個人のお客様はこちら

         

FMWORLD[法人]

ワークスタイル変革に役立つ!
富士通のソリューションのご紹介

あなたの会社の業務をもっと便利で快適に、もっとセキュアで安全に変えていく、
富士通ソリューションをご紹介します。

Secure Login Box

生体情報などの認証に必要なハードとソフトが一体の
セットアップ済みアプライアンス型サーバ

Secure Login Boxは、さまざまなセキュリティデバイスでの認証に必要なソフトを全てインストールした専用機です。
登録したユーザー情報とパスワード情報を紐付けて一元管理し、Windowsログオンや業務システムへのログオン時に、
手のひら静脈認証などによるID/パスワードの入力代行を可能にします。

Secure Login Boxのポイント

簡単設定
Secure Login Boxをネットワークに接続し、専用ユーティリティをインストールするだけでセットアップ完了。既存システムの改修は不要。
安心運用
利用者データ(生体情報など)はSecure Login Boxに格納して一元管理。端末に依存しない運用が可能。
効率運用
人事異動時のユーザーの登録・削除も、迅速に一括処理。
安定運用
2台1セットの基本構成で、データの二重化と冗長性を実現。業務の継続性を向上。
連携管理
CSV形式のファイルで他のID管理システムと連携。トータルなID管理が可能。
低コスト
必要なソフトをインストールし、サーバOSなどのライセンス費用も不要。初期費用を抑制。

ユーザーの認証情報一元管理の仕組み

ユーザーの認証情報一元管理の仕組み

導入メリット

利用者にとってのメリット
手のひら静脈などによる代行入力で、システム毎に異なるID /パスワードを記憶する必要がなくなります。
システム管理者にとってのメリット
忘却対応やパスワードの定期変更が不要になり、運用コストが削減できます。
経営者にとってのメリット
パスワードの漏えいリスクが低減し、セキュリティレベルが向上します。
認証履歴を残すことができ、内部不正を抑止する効果があります。

導入イメージ

  • 登録は標準で3000 ユーザーまで。
    多人数のユーザーやグループの情報を一括して登録することができます。
  • 登録したデータは、Secure Login BoxのDBへ暗号化して格納。
    認証時の通信データも暗号化し、強固な安全性を実現しています。
  • 端末側を「モバイル運用モード」に設定することで、
    外出先から社内のSecure Login Boxにアクセス可能になります。
  • Secure Login Boxから、ユーザー情報を端末にダウンロードしておけば、
    オフライン環境でも利用が可能です。
  • 誰が、いつ、どのシステムにログインしたか、詳細なアクセスログを取得でき、
    システムの運用状況がいつでも簡単に把握できます。

ネットワーク運用事例

ネットワーク運用事例

動画

  • アプライアンス認証サーバ
    「Secure Login Box」のご紹介



超軽量薄型ビジネスPCで、ワークスタイルを変革しよう。