このページの本文へ移動
本ページで紹介している機種は、2003年10月-2004年7月発表のものです。中には現在発売されていないものも含まれています。また価格や制度につきましては発表当時のものです。ご了承下さい。

ラインナップ 活用シーン 高信頼性 ユーザビリティ ソフトウェア
オプション 各部名称 各種仕様一覧 マニュアル 注意事項

富士通独自の厳しい評価基準が生み出す、高い信頼性

Pocket LOOXは、毎日長時間使われるハードな環境を想定した厳格な品質基準に従い、落下、振動の繰り返しなどのさまざまな項目をチェックすることで、高い信頼性を実現しています。


製品評価試験

落下、振動、タッチスクリーンへのタッピング試験など、さまざまな項目を独自の厳しい評価基準でチェックしています。


衝撃試験

落下試験

Pocket LOOX本体に、3方向から衝撃をあたえ、動作をチェックしています。
衝撃試験イメージ
Pocket LOOX本体を落下させ、本体の強度をチェックしています。
落下試験イメージ

振動試験

タッチスクリーンへの一点加圧試験

Pocket LOOX本体に、3方向から振動をあたえ、動作をチェックしています。
振動試験イメージ
タッチスクリーンの一点に荷重を加え、タッチスクリーンの強度をチェックしています。
タッチスクリーンへの一点加圧試験イメージ

タッピング試験

スクラッチ試験

タッチスクリーンに本体添付のスタイラスペンでタッピングを繰り返し、破損などがないか、耐久性をチェックしています。
タッピング試験イメージ
タッチスクリーンに本体添付のスタイラスペンでスクラッチを繰り返し、破損などがないか、耐久性をチェックしています。
スクラッチ試験イメージ

コネクタの抜き差し試験

コネクタの耐久性を確認するため、CFカードスロット、SDカードスロット、ステレオヘッドホン端子などの各種インターフェースに対し、それぞれコネクタの挿抜を繰り返し、強度をチェックしています。

信頼性の高い設計

長年のモバイル機器開発に取り組んできた豊富なノウハウを活かして、メインボードなど基礎部分から高い信頼性を実現する設計を行っています。


メインボードの高品質設計

ネジの緩みを防ぐ「緩み防止ネジ」を採用

本体の安定動作のためには、各部品の要となるメインボードに高い品質が求められます。Pocket LOOXでは、メインボード上に配置された各回路や、チップの動作信号を検証・解析することにより、一層の高品質設計を行っています。
Pocket LOOXに使用している主要なネジには、特殊樹脂をネジ部に付着させる加工を施しています。このネジ表面の特殊樹脂を利用して、ネジの緩みを防止することにより、Pocket LOOXへの衝撃や振動に対する一層の堅牢性を維持しています。