このページの本文へ移動

本ページでご紹介している機種の中には現在販売されていないものも含まれています。
また価格や制度の内容につきましては発表当時のものです。ご了承ください。
親指シフトキーボード FMV-KB211

親指シフトキーボード
特長
日本語入力コンソーシアム対応親指シフト配列準拠キーボードです。
希望小売価格(税別)
12,600円
動作機種
FMV-DESKPOWER / FMV-DESKTOPシリーズ
FMV-BIBLO / FMV-BIBLO LIFEBOOKシリーズ

仕様一覧
品名 親指シフトキーボード
型名 FMV-KB211
キー配列 親指シフト
インタフェース PS/2インタフェース
形状 本体とカールコードにて接続
ロールオーバー 機能  あり
リピート機能 あり
マウス インタフェース なし
外寸(WxDxH)[mm] 488x193x35
重量 1.6?
留意事項
  • Windows[R]98は、『OAK V5~』(OASYS V7/V6/V5、OASYS SuperOffice V7/V6、OASYS Office V5、OASYS Jr V2.0に含む)のみ対応。 (OAK V5の場合、「OAK V5」のWindows[R]98対応修正版が必要です。)
  • 富士通製の日本語入力システム(OAK V6.0、または、修正差分(http://www.fmworld.net/adownload.html より入手可)を加えたOAK V5.0)あるいは、MS-IME97をご使用ください。ただしMS-IME97を使用した場合、親指シフトキーボード特有のキー(‘~’、‘『’、‘』’、‘£’など)は、入力できません。
  • コントロールパネルの「キーボード」の「全般」で、キーボードの種類の変更を選択し、「すべてのデバイスを表示」を選択して、一覧から「富士通FMV親指シフトキーボード」を選択してご利用ください。
  • Windows(R) 95 または Windows(R) 98 にOAKをインストールした後、システムを WindowsNT(R) にアップデートする場合には、OAKを標準の言語から外した後に WindowsNT(R) にアップデートしてください。また、WindowsNT(R) にアップデートした後、OAKの再インストールを行ってください。
  • コマンドプロンプト画面では、日本語入力ができません。なお、「富士通FMV親指シフトキーボード」の制限については、system32フォルダ内のreadme.wriに記述された「Windows NTについての追加情報」を参照してください。