このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. School Tablet >
  3. スクールタブレットで小学生がロボットプログラミング

製品やソリューションなど、幅広い情報をご提供します。School Tablet

SPECIAL REPORT スクールタブレットで小学生がロボットプログラミング 〜千葉県の一宮町立小学校の6年生がロボットの組み立てとプログラミングに挑戦〜 千葉県一宮町は、富士通のスクールタブレット「FUJITSU Tablet ARROWS TabQ506/ME」を導入し、町全体で小学校のICT利活用教育に積極的に取り組んでいる。一宮町立の2つの小学校では2016年2月、6年生の授業でタブレットを使ったロボットのプログラミングに挑戦した。2月29日に行われた一宮町立一宮小学校6年3組の授業の模様をレポートする。

ICT利活用教育に取り組む千葉県一宮町

千葉県一宮町と富士通は共同で、一宮町立の小学校(一宮小学校、東浪見小学校)において、すべての普通教室で富士通のスクールタブレット「FUJITSU Tablet ARROWS Tab Q506/ME」を使用できるICT環境を構築した。その背景には、ICTを利活用した教育に取り組むことで、子どもたちが楽しみながらICTに慣れ親しめること。そして、教育を通して住民の定住化や子育て世代の移住を推進していく狙いがあるという。

ICTを活用した教育で、町の未来を育てていく

一宮町教育委員会 教育課

渡邉 幸男 課長

 千葉県一宮町は、九十九里浜の南端に位置し、人口1万2452人(2016年3月1日時点)。首都圏への通勤圏にある自治体として、人口増の傾向にある。一方で、高齢化や、大学進学・就職による若い世代の転出という課題も抱えているという。同町では、国の地方創生上乗せ交付金事業でICT利活用教育を進めることで、定住の促進や子育て世代の移住増加につなげる施策をスタートした。

 一宮町教育委員会教育課の渡邉幸男課長は、「一宮町は都内へ電車で1時間ほどの立地であり、生涯暮らすことができる町です。ICTスキルが必須となる社会の中で、ICTをはじめ教育に力を入れ、子育てをしやすい環境を整えていくことが、子育て世代の移住や定住につながると考えています」と話す。

 同校では以前から、パソコン教室での授業に取り組んでいた。今回、新たにタブレットを導入した意図は、教室外へも持ち運べるモバイル性と使いやすさにあるという。「感覚的に操作ができるタブレットとロボットの組み合わせは、子どもたちにとって親しみやすいものだと思います。まずは、ICTやプログラミングに興味を持ってもらうことが大切ですので。将来的には、こういった授業をきっかけとして、生徒たちの中から地元でIT関連の会社を起業してくれる人が出てきてくれたら嬉しいですね。そういった意味でも、ICT機器だけでなく教育ソリューションにも力を入れている富士通さんには期待しています」(渡邉課長)

タブレットを用いた、ロボットプログラミング授業

 今回、行われたロボットプログラミング授業は、

  • 1 レゴブロックで2輪走行ロボットを組み立てる。
  • 2 タブレットを用いてプログラムを作成し、ロボットにアップロード。
  • 3 ロボットの動作を観察し、ブログラムを修正する。

 という流れだ。生徒一人に一台富士通のスクールタブレット「FUJITSU Tablet ARROWS Tab Q506/ME」と、レゴ ジャパンのロボット教材「教育版レゴ マインドストーム EV3」を配布し、富士通エフ・オー・エムのスタッフが授業の進行を担当した。はじめてプログラミングを体験する児童でも、タブレット画面に触れながら、直感的にプログラミングができるようにしていることが特長だ。

電子黒板を使い、ロボットの組み立て方を説明する富士通エフ・オー・エムのスタッフ。

説明書を見ながら、レゴブロックのパーツをつなぎ合わせて、2輪走行ロボットを組み立てていく。

組立が終わったロボット。2つの車輪を制御することで、
さまざまな動作が可能。壁との接触を感知するセンサーも搭載。

1人に1台のスクールタブレットを用いてプログラミングを学ぶ

 ロボットの組み立てが終わり2時限目の授業が始まった。ここでは児童1人に1台のスクールタブレット
「FUJITSU Tablet ARROWS Tab Q506/ME」が配られ、プログラミングを学んでいく。プログラミングは、タッチ操作で行えるようになっており、児童はすぐに理解できたようだ。

タブレットを起動し、プログラミングソフトを用いて、
「進む」「曲がる」「回転する」などの動作をプログラミングしていく。
コンパクトなスクールタブレットは周りに色々な物があるデスクの上でも扱いやすい。

プログラミングは、動作を指示するパーツをタッチ操作で組み合わせていくことで、
直感的に行なえる。タッチパネルの追従性も良好だ。

USBケーブルでタブレットと2輪走行ロボットをつなぎ、
作成したプログラムをロボットにアップロード。

設定したプログラム通りに動くかを、机の横のスペースで確認。
実際に自分たちがつくったプログラム通りに動くロボットを見て、
子どもたちからは歓声が上がっていた。
今回の授業は、組み立てたロボットをすぐに動かせる学内の小ホールで実施した。
自由に持ち運んで、最適な場所で学べることもタブレットの利点だ。

ロボットの動作をキーボードからの数値入力で調整する生徒。
スクールタブレット「FUJITSU Tablet ARROWS Tab Q506/ME」は、
今回の授業のようにキーボードをつないだ状態でも、タブレットだけでも活用できる。

さらに複雑なプログラムを設定し直し、ロボットを動かしていく。
タブレットのある机と動作確認のスペースを駆け足で往復する姿が、授業の楽しさを物語っていた。

タブレットはこのように充電機能付きの保管庫に収められている。
保管庫はキャスター付きで自由に移動できる(写真左)。
タブレットとロボットを組み合わせたプログラミングの授業は先進的だ(写真右)。

タブレット導入で、授業の可能性が広がっていく

 富士通のスクールタブレットを用いて、はじめてロボットのプログラミングに挑戦した児童たち。タブレットならではのタッチ操作によって、見る見るうちにプログラミングに習熟していく様子が印象的だった。

 授業後に感想を聞くと、「モノをつくったり、動かしたりするのが好きなのでいい経験になった」「小数点とかも出てきて、プログラムを微調整しながらロボットを動かすのは難しかった。だけど、その分、楽しかった」「また、タブレットやロボットを使った授業をやってほしい!」などのコメントがあり、いつもの授業とは違う体験を通して、感じたことや学んだことも多かったようだ。

一宮町立一宮小学校

中嶋 彩乃 教諭

一宮町立一宮小学校

近藤 宏明 校長

 6年3組の担任の中嶋彩乃教諭はこの授業について、「1人1台のロボットとタブレットを使うことで、普段の授業よりも生徒たちが意欲的に取り組んでいたことが印象的でした。まだタブレットは導入したばかりですが、持ち運べるのでどこの教室でも使えることは便利だと思います。社会の授業などで生徒に資料を見せたい時、以前はパソコン教室に移動していたことを考えると、時間の効率化という意味でも大きなメリットを感じています」と話す。

 同校の近藤宏明校長は、今後の展望について次のように話してくれた。

 「自分が作ったプログラム通りにロボットが動くことを通して、生徒一人ひとりが自主的に動いていたのは良かったと思います。本校において、ICT利活用教育はスタートしたばかりですが、“授業改善”は今後期待することの一つです。例えば、タブレットを用いて、体育の授業で体操や跳び箱のフォームを撮影したり、社会科見学や理科実験を記録して考察したりするなど、さまざまな展開を考えています。富士通のスクールタブレットは水滴や埃にも強いので野外で使う時も安心だと思います。タブレットの活用を広げていくことで、生徒たちが主体的に学べる教育環境を整えていきたいですね」

情報元
:教育とICT Online
記事タイトル
スクールタブレットで小学生がロボットプログラミング

Intel Inside® 効果的なソリューションを

  • インテル® Core™ プロセッサー
  • インテル® Core™ i7 プロセッサー
  • インテル® Core™ i5 プロセッサー
  • インテル® Core™ i3 プロセッサー
  • インテル® Atom™ プロセッサー
  • インテル®

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、
Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

Intel Inside® 効果的なソリューションを

富士通パートナー及び当社担当営業とお取引があるお客様は直接担当者へお問い合わせください。
電話でもご注文・ご相談を承りますので、下記窓口までご連絡ください。

富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話 0120-933-200
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)