CPU

本パソコンに搭載されているCPUで使用できる機能は、次のとおりです。

重要
  • ここで説明するCPUの各機能は、Windows Vistaモデルの場合、およびWindows XPモデルで、Microsoft® Windows® XP Service Pack 2セキュリティ強化機能搭載(以降、Windows XP SP2)をインストールした場合のみお使いになれます。その他のOSをお使いになる場合の動作保証はいたしません。
    なお、Windows XPモデルには、あらかじめWindows XP SP2がインストールされています。

■ エグゼキュート・ディスエーブル・ビット機能

エグゼキュート・ディスエーブル・ビット機能は、Microsoft® Windows Vista®のデータ実行防止(DEP)機能、およびMicrosoft® Windows® XP Service Pack 2セキュリティ強化機能搭載(以降、Windows XP SP2)のデータ実行防止(DEP)機能と連動し、悪意のあるプログラムが不正なメモリ領域を使用することを防ぎます。
この機能を有効にするか無効にするかは、BIOSセットアップで設定します。ご購入時は、有効に設定されています。
この機能を有効にした場合は、次のようになります。

  • Windows Vistaの場合
    • 「パフォーマンスオプション」ウィンドウの「データ実行防止」タブに、「お使いのコンピュータのプロセッサは、ハードウェアベースのDEPをサポートしています。」と表示されます。
POINT
  • 「パフォーマンスオプション」ウィンドウを表示する方法は、次のとおりです。
    1. 「スタート」ボタンをクリックします。
    2. 「コンピュータ」を右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」をクリックします。
    3. 「システムの詳細設定」をクリックします。
    4. 「ユーザーアカウント制御」ウィンドウで「続行」をクリックします。
      「続行」が表示されず管理者アカウントが表示されている場合は、そのアカウントのパスワードを入力してから「OK」をクリックします。
    5. 「システムのプロパティ」ウィンドウの「詳細設定」タブで、「パフォーマンス」の「設定」をクリックします。
      「パフォーマンスオプション」ウィンドウが表示されます。
    • データ実行防止(DEP)機能がウイルスやその他の脅威を検出した場合、「[ソフトウェア名称]は動作を停止しました」という画面が表示されます。この場合は、「プログラムの終了」をクリックして、表示される対処方法に従ってください。
  • Windows XPの場合
    • 「システムのプロパティ」ウィンドウの「全般」タブに、「物理アドレス拡張」というメッセージが表示されます。
    • データ実行防止(DEP)機能がウイルスやその他の脅威を検出した場合、「データ実行防止」ウィンドウに「コンピュータ保護のため、このプログラムはWindowsにより終了されました。」というメッセージが表示されます。
      この場合は、「データ実行防止」ウィンドウの「その他の詳細情報を表示します。」をクリックして表示される対処方法に従ってください。

■ 拡張版Intel® SpeedStep® テクノロジー(EIST)

拡張版Intel® SpeedStep® テクノロジーは、実行中のソフトウェアのCPU負荷に合わせて、Windowsがプロセッサーの動作周波数および動作電圧を自動的に低下させる機能です。
この機能を有効にするか無効にするかは、「電源オプション」ウィンドウまたは「電源オプションのプロパティ」ウィンドウで設定します。

■ インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー

インテル® バーチャライゼーション・テクノロジーは、本機能をサポートするVMM(仮想マシン・ソフトウェア)をインストールすることによって、仮想マシンの性能と安全性を向上させるための機能です。
この機能を有効にするか無効にするかは、BIOSセットアップで設定します。ご購入時は、無効に設定されています。