていないものも含まれています。
また価格や制度の内容につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

FMRP-202は、パソコン/サーバの電源をネットワーク経由で制御可能な装置です。リモート電源制御はEthernet(TCP/IP)を介して行われます。 また、装置前面の押しボタンスイッチによりワンタッチで電源を制御します。

希望小売価格(税別):161,000円

動作機種
FMV-ESPRIMO / FMV-DESKTOPシリーズ
詳細はシステム構成図でご確認ください

特長

  • クライアント端末からLAN経由で本体装置の電源投入、切断(自動シャットダウン含む)が可能。(相手装置の電源の投入・切断を制御するコマンド群を提供)
    また、ホストコンピュータなどの既存装置からもLAN経由で電源投入が可能。(既存業務アプリケーションが相手装置と通信を行うだけで、相手装置の電源投入が可能)
  • 装置前面の押しボタンスイッチにより電源制御が可能。
  • 最大12ケ月のカレンダースケジュールによる自動電源制御が可能。
  • 最大6個のコンセント制御が可能。
  • UPS連携機能により、停電発生時に電源切断(自動シャットダウン含む)が可能。

仕様

品名 電源制御ボックス
型名 FMRP-202
コンセント数 6個
コンセント形状 平行2Pアース付き(抜け止め防止機構付)
コンセント容量 最大15A(5A×5個,10A×1個)(AC100V用)
制御インタフェース RS-232C(サーバまたはPC本体のCOM1ポート常時使用)
LAN接続 Ethernet(100Base-TX/10Base-T)
サポートLANプロトコル TCP/IP
UPS接続 FMUP-201
GP5SUP102
異常通知機能 LANによる通知、ブザー,LED

留意事項

  • 必須ハード:
     ・コンピュータ直結ケーブル(FMB-CBL501)
     ・ツイストペアケーブル、又は、AUIケーブル
     ・UPS接続用ケーブル(FMCBL617)[FMUP-201接続時のみ]
  • 必須ソフト:「Power MANagement for Windows V1.1」
  • Windows(R) XP Proにおいては、2002.1/下より対応予定です。