このページの本文へ移動

本ページで紹介している機種は、2007年1月発表のものです。中には現在発売されていないものも含まれています。 また価格や制度につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

FMV-K5230 製品詳細

ラインナップ一覧はこちら

製品詳細 仕様 外観 カスタマイズ  
FMV-K5230

省スペースでハイパフォーマンスを発揮する、液晶一体型スタイリッシュPC。

希望小売価格(注) (税別):141,000円~
(税込):148,050円~

(注) キーボードなしモデルの価格です。

OS Windows(R) XP Professional 正規版
CPU Intel(R) Core(TM)2 Duo T5600(1.83GHz)
Intel(R) Core(TM) Duo T2300E(1.66GHz)
Intel(R) Celeron(R)M 410(1.46GHz)
チップ
セット
モバイル Intel(R)
945GM Express
メモリ 256MB/ 512MB/ 1GB/ 2GB(DDR2-667)(注1)
HDD 40GB(SATA)
80GB(SATA)
160GB(SATA)
ODD 薄型CD
薄型DVD
薄型DVD-ROM&CD-R/RW
薄型スーパーマルチ
USB2.0 サイド×4 スロット なし 内蔵FDD なし
3.5インチ
(3モード)
LAN 1000BASE-T/ 100BASE-TX/ 10BASE-T

注1:Celeron(R) M 搭載時では、実際はDDR2-400での動作になります。

*標準構成では内蔵FDDが搭載されませんのでご注意ください。

ソフトウェア オプション  
カタログ マニュアル カスタムメイド/オプション一覧(システム構成図)

搭載OS

Microsoft(R) Windows(R) XP Professional 正規版 搭載。

Kシリーズ筐体特長

カウンター業務に適した、すっきりとしたケーブル収納

ケーブル類をコネクタカバーの下に収納し、カバー下部へ通すことができます。

※カスタムメイドでシリアル/パラレルポート追加時を除く。

ユーザビリティを追求した筐体設計

モバイルCPUを搭載することで筐体の小型化と発熱量を徹底して削減

モバイルチップセットを使ったメインボードと組み合わせることにより、筐体の大幅な小型化を実現。

また、モバイルCPUの低電力テクノロジを活かし、従来のデスクトップ機に比べ、大幅な消費電力のカットを実現しています。

通常消費電力比較

※標準構成(カスタムメイドしていない構成)でOSを起動させた状態での本体のみの測定値です。

パフォーマンス

CPU対応表

対応機 CPU名 クロック周波数 2次キャッシュ デュアルコア DEP
K5230 Core2 Duo T5600 1.83GHz 2MB
Core2 Duo T2300E 1.66GHz 2MB
Celeron M 410 1.46GHz 1MB
×

2MBの「大容量2次キャッシュメモリ」

デュアルコアCPU、インテル(R) Core(TM)2 Duo プロセッサーを搭載可能

2つのコアが2次キャッシュ内でデータを共有することで、キャッシュを最大限活用することが可能。効率的な処理により、パフォーマンスアップを実現。

性能比較表

※SYSMark2004 の SYSMark2004Rating スコアによる。

データ実行防止機能(DEP)

ワームやウイルスによってメモリに大量のデータが送り込まれ、プログラムが暴走するバッファ・オーバーフローが引き起こされる危険があります。 この機能を持ったCPUと、Windows XP Service Pack2を組み合わせることで、バッファ・オーバーフローを防ぎます。

情報を効率的に表示するデュアルモニタ

筐体側面のディスプレイインターフェース(アナログ)にディスプレイを接続することで、デュアルモニタ機能がグラフィックカードなどの追加なしに標準で使用できます。

セキュリティ

インターフェースの物理的ロックによる情報漏えい対策

コネクタカバーを別売の鍵で施錠することにより、各ポートをロックすることが可能になります。接続している周辺機器などの盗難も防ぎます。

オプションメニュー

タッチパネルユニット(15型のみ)

ペンタッチで画面に直接ポインティング可能なタッチパネルユニットをご用意。