このページの本文へ移動


本ページで紹介している機種は、2000年10月および2001年2月発表のものです。中には現在発売されていないものも
含まれています。また価格や制度につきましては発表当時のものです。ご了承下さい。


Specification

LINEUP
品名 FMV‐6633CL6s FMV‐6667CL6c FMV‐6800CL6 FMV‐6933CL6
モデル カスタムメイド標準構成
型名
(注1)
Windows(R) 2000モデル FMV6CLA121 FMV6CLB121 FMV6CLX121 FMV6CLC121
WindowsNT(R) 4.0モデル FMV6CLA101 FMV6CLB101 FMV6CLX101 FMV6CLC101
Windows(R) Meモデル FMV6CLA171 FMV6CLB171 FMV6CLX171 FMV6CLC171
Windows(R) 98モデル FMV6CLA161 FMV6CLB161 FMV6CLX161 FMV6CLC161
Windows(R) 95モデル(注13) FMV6CLB1Z1 FMV6CLX1Z1 FMV6CLC1Z1
CPU Intel(R)
Celeron(TM) プロセッサ(633MHz)
Intel(R)
Celeron(TM) プロセッサ(667MHz)
Intel(R)
Pentium(R) lllプロセッサ(800EB MHz)
Intel(R)
Pentium(R) lllプロセッサ(933MHz)
チップセット VIA社製 ProSavage(TM) PL133 Chipset Intel社製 810E Chipset
システムバス 66MHz (注14) 133MHz (注14)
キャッシュメモリ 1次 32KB(CPU内蔵)
2次 128KB(CPU内蔵) 256KB(CPU内蔵)
メインメモリ 標準 64MB(注2) (SDRAM)
最大 512MB(256MB×2)
内蔵FDD 3.5インチ(3モード 1.44MB/1.2MB/720KB)
内蔵HDD(注4) 20.4GB(注2)
Ultra DMA対応 Ultra DMA/66
内蔵CD-ROM 最大24倍速/平均17倍速、IDE(注2)
内蔵ディスプレイ



CRT表示
(注5)
640×480ドット 1677万色
800×600ドット 1677万色
1,024×768ドット 1677万色
1,280×1,024ドット 65,536色 65,536色(注6)
1,600×1,200ドット
標準搭載LCD
グラフィックアクセラレータ チップセットに内蔵
VRAM容量 8MB (メインメモリと共用) 11~14MB (メインメモリと共用) (注15)
オーディオ機能(注7) Cirrus Logic社製 CS4299
インタフェース ディスプレイ アナログRGB Mini D-SUB15ピン×1(メス) アナログRGB Mini D-SUB15ピン×1(メス)、デジタル(DVI準拠)24ピン×1(メス)(注16)
キーボード/マウス PS/2タイプ Mini DIN 6ピン×2(キーボード専用×1、マウス専用×1)
シリアルポート RS-232C D-SUB9ピン×1(オス) (16550A互換)
パラレルポート セントロニクス準拠 D-SUB25ピン×1(メス)
サウンド Line-in、Line-out、マイク マイク、ヘッドフォン(フロント)、Line-in、Line-out(リア)
ネットワーク 100BASE-TX/10BASE-T対応 LANインタフェース(RJ45)×1、
Wakeup on LAN機能、Alert on LAN機能
(Alert on LAN機能はFMV-6633CL6s除く)
USBポート(注8) USBコネクタ 4ピン×2 USBコネクタ 4ピン×1(フロント)/×1(リア)
ファイルベイ
(注9)(注10)
フロント
[空き]
FDD専用×1[0]、CD-ROM専用×1[0]
内蔵[空き] HDD専用×1[0]
拡張バス[空き](注9) PCI(ハーフ)×2[2](注18)
キーボード OADGキーボード(109キー)添付(注2)
マウス Windows(R) 2000/WindowsNT(R) 4.0/Windows(R) Me/Windows(R) 98モデル:スクロール機能付マウス標準添付、Windows(R) 95モデル:2ボタンマウス標準添付
電源 入力電圧(注11)/周波数 AC100V(アウトレット付き)/50/60Hz
入力コンセント 平行2Pアース付き(2P変換プラグ付き)、アウトレット用ケーブル添付
消費電力 約33W 約28W
最大消費電力 75W 111W
省エネ法に
基づく
エネルギー
消費効率(注12)
Windows(R) 2000モデル R区分 0.0012 R区分 0.0010 R区分 0.0012 R区分 0.0010
WindowsNT(R) 4.0モデル R区分 0.019 R区分 0.012 R区分 0.014 R区分 0.012
Windows(R) Meモデル R区分 0.0013 R区分 0.0012 R区分 0.0010 R区分 0.0009
Windows(R) 98モデル R区分 0.0014 R区分 0.0014 R区分 0.0012 R区分 0.0010
Windows(R) 95モデル R区分 0.015 R区分 0.013 R区分 0.012
外形寸法(W×D×H) 80×325×305mm(縦置時、横置可)(注20)
重量(注9) 約6.5kg
使用環境 温度10~35℃,湿度20~80%
(注1) カスタムメイド標準構成とIDE-RAIDモデルの型名です。仕様変更後の型名につきましては「FMVシリーズシステム構成図」等をご覧ください。
(注2) カスタムメイドにより選択オプションの範囲内で仕様の変更が可能です。選択オプション、仕様変更後の型名、仕様変更に必要な型名につきましては「FMVシリーズシステム構成図」等をご覧ください。
(注3) IDE-RAIDモデルではカスタムメイドによる変更はできません。
(注4) ハードディスクは2つのパーティションに分割されています。パーティション1(Cドライブ)の容量は、Windows(R) 2000では4GB、それ以外のモデルは2GBで、パーティション2(Dドライブ)の容量はその残りのすべてとなります。なお、各パーティションのファイルシステムは以下の通りです。
パーティション1 Windows(R) 2000モデル:FAT32、その他のモデル:FAT
パーティション2 Windows(R) 2000/WindowsNT(R) 4.0モデル:NTFS、Windows(R) Me/Windows(R) 98/Windows(R) 95モデル:FAT32
(注5) 表示モードについては、接続するディスプレイとの組み合わせにより表示できない場合があります。接続するディスプレイがサポートしている表示モードをご確認の上接続してください。
(注6) アナログ出力のみ表示可能です。
(注7) スピーカは別売となります。
(注8) USBポートはWindows(R) 2000/Windows(R) Me/Windows(R) 98/Windows(R) 95(4.00.950B以降)でのサポートとなります。
(注9) 空ベイ、空スロットの数、重量はともにカスタムメイド標準構成時のものであり、選択されたオプションにより異なります。
(注10) 標準搭載のデバイスを取外してのストレージベイの使用はできません。
(注11) 最大供給電流: 約3.0A/100V(300W)
(注12) エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を、省エネ法で定める複合理論で除したものです。
(注13) Intel(R) Pentium(R) lllプロセッサの「ストリーミングSIMD拡張命令」は、Windows(R) 95上のアプリケーションからは使用できませんのでご注意ください。
(注14) 標準搭載/増設用メモリは100MHz対応です。
(注15) Intel(R) Dynamic Video Memory Technology(DVMT)を使用しており、パソコンの動作状態によりメモリ容量が変化します。
(注16) アナログインタフェースからとデジタルインタフェースからの同時出力はできません。
(注17) ハーフサイズのバスへ搭載可能なカード長は、上・中段176mm、下段120mmまでとなります。
(注18) ハーフサイズのバスへ搭載可能なカード長は、上下段とも176mm(FMV-6633CL6sの下段は120mm)までとなります。
(注19) 縦置き時は添付の縦置き用フットを使用して下さい。縦置き用フット装着時は200×386×361mm(W×D×H)となります。また、横置き時、本体の上におけるディスプレイは17型(但し、19kg以下)までとなります。
(注20) 縦置き時は添付の縦置き用フットを使用して下さい。縦置き用フット装着時は160×322×325mm(W×D×H)となります。また、横置き時、本体の上におけるディスプレイは17型(但し、19kg以下)までとなります。
(注21) ディスプレイ部分垂直時。
(注22) IDE-RAIDモデル選択時は40.0GBのHDDを2基搭載し、IDE-RAIDカードでPCI×1を占有します。FMV-610GTX6、6866TX6の場合はフロントアクセス対応のため、5インチベイ×2を占有し、HDD専用ベイ×2が空きベイとなります。
(注23) メモリを追加/変更する場合は、同じ容量のメモリを2枚1組で搭載する必要があります。
[CL]ラインアップカスタムメイド|仕様|ソフトウェア TXSL|CL|CXML▲戻る▲


HOMELineupCustommadeManageability|Specification|PeripheralsSupportSoftware