個人のお客様はこちら

         

FMWORLD[法人]

ダウンロードライブラリー


人手不足、採用難の時代に急務となる働き方改革。優秀な人材を繋ぎ止めるために
人手不足の深刻度について前年よりも深刻度が増していると回答した企業は52.1%となりました。慢性的な人手不足は、労働の長時間化により現場の疲弊とビジネスの停滞を招きます。疲弊が続くと離職者が増え人手不足のスパイラルに入ってしまいます。また、人手不足は受注機会があったとしても仕事を取りに行けないという機会損失の発生も引き起こしています。このコンテンツでは、こういった人手不足の現状や各企業の対策など調査データを利用して解説します。

失敗しない働き方改革とは?PDCAサイクルに応じて押さえるべき4つのポイント
働き方改革に取り組む企業は増えつつあるなかで、働き方改革のために実施している施策が形骸化し働き方改革が頓挫している企業が発生しているのも事実です。国を挙げて注目されている働き方改革が頓挫した背景には何があったのでしょうか。働き方改革に失敗した企業にはいくつかの共通の特徴があること見えてきました。このコンテンツでは、働き方改革を成功に導くための4つのポイントを解説します。

情報漏えいを恐れてのノートPC持ち出し禁止は、働き方改革に逆行。手間を掛けず低コストで実現するセキュアなノートPC運用
採用難の現在、まず企業が取るべき人手不足への対策は既存従業員の離職を防ぎ、新たな人材を登用しやすい「勤務体系の多様化・柔軟化」を提供できる職場作りです。そのための有効策がテレワークなのですが、持ち出しノートPCの盗難や紛失による情報漏えいを恐れてテレワークの実施に消極的な企業も未だに存在します。このコンテンツでは、安価に安全なテレワークを実現するために必要なセキュリティ機能とその効果を解説します。

働き方改革の質に差が出るIT環境。テレワークで家庭向けデバイスを使用することで起きるリスクとロス
現在販売されているノートPCやタブレット端末には、企業向けと家庭向けの2種類がありますが、その違いをきちんと理解できているユーザーは少ないようです。主に企業向けデバイスと家庭向けデバイスの違いは3つあります。 「高度なセキュリティ機能」、「さまざまなビジネスシーンに適した機能」、「運用効率」の3つです。このコンテンツでは、テレワーク用のPCを選ぶ際に参考となる検討すべきポイントを解説します。

「ワークスタイル変革」の今、そして未来
富士通は、これまでも企業のワークスタイル変革に対して、様々なソリューションを提供し、社内実践も含めて取り組んできました。昨今、「働き方改革」という言葉が着目されるようになり、企業のワークスタイル変革はますます加速しています。テクノロジーの進化により自由度が増し変革の過渡期にある今、富士通が考えるワークスタイル変革についての利用シーンと事例をご紹介します。




超軽量薄型ビジネスPCで、ワークスタイルを変革しよう。