個人のお客様はこちら

         

FMWORLD[法人]

ワークスタイル変革に役立つ!
富士通のソリューションのご紹介

あなたの会社の業務をもっと便利で快適に、もっとセキュアで安全に変えていく、
富士通ソリューションをご紹介します。

手のひら静脈認証

手のひら静脈認証が、面倒なパスワード入力から解放。
認証セキュリティ対策を飛躍的に強化させる。

手のひら静脈認証は富士通が誇る独自の技術です。日本だけでなく、世界60ヶ国、7000万人に利用されています。
IDやパスワードを使ったこれまでの認証方式に較べ、手のひら静脈は体内情報のため、忘れたり、無くしたり、ということがありません。
記憶の限界に起因するパスワードの使い回しや忘却、なりすましによる情報漏えいのリスクを抑制します。

手のひら静脈認証のポイント

高い安全性
静脈は個人ごとに異なる体内情報なので、盗まれ難く、偽造によるなりすましが困難。
高い認証精度
手のひらの静脈は本数が多く複雑なため、高精度の識別能力を発揮。
高い受容性
手のひらは血管が太いため寒暖に左右されにくく、誰でも安定した認証が可能。
完全非接触
センサーに触れずに操作可能なため、利用者の抵抗感が少ない。
高速認証
認証処理の高速化で、1秒以下の体感認証時間を実現。

手のひら静脈認証の動作原理

導入メリット

利用者にとってのメリット
利用者は手のひらをかざすだけの簡単認証。
パスワードを記憶する必要がないので漏えいやなりすましを防止できます。
Windowsログインやアプリケーションログインを静脈で行い、
簡単な設定だけでシングルサインオンを実現。業務の効率化に役立ちます。
システム管理者にとってのメリット
忘却対応やパスワードの定期変更が不要になり、運用コストが削減できます。
経営者にとってのメリット
パスワードの漏えいリスクが低減し、セキュリティレベルが向上します。
誰が、いつ、どのシステムにログオンしたか、認証履歴を残すことができ、
不正アクセスを抑止する効果があります。

導入イメージ

  • 登録は簡単。手のひら静脈センサーに手をかざして撮影。
    撮影した画像から静脈パターンを抽出し、HDDにデータを格納します。
  • クライアントソフト(AuthConductor Client Basic)が、各種アプリケーションのログイン画面を検知し自動で起動。本人確認後、ログインに必要な情報(IDやパスワード)を自動入力します。
  • 新たにサーバーをご用意いただく必要はありません。お使いのファイルサーバーなどを使って、認証方法やシングルサインオンの有無など、システム管理者が決めた運用ポリシーを集中管理することができます

ご注意

  • 手のひら静脈センサーには複数の種類があります。センサーによって作成される手のひら静脈データが異なるため、他の種類のセンサーとの間にデータの互換性がありません。
  • 「手のひら静脈センサーが内蔵されたパソコン」と「外付けタイプの手のひら静脈センサーが接続されたパソコン」が混在する場合は、以下をご覧になって適切なセンサーをお選びください。


手のひら静脈センサーの選び方
– 外付けタイプのセンサーが「PalmSecure-SLセンサー」の場合
カスタムメイドで「PalmSecure-SLシリーズ互換」を選択。
– 外付けタイプのセンサーが「PalmSecure-F Pro」、「PalmSecure-F Lite」の場合
カスタムメイドで「PalmSecure-Fシリーズ互換」を選択。
SMARTACCESSシリーズをご利用の場合のご注意
SMARTACCESS/Premium(別売)、SMARTACCESS/Virtual(別売)ではカスタムメイドの「PalmSecure-Fシリーズ互換」をサポートしていません。「PalmSecure-SLシリーズ互換」を選択してください。
なお、「PalmSecure-Fシリーズ互換」は受注生産となります。詳細は弊社営業または販売パートナーまでお問い合わせください。