このページの本文へ移動

FUTRO MU937 製品詳細

FUTRO MU937外観写真
シンクライアント
13.3型 B5ファイル・モバイル
FUTRO(ヒューロー) MU937

ワークスタイル変革に必要とされるモビリティを追求
セキュアなモバイル運用を実現

カタログ(PDF) マニュアル

快適なモバイル活用を可能にする超軽量コンパクト筺体

質量約799g(注)、薄さ約15.5mmとモビリティーを追求した13.3型の超軽量端末。
(注)標準バッテリー搭載時の場合。

シンクライアントシステム構築に必要最小限のOS、アプリケーションを搭載

Windows 10 IoT Enterprise 2015 LTSB、Citrix Receiver 4.6以降、VMware Horizon Client 4.3以降、サポートナビ、富士通ハードウェア診断ツール、リモートデスクトップ接続 10など、シンクライアントシステム構築に必要最小限のOSおよびアプリケーションソフトを、内蔵フラッシュメモリに格納しています。

各種I/O、インターフェースの利用抑止が可能

フラッシュメモリへの書込保護機能により、利用者によるドライバー/ユーティリティのインストールを制限できます。また、インターフェース制限ユーティリティ「Portshutter Premium」により、情報漏えいの原因となるUSBメモリなどのI/Oの利用を端末ごとに制限することで、高いセキュリティ環境を構築できます。

無線LAN(カスタムメイド)・データ通信製品双方に対応

カスタムメイドでIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠無線LANに対応。また、各種データ通信製品によるモバイル通信に対応しています。

FUJITSU Software Systemwalker Desktop Patrol

Systemwalker Desktop Patrolは、パソコンや周辺機器(プリンタやFaxなど)のICT資産全体を、セキュリティ管理と資産管理の両面から一元管理します。ソフトウェアライセンス管理をはじめ、セキュリティ監査、セキュリティパッチの自動配付・適用、使用禁止ソフトの設定、廃棄パソコンのデータ完全消去および、リモート操作が可能となります。

※本製品について詳しくは製品情報ページをご覧ください。

電話会議でのカメラ利用

カスタムメイドオプションのWebカメラを搭載すると、顔を見ながらの電話会議にご利用いただけます。

確かな信頼性と扱いやすさを実現

衝撃、振動、加圧試験など富士通独自の厳しい社内基準をクリアした高剛性ボディです。

外出先や移動中など通信環境に左右されずにプレゼンテーションができる(注1 )
ソリューション「ZENMU for PC & USBメモリ追加」(注2)

  • カスタムメイド

外出先で資料を見たい。プレゼンテーションをしたい。しかし、通信環境が悪く仮想デスクトップサービスを安定してご利用いただけない場合、秘密分散ソフト「ZENMU for PC & USBメモリ追加」(注2)を使い予めZENMUドライブにデータを分割保存すれば閲覧することが可能です。
また、シンクライアント端末の内蔵ストレージとUSBメモリに分割して保存をするため、端末が盗難や紛失にあっても、ファイルを復元することができなくなります。

注1: Microsoft Officeなどのオフィスアプリケーションはお使いいただけません。
注2: 秘密分散技術(AONT方式)により、ファイルを分割・統合するソフトです。単独では意味をなさないデータとして分散管理するため、全てが集まらないとファイルを復元できません。

シンクライアント端末にUSBメモリを接続するとZENMUドライブ(仮想ドライブ)が生成され、端末内とUSBメモリに分割保存されているデータから、情報を復元します。USBメモリを取り外すとZENMUドライブが消えるので、情報にアクセスすることはできなくなります。

  • データの一時持ち出し利用を想定しています。元データはサーバなどに保管し、ZENMUドライブには複製データを保存してください。
  • USBメモリはカスタムメイド型名で同時手配されるUSBメモリをお使いください。それ以外のUSBメモリについては保証いたしません。
  • ZENMU for PCの利用にあたっては、USBメモリに入っているZENMU for PC & USBメモリ追加のマニュアルに従って、事前にインストールと設定が必要です。

関連リンク