このページの本文へ移動

本ページで紹介している機種は、2007年4月発表のものです。中には現在発売されていないものも含まれています。 また価格や制度につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

FMV-ESPRIMO 6つのこだわり 信頼性


システム復旧・データ復旧や厳しい品質管理で、高い信頼性を実現

毎日、長時間使われるハードな環境に耐え、大切なデータをしっかりと守らなければならないビジネスパソコン。
富士通は信頼性にもこだわりを持ち、企業向けデスクトップパソコンの長年の取り組みによるノウハウと、その圧倒的な出荷台数を背景にした多数のお客様からの豊富な意見を開発工程にフィードバックし、 ビジネスパソコンに求められる厳格な品質基準を確立しています。

StandbyDisk Solo/スタンバイレスキューLite

StandbyDisk Solo D5340 D5245 D5240 D5140 K5240 W5240
スタンバイレスキュー Lite D3240 K3240

1台のHDD上でCドライブのシステムを瞬時に復旧

  • HDDのCドライブの使用容量と同容量をスタンバイ・エリアとして確保し、内容を定期的に保存します。
  • HDDのCドライブの起動エリアに障害が発生した場合でも、最終バックアップ時の状態に簡単かつ非常に短時間で復旧できます(ハードウエア故障を除く)。

注意:Windows Vista(TM) Business 搭載モデルでは、StandbyDisk Soloは選択できません。「スタンバイレスキュー Lite」は定期的なバックアップができません。任意の一時点でのバックアップとなります。

StandbyDisk Soloの仕組み

起動エリアの完全なバックアップをスタンバイ・エリアに作成します。 障害時にはレスキュー起動により、スタンバイ・エリアからシステムが起動します。 以後は、旧起動エリアが現在の起動エリアのスタンバイ・エリアになります。
  • インストール後のCドライブに現在の使用量と同等以上の空き容量が必要です。
  • CドライブはNTFS/FAT32フォーマットである必要があります。
  • ダイナミックディスクはサポートしておりません。
  • FMV-D5340/D5245/W5240のRAIDモデルには追加できません。
  • 市販のバックアップ/リカバリソフトをインストールした場合、正しく動作しないことがあります。市販のソフトウェアをご購入する際は、事前に販売元へご確認ください。

Easy Backup

全機種

データ(ファイル・フォルダ)をハードディスクの別の場所(任意のフォルダ)に簡単に保存したり、逆に保存されているデータを元の場所に簡単に復元したりすることができます。 「お気に入り」「マイドキュメント」「デスクトップ」のデータや、「任意のファイル・フォルダ」を指定してバックアップすることが可能。バックアップを行っておけば、誤って大切なデータを削除してしまった場合でも、元の場所にデータを復元することができます。 バックアップしたファイルやフォルダは、バックアップ時と同じOSやソフトのバージョンのみ、復元可能です。

高信頼性への取り組み

部品レベルからこだわり、高信頼性を実現しています。

安全/高信頼の
部品採用

安全、高信頼の実現に向け、部品の採用段階から厳しい評価を行い、最良の部品を厳選しています。高電圧/高エネルギーとなる電源部については、部品故障を想定したテストを行い安全/高信頼を実現するよう部品採用を行っています。

安定稼働への配慮

装置の安定稼働のために熱流体解析を行い、装置内部の高発熱ユニットの放熱について設計段階から配慮しています。さらに、接合部品(メモリ/内蔵カード/内蔵記憶装置など)には接触抵抗や異種金属接合の影響を最小限に抑えるコネクター(金メッキ/同質素材)を採用し、抜け防止や誤挿入防止機構も取り入れ、安定稼働を実現しています。

使用環境への配慮

FMVシリーズは電磁妨害波規格VCCI(情報処理装置等電波障害自主規制協議会)に適合し、国際安全規格IEC60950-1に準拠しています。また、オフィスへの設置に配慮した静音設計を行い、さらに非梱包状態での振動試験を行うなど使用環境にも配慮しています。

システム試験

高電圧/低電圧のDC電圧変動やカタログ仕様での保証温度を超えた温度環境下といった高負荷環境下でのシステム試験を行っています。

こちらのURL(http://www.fmworld.net/biz/fmv/product/feature/)からの評価試験の様子がムービーでご覧になれます。