1. ホーム >
  2. FUJITSU PCセキュリティラボ >
  3. よくあるご質問

FUJITSU PC Security Lab.

富士通がお勧めする Windows.

よくあるご質問

Q1
手のひら静脈認証の特徴は何ですか?
Answer

静脈は体内情報なので、偽造が困難なため、「なりすまし」のリスクがありません。
また、センサーに手をかざすだけの簡単な動作、かつ、非接触なので衛生的で認証速度も速いです。

Q2
手のひら静脈は人によって異なりますか? 双子の場合はどうですか?
Answer

はい、異なります。
双子の場合でも異なります。

Q3
季節や環境の影響はありますか?
Answer

寒さや暑さ、乾燥や湿気による影響はありません。

Q4
汗をかいていても認証できますか?
Answer

一般的な汗の量であれば影響はありません。

Q5
手のひらに汚れや傷があっても認証できますか?
Answer

場所や程度によりますが、1割程度の汚れや傷なら残りの9割を使って認証可能です。なお、両手を登録できますので片方の手で認証ができない場合、登録しておけばもう片方の手で認証することができます。

Q6
偽造される可能性はありませんか?
Answer

体内情報である静脈パターンのため偽造は大変困難です。

Q7
人体への影響はありませんか?
Answer

人体への影響はありません。

Q8
手のひら静脈認証技術は富士通独自の技術ですか?
Answer

手のひら静脈認証技術は富士通グループが開発した独自技術です。

Q1
どのようなシステムや製品で使用されていますか?
Answer

ATMや入退室管理システムから、モバイルノートPCやタブレットといったスマートデバイスへの内蔵まで幅広く使用されています。

Q2
手のひら静脈認証センサーをPCで使いたいのですが、内蔵PC以外の選択肢はありますか?
Answer

外付けオプションとして、外付け手のひら静脈認証センサー、手のひら静脈認証センサー内蔵キーボード/マウスを提供していますので、富士通製以外のPCでも手のひら静脈認証をご利用頂けます。

Q3
手のひら静脈認証センサーをPCで利用するメリットは何ですか?
Answer

OSや業務システムにログインする際に、予め手のひら静脈情報を登録しておけば、ID/パスワードを入力する必要がなくログインすることが可能です。
ID/パスワードをシステム毎に覚える必要がなくなるため、パスワードの複雑化や定期変更の煩わしさから解放される等の点が挙げられます。また、タブレットやモバイルPCに内蔵することで、セキュリティとモビリティを両立させ、社外でも安心なスマートデバイス活用ができます。

Q4
手のひら静脈認証センサー搭載PCを既存の業務システムで利用するにはシステム改修が必要ですか?
Answer

富士通は手のひら静脈認証センサー内蔵PCだけでなく、専用サーバ(Secure Login Box)および専用ソフト(SMARTACCESS)も含めワンストップでソリューションとしてご提供しており、基本的に既存の業務システムに対して改修なしに追加できるため、非常に簡単に生体認証ソリューションを導入頂けます。

Q5
手のひら静脈認証センサー搭載PCはどこで買えますか?
Answer

法人のお客様向けのみのご提供となりますので、当社営業または販売パートナー、または以下のお問合せ窓口までご相談をお願いします。

富士通購入相談窓口 0120-996-186
受付時間 9時〜19時

Q1
現在どれくらいの企業が生体認証システムを導入しているのですか?
Answer

弊社が2014年11月に実施した調査によれば、従業員規模100人以上企業におけるPC端末での生体認証システム利用率は14.2%です。
また、1000人以上の企業においては23%が使用し、約4社に1社が導入していることになります。

Q2
手のひら静脈認証システムを導入するには何が必要ですか?
Answer

手のひらの静脈パターンを読み取るためのセンサー(センサー内蔵PCまたは外付けセンサー)、認証のための専用ソフト(「SMARTACESS/basic」または「SMARTACESS/Premium」)、および運用形態によっては専用サーバ(「Secure Login Box」)が必要です。
尚、富士通製法人向けPCの一部には、「SMARTACESS/Basic」が標準添付されています。

Q3
手のひら静脈認証センサーをPCで使いたいのですが、センサー内蔵PC以外の選択肢はありますか?
Answer

外付けオプションとして、外付け手のひら静脈認証センサー、手のひら静脈認証センサー内蔵キーボード/マウス等を提供しています。また、別売りの専用ソフト「SMARTACESS/Premium」をお求めいただくことで、富士通製以外のPCでも手のひら静脈認証をご利用頂けます。詳しくはこちらをご覧ください。
(富士通フロンテックのパームセキュア製品ページ)

Q4
手のひら静脈センサー内蔵PCを導入すれば、すぐに業務システムにおいてID・パスワードによる認証が不要になりますか?
Answer

手のひら静脈センサー内蔵PCには認証ソフト「SMARTACCESS/Basic」が標準添付されているため、1台のみのスタンドアロン運用であれば、そのまますぐに静脈認証によるWindows や業務システムへのログオンが可能です。
さらに、別売りの「SMARTACESS/Premium」と専用サーバ「Secure Login Box」用いて管理者側でユーザー情報を一元管理することで、利用端末を選ばない各種ログオンが可能になります。

SMARTACCESSについての詳細な情報は、こちらをご覧ください。
Secure Login Boxの詳細な情報は、こちらをご覧ください。

Q5
一度に全台入替えは難しいのですが、段階的に生体認証PCを導入し、業務システムで利用する事(パスワード認証との併用)は可能でしょうか?
Answer

可能です。
1台から切り替え、業務システムへのログオンについて生体認証と既存の認証方法(ID・パスワード)を併用していただけます。

Q6
業務システムとの照合はどのような仕組みで行われるのですか?
Answer

生体認証システム側で生体情報とパスワードを管理し、ユーザーに代わって業務システムに自動ログインする仕組みとなります。
手のひら静脈情報を暗号化し、複数の業務システムのID・パスワード情報と紐づけて一元管理および認証する専用サーバと、ID・パスワードを自動入力する専用ソフトによって、手をかざすだけで、自動で業務システムにログオンが可能になります。

Q7
手のひら静脈認証センサーPCを既存の業務システムで利用するにはシステム改修等が必要ですか?
Answer

富士通は手のひら静脈認証センサー内蔵PCだけでなく、専用ソフト「SMARTACESS」、および専用サーバ「Secure Login Box」までワンストップでソリューションとしてご提供しており、既存の業務システムの改修なしで追加できるため、非常に簡単に生体認証ソリューションを導入頂けます。

Q8
静脈認証の運用を開始するためには複雑なセットアップ作業が必要ですか?
Answer

「Secure Login Box」は生体認証ソリューションの専用アプライアンス型サーバなので、アプリケーションのインストールや複雑な初期設定を行うことなく、ネットワークに接続するだけで即運用可能です。

Q9
最大でどれくらいのクライアントPC(ユーザー)の一元管理が可能ですか?
Answer

専用サーバ「Secure Login Box」の2台セットで3000ユーザー、4台まで増設することで最大6000ユーザーの登録が可能です。

Q10
PC利用者の手のひら静脈情報はどうやって登録するのでしょうか?
Answer

PC利用者が手のひら静脈パターンを各自のPC端末で簡単に撮影・登録できます。
撮影時間は約1秒、照合速度は約1秒以下が標準です。

Q11
手のひら静脈センサー搭載PCは、手のひら静脈センサー非搭載の富士通製PCと比べた場合、1台あたりどれぐらいの価格差がありますか?
Answer

導入台数によって変わりますが、富士通の法人向けPC/タブレットのカタログ表記価格では、平均すると1台あたり15,000〜20,000円程度となっています。

Q12
ユーザーデータを一元管理するサーバ「Secure Login Box」がダウンする可能性は?
Answer

基本構成は2台1セットとなっており、正副運用でデータを相互補完し認証を分散することで、万が一1台が故障しても業務を継続することができる信頼性の高いシステムを実現しています。

Q13
シングルサインオンはできますか?
Answer

シングルサインオン運用も可能です。
一度、生体認証によるログオンを行えば、次にログオンするアプリケーション、業務システムへは専用ソフト「SMARTACCESS」が自動的にログオンします。業務システムごとに生体認証を行わない運用が可能です。

Q14
生体認証システムを導入することで、情シス担当にとってどのようなメリットがありますか?
Answer

生体認証システム側で生体情報とパスワードを管理し、ユーザーに代わって業務システムに自動ログインするため、ユーザー自身がID・パスワードを管理する必要がなくなります。
これにより「パスワード忘却時の問い合わせ」「定期的なパスワード変更作業」「複数システム毎のIDやパスワードの統合管理業務」などの工数が削減できます。

Q15
導入後、認証できないなどエラーが発生した場合の対応はどうなりますか?
Answer

「SMARTACESS/Premium」ではお客様のQ&Aなどにお応えするサポートデスクサービス(有償)をご提供しております。または、富士通の担当営業にお問い合わせお願い致します。

富士通パートナー及び当社担当営業とお取引があるお客様は直接担当者へお問い合わせ
ください。
電話でもご注文・ご相談を承りますので、右記窓口までご連絡ください。

富士通購入相談窓口

0120-996-186受付時間 9時〜19時

Intel Inside® 飛躍的な生産性を

  • インテル® Core™ i7 vPro™ プロセッサー
  • インテル® Core™ i5 vPro™ プロセッサー
  • インテル® Atom™ プロセッサー

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、
Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。