このページの本文へ移動

富士通のFeliCaソリューション

ソリューション紹介 先進導入事例 開発物語
FeliCa対応ソリューション
セキュリティソリューション 出退勤管理 社員食堂自動精算システム トータル・ソリューション
セキュリティソリューション
<PC>
図a セキュリティ全方位対策
図を拡大表示
図b 連携のイメージ
図を拡大表示
PCに関わるセキュリティ上の脅威には、大きく4つの類型があります。具体的には、(1)なりすましなどの不正アクセス、(2)情報漏えい、(3)盗難、(4)ウイルス感染によるシステム破壊。富士通の「FMV LIFEBOOK」シリーズは、90年代後半から、これらの脅威に対して全方位で対策をしてきました(図a)。

不正アクセス対策としては、非接触ICカード技術方式「FeliCa」のほか、接触型ICカード「スマートカード」や指紋センサー、セキュリティボタンによる本人認証があります。

情報漏えいに対しては、まず暗号鍵やパスワードの保存機能を持つセキュリティチップ。ICカードや指紋センサーなどと連携してセキュリティ環境を実現します(図b)。またPC廃棄の際などにハードディスクのデータが、外部に流出するのを防ぐツールを標準で添付しています。さらに盗聴への対策として通信データを暗号化するIPSecに対応しています。

2004年10月には、FeliCa対応リーダ/ライタを内蔵したノートPCを世界で初めて発表しました。不正アクセスと情報漏えいの両面でセキュリティがさらに高まりました。もちろん、機密情報をガードするセキュリティチップも搭載しています。また、盗難防止のケンジントンロックにも対応するなど、PCへの脅威に対して、全方位での対策が施されています。

ちなみに、ソニーの開発したFeliCaはJR東日本のSuica、JR西日本のICOCAに加えて、NTTドコモの携帯電話にも採用されており、非接触ICカード技術方式のデファクトスタンダードともいうべき存在。すでに国内で3600万枚、世界で累計6300万枚以上が出荷されています。(2004年10月末現在)






<入退室管理>
入退室(館)管理
図を拡大表示
セキュリティを高めるためには、PCの管理とともにオフィス空間の安全性を高めるための配慮も欠かせません。そこで重要になるのが、外部からの不正侵入を防ぐ入退室管理。FeliCaによって、利便性が高く効果的な入退室管理を実現できます。

FeliCaを利用した入退室ソリューションは、専用ソフトウェアによりPC上で簡単に運用することができます。ドア単位や時間単位での入退室管理、火災報知器と連動した開閉も可能。また、入退室履歴を残すことで、万一の不祥事が発生した場合の解析にも役立ちます。

従来から接触型ICカードを使った入退室管理は行われてきましたが、その場合、ケースから取り出してスロットに差し込む必要があります。これに対して、非接触のFeliCa対応カードでは首にぶら下げたケースごとアンテナにかざすだけ。カードを一日中ケースに入れたまま仕事ができるので、室内にカードを置き忘れて入室できなくなるといった事態も起こりにくくなります。
出退勤管理
出退勤管理
図を拡大表示
勤務状況の管理にもFeliCaは有効。出退勤管理を行うアプリケーションと組み合わせたソリューションで、効率的な人事管理を実現します。

FeliCa対応カードで個人認証を行い、その上で業務アプリケーションにアクセス。勤務スケジュールの作成、勤務実績の照会、休暇の申請手続きなどを、PCの簡単な操作で行えます。

一方で、管理者側の業務効率も向上します。たとえば、出退勤管理と給与管理の仕組みを連携させて、勤務状況に応じた給与計算を自動化することも容易です。また、パートやアルバイトの多い職場での勤務シフト表の作成、給与計算など、面倒な作業も大幅に軽減します。
社員食堂自動精算システム
キャッシュレス
図を拡大表示
料理を載せたICタグ付の皿をトレイに置くだけで、単品の金額やカロリー、合計金額などを表示。決済方法も多様です。FeliCa対応カードやEdyカード、クレジットカードなどのICカードだけでなく、リライト式のプリペイドカード、給与控除にも対応します。もちろん、現金での精算もできます。

食堂管理用のパッケージソフトと連動して、日次や週次などでの月報作成、時間帯別売上高管理、残食管理などの帳票を出力することも可能。よりよいメニューの作成による従業員満足度向上、効率的な食堂運営に役立てることができます。
トータル・ソリューション
カードの中にIDとパスワードを格納できるFeliCa対応社員証は、その認証機能を生かして社内の様々な用途にトータル活用することができます。

まず、出退勤管理や入退室管理、PC利用管理に使えば、物理環境とネットワーク環境の両方をよりセキュアな状態に保つことができます。Felica対応社員証によるPCのログオン管理、さらに各種業務アプリケーションのログオン管理も可能。社員の属性に応じたアクセス権限の付与、あるいはアクセス履歴の管理も容易です。

FeliCa対応社員証を導入する際には、既存の業務アプリケーションに変更を加えることなくFeliCa対応のシステムをアドオンすることができるのも大きなメリット。この特長を生かせば、Webアプリケーションなどを改造しなくても、シングルサインオンと同等の機能を簡単に実現できます。

さらに、社員食堂や売店、自販機でのキャッシュレス決済、厚生施設利用管理などにも、同じFeliCa対応社員証で対応可能。社員の利便性向上にも役立ちます。

図E 富士通のICカードソリューション
図を拡大表示

※ FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
※ FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。

BACK NEXT

FUJITSU TOP FeliCa関連製品