個人のお客様はこちら

         

FMWORLD[法人]

どちらも待ったなし、Windows10移行と働き方改革対応
ムダの少ない賢い選択は?

続きは、こちらからお読みいただけます

資料をダウンロード

Windows7の延長サポートの終了が2020年1月に迫ってきた。多くの企業でWindows10への移行を計画するために現状把握や要件整理など準備が進められている。Windows10は名称こそ「Windows」だが、これまでのWindowsとは、まるで異なるコンセプトのオペレーティング・システム(OS)だ。Windows10への移行は、これまでのWindowsのバージョンアップのような、単なるPCの入れ替えにとどまらないシステム全体の見直しと再構築が必要になる。

また現在のタイミングは、2018年6月の働き方改革関連法案の成立を受けて、働き方改革への取り組みが、あらゆる企業にとって喫緊の課題となり早急な対応を求められている状況だ。そのためテレワーク採用など働き方改革の推進に向けてICT活用と検討が進んでいるが、ICTの選定を間違うと失敗する事例もあるため現場ニーズの把握などが必要だ。

システム全体の見直しを必要とするのはWindows10移行だけではなく、働き方改革のためのICT環境整備でも同様なため、Windows 10移行に伴うデスクトップ仮想化(VDI)導入やPC入れ替えの計画段階で、「働き方改革」を視野にいれた計画をすることが必要であり、ひいてはそれが効率的なIT投資につながるということを留意しておくべきだ。どちらを優先するのではなく同時進行で進める際に注意すべきポイントと、働き方改革におけるICT活用のポイントを解説する。

Windows 10移行と働き方改革のICT活用には共通点が多いため、同時に検討することがICTへの二重投資を避けることにも繋がる。コンテンツでは、間違ったICT選定による失敗事例も紹介しているので、働き方改革を推進している経営者・管理職の読者には一読をお薦めする。

続きは、こちらからお読みいただけます

資料をダウンロード
ワークスタイル変革における富士通の強みとベネフィット

ワークスタイル変革における
富士通の強みとベネフィット

もっと詳しく
購入のご相談は、
弊社営業または販売パートナーまで
お問い合わせください。