個人のお客様はこちら

         

FMWORLD[法人]

ワークスタイル変革に役立つ!
富士通のソリューションのご紹介

あなたの会社の業務をもっと便利で快適に、もっとセキュアで安全に変えていく、
富士通ソリューションをご紹介します。

手のひら静脈認証

手のひら静脈認証が、面倒なパスワード入力から解放。
認証セキュリティ対策を飛躍的に強化させる。

手のひら静脈認証は富士通が誇る独自の技術です。日本だけでなく、世界60ヶ国、7000万人に利用されています。
IDやパスワードを使ったこれまでの認証方式に較べ、手のひら静脈は体内情報のため、忘れたり、無くしたり、ということがありません。
記憶の限界に起因するパスワードの使い回しや忘却、なりすましによる情報漏えいのリスクを抑制します。

手のひら静脈認証のポイント

高い安全性
静脈は個人ごとに異なる体内情報なので、盗まれ難く、偽造によるなりすましが困難。
高い認証精度
手のひらの静脈は本数が多く複雑なため、高精度の識別能力を発揮。
高い受容性
手のひらは血管が太いため寒暖に左右されにくく、誰でも安定した認証が可能。
完全非接触
センサーに触れずに操作可能なため、利用者の抵抗感が少ない。
高速認証
認証処理の高速化で、1秒以下の体感認証時間を実現。

手のひら静脈認証の動作原理

導入メリット

利用者にとってのメリット
利用者は手のひらをかざすだけの簡単認証。
パスワードを記憶する必要がないので漏えいやなりすましを防止できます。
Windowsログインやアプリケーションログインを静脈で行い、
簡単な設定だけでシングルサインオンを実現。業務の効率化に役立ちます。
システム管理者にとってのメリット
忘却対応やパスワードの定期変更が不要になり、運用コストが削減できます。
経営者にとってのメリット
パスワードの漏えいリスクが低減し、セキュリティレベルが向上します。
誰が、いつ、どのシステムにログオンしたか、認証履歴を残すことができ、
不正アクセスを抑止する効果があります。

導入イメージ

  • 登録は簡単。手のひら静脈センサーに手をかざして撮影。
    撮影した画像から静脈パターンを抽出し、HDDにデータを格納します。
  • クライアントソフト(SMARTACCESS)が、各種アプリケーションのログイン画面を検知し自動で起動。本人確認後、ログインに必要な情報(IDやパスワード)を自動入力します。
  • SMARTACCESSと専用サーバ(Secure Login Box)を導入すれば、ユーザーデータ(生体データ、ID、パスワード等)を一元管理でき、多人数のユーザーやグループの情報を一括して登録することも可能。お客様ネットワークに接続すれば簡単にセッティングできます。

動画

  • 情報流出のリスクから企業を守る
    「手のひら静脈認証」のご紹介①

  • 高い認証精度を誇る
    「手のひら静脈認証」のご紹介②



超軽量薄型ビジネスPCで、ワークスタイルを変革しよう。