このページの本文へ移動

シンクライアント

省スペースデスクトップ型

省スペースデスクトップ型 FUTRO S900 製品情報
FUTRO S900 製品情報
省スペースデスクトップ型 FUTRO A300 製品情報
FUTRO A300 製品情報

ノート型

15.6型ワイド A4ファイル・モバイル FUTRO MA552 製品情報
FUTRO MA552 製品情報
12.1型ワイド B5ファイル・モバイル FUTRO MP702 製品情報
FUTRO MP702 製品情報

(注)本製品は「XenApp™/Citrix Presentation Server™」など、サーバシステムとのネットワーク接続によるシンクライアント・ソリューションへの適用を前提とした製品であり、単体での利用を目的としたものではありませんのでご注意願います。詳細は下記のソリューションをご参照ください。

富士通が提供するシンクライアント・ソリューション

サーバ・ベースド・コンピューティング(SBC)方式のCitrix XenApp™と、仮想PC方式のCitrix XenDesktop™、VMware View™の3ソリューションを提供。

SBC方式/仮想PC方式ともに、サーバ側にアプリケーション、データを一元管理し、端末側は画面表示のみ行うため、オフィスのPCにくわえ、モバイルPCの情報漏洩対策やTCO削減を実現できます。

【サーバ上のソフトウェアを遠隔操作して利用】・クライアントOSやデバイスに依存しない柔軟性。・シンプルで管理性と生産性が向上。・クライアントにデータが残らないので安全。 【画面イメージとキーボード/マウス信号だけを暗号化して送受信】・実データをネットワークに流さないので安全。・細いネットワークでも高速。 【クライアントソフトウェアをサーバにインストールして実行】・集中化により管理性と安全性が向上。・サービスレベルが向上。

シンクライアントソリューションについて、詳しくはこちら もご覧ください。

SBC方式と仮想PC方式について

SBC方式 サーバ上のアプリケーションを共同で利用するサーバ・ベースド・コンピューティング(SBC)方式
仮想PC方式 サーバ上に仮想クライアント環境を構築し、各環境でアプリケーションを利用する仮想PC方式

SBC方式と仮想PC方式の対比図

SBC方式(XenApp™)の特長

  • サーバ上のアプリケーションを複数ユーザーで共同利用するので、アプリケーションの導入/修正が一回で済み、高い管理効率を実現。
  • モバイル環境においても、転送効率が良いICAプロトコルを利用することにより、帯域の狭いWAN環境でも 良好なレスポンスが期待できます。

仮想PC方式(XenDesktop™、VMware View™)の特長

  • 仮想PCイメージを複数のユーザーで共有して運用する場合、アプリケーションの導入/修正作業が一括で行えます。
    また、各ユーザー個別に仮想PCイメージを作成することもでき、柔軟なユーザー環境を構築可能です。
  • サーバOS上でアプリケーションを動作させるSBC方式(XenApp)の課題だったアプリケーション対応(互換性問題)が、仮想PC方式ではクライアントOSを動作させるため、大多数のアプリケーションを修正/変更なく動作させることができます。

機能比較概略

  SBC方式 仮想PC方式
導入コスト
アプリケーションの統制
アプリケーションの互換性

各ソリューションと端末の対応状況

方式 ソリューション名 FUTRO S900 FUTRO A300 FUTRO MA552 FUTRO MP702
SBC XenApp™ 対応アプリケーションプレインストール済み 対応アプリケーションプレインストール済み 対応アプリケーションプレインストール済み 対応アプリケーションプレインストール済み
仮想PC XenDesktop™ 対応アプリケーションプレインストール済み 対応アプリケーションプレインストール済み 対応アプリケーションプレインストール済み 対応アプリケーションプレインストール済み
VMware View™ 対応アプリケーションプレインストール済み 対応アプリケーションプレインストール済み 対応アプリケーションプレインストール済み 対応アプリケーションプレインストール済み

対応アプリケーションプレインストール済み : 対応アプリケーションプレインストール済み。
: 動作確認済み(アプリケーションのインストール作業が必要です)クライアントプログラムのインストールは「カスタムメイドプラス」をお奨めします。

シンクライアントシステム構築に最適なPCサーバPRIMERGY

コンパクトサーバから、ラックマウント、ブレードまで 幅広いラインアップ を提供。

製品名 コンパクトサーバ
TX120 S3
タワー/ラック型サーバ
TX140 S1
ラック型サーバ
RX200 S7
ブレードサーバ
BX920 S3
外観 TX120 S3の外観写真 TX140 S1の外観写真 RX200 S7の外観写真 BX920 S3の外観写真
特長 インテル® Xeon® E3ファミリーを搭載可能な高信頼1WAYコンパクトサーバ インテル® Xeon® E3ファミリーを搭載可能。多彩なCPUラインナップでオフィス運用を実現する1WAYタワー/ラック型サーバ 省スペース化を追求しながら高い信頼性を実現した高さ1Uの2WAYラック型サーバ 高密度、高性能で汎用性の高いブレードサーバ

富士通が提供するクラウドコンピューティングサービス

-ワークプレイス-LCMサービス(エンドユーザITインフラの運用管理)-

ハード/ソフトを自社導入せずに、仮想デスクトップ(シンクライアント)環境を月額サービスでご利用頂けます。
予め用意されたシンクライアント基盤を利用することにより、新たに構築した場合よりもスピーディな導入が可能です。
※月額サービスでご提供している方式は、SBC方式(XenApp)および仮想PC方式(XenDesktop)です。

また、パソコンや複合機などのIT資産の調達・展開から、導入後の運用、撤去に至る作業までマルチベンダー対応にてサービスとしてご提供します。
ワークプレイス-LCMサービス(エンドユーザITインフラの運用管理)

関連リンク

パソコン情報サイト(法人向け)に関するアンケートを実施しています。

アンケートを実施しています。 新しいウィンドウで表示
今後のホームページ作りの参考にいたしますので、よろしければご協力ください。