このページの本文へ移動
本ページでご紹介している機種の中には現在販売されていないものも含まれています。
また価格や制度の内容につきましては発表当時のものです。ご了承ください。

FUJITSU Printer XL-9500

Printia LASER
XL-9500
業務系の本格的なプリントニーズに片面・両面共にモノクロ50ページ/分のクラス最速・高耐久で応えるハイスペックマシン。
グリーンマーク エコマーク
希望小売価格(税別):417,000円
高速&高耐久

基幹業務系の大量印刷を超高速と高耐久で効率的にサポート

クラス最速の50PPMと高耐久200万ページを同時に実現

高速プロセッサの採用により、片面・両面印刷共に最速50PPMを実現。 高速印刷と高耐久の両立を実現したことで、基幹業務系の大量印刷をはじめ、オフィスにおけるあらゆるプリントニーズの生産性を向上します。


高画質

高画質と高速印刷を同時に実現

リアル1,200dpiの高画質印刷でも高速プリント

1,200dpiのデータは縦横のドット数が倍増するため、一般的に600dpiより画像作成処理が遅くなります。 XL-9500はエンジンの持つ処理性能を最大限に発揮させることで、エンジンスピードはそのままで、リアル1,200dpiに対応することができます。

安定した高画質が可能な「EAトナー(注)」を採用

トナーの粒子が球形に近い均一な形状のEAトナーを採用したことで、再生紙のような表面の荒い用紙を使用しても高品質で安定した画質を実現しました。

(注)EAトナー:Emulsion Aggregation(乳化重合凝集法トナー)。


操作性

高速印刷を支える優れた操作性

フィニッシャーの採用により、大量の用紙排出と充実した後処理を実現

フィニッシャーの装着により、排紙容量が標準の500枚から最大3,800枚ストックが可能になりました。 また、多部数丁合い出力の効率を高めるソート出力によるホチキス止めの自動処理や、パンチ穴処理、1部ごとに左右にずらして出力できるオフセット出力など、後処理機能も充実しています。

大量出力に対応した最大3,500枚の大容量給紙

給紙は標準で550枚×2段(1,100枚)、手差しトレイ100枚の合計1,200枚を搭載。 さらに、オプションの拡張給紙ユニットを搭載することで、最大3,500枚の大量給紙が可能となります。 また、はがきサイズからA3サイズまでの幅広い用紙サイズに対応し、手差しトレイからは、はがきの直接宛名印刷も可能です。

プリンタ管理ソフト「Printianavi」対応で、効率的な運用が可能

プリンタ管理ソフト「Printianavi」に対応することで、印刷中のステータスがプリンタアイコンやポップアップウィンドウでわかりやすく確認できます。 また、エラーリカバリー機能により、万が一の紙詰まりを解除する際にプリンタの電源を切ってしまった場合でも、プリンタの電源を再投入することで、エラーページから自動再印刷をすることが可能です。