このページの本文へ移動

WEBMART

Q&Aナンバー【0109-9586】更新日:2014年7月10日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows 8.1/8] 無線LANでインターネットに接続できません。

対象機種とOS (全て表示)
対象機種 すべて
対象OS Windows 8.1 、他・・・

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

回答

無線LANでインターネットに接続できないときの対処方法は、次のとおりです。

重要
無線LANでインターネットに接続するには、無線LANアクセスポイントのネットワーク名(SSID)や、ネットワークセキュリティキーが必要です。
分からない場合は、無線LANアクセスポイントのマニュアルをご覧になるか、提供元にお問い合わせください。



1番目の確認項目省電力状態を解除する

一部の機種には、パソコンを省電力状態(省電力モード)に移行して、無線LANなど一部の機能を停止させるアプリが付属しています。
アプリが付属している場合は、省電力状態を解除し、インターネットに接続できるかどうかを確認します。

お使いの機種に応じた項目を確認してください。

  1. 2013年10月発表モデル以降
  2. 2012年冬モデル〜 2013年6月発表モデル

2013年10月発表モデル以降

一部の機種に、ステータスパネルスイッチが付属しています。
付属機種や使い方などは、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aステータスパネルスイッチについて教えてください。


2012年冬モデル〜 2013年6月発表モデル

一部の機種に、省電力ユーティリティが付属しています。
付属機種や使い方などは、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A省電力ユーティリティについて教えてください。



2番目の確認項目ネットワーク診断を実行する

ネットワーク診断を実行し、インターネットに接続できない原因を特定して、対処します。
ネットワーク診断を実行する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aネットワーク診断を実行する方法を教えてください。(2009年冬モデル以降)


ネットワーク接続が無効です

「ネットワーク接続が無効です」と表示される場合は、ネットワーク接続が無効になっている可能性があります。
「ネットワーク接続有効」ボタンをクリックし、ネットワーク接続を有効にします。

ネットワーク接続有効

対処後に、「ネットワーク診断」の画面左にある「再診断」をクリックし、もう一度診断結果を確認します。


電波を発信していません

次のいずれかの可能性があります。

  • OSの機能で「Wi-Fi」の電波が切断されている

  • OSの機能で「機内モード」が「オン」になっている

  • ワイヤレススイッチがOFFになっている(LIFEBOOK / STYLISTICのみ)

「電波発信」ボタンがクリックできるかどうかによって、操作が異なります。

対処後に、「ネットワーク診断」の画面左にある「再診断」をクリックし、もう一度診断結果を確認します。


無線LANプロファイルが未登録です

「無線LANプロファイルが未登録です」と表示される場合は、無線LANプロファイルが登録されていません。

次の手順で、無線LANプロファイルを作成します。


操作手順

  1. 「ネットワークに接続」ボタンをクリックします。

    ネットワークに接続

  2. 「ネットワーク」が表示されます。
    一覧から、接続するネットワーク名(SSID)をクリックします。

    接続するネットワーク名(SSID)

  3. 「接続」ボタンをクリックします。

    アドバイス
    「自動的に接続する」を有効にしたい場合は、「自動的に接続する」をクリックしてチェックを付けます。

    接続

  4. 「ネットワークセキュリティキーを入力してください」と表示されます。
    ネットワークセキュリティキーを入力します。

    ネットワークセキュリティキーの入力

  5. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  6. 次のいずれかのメッセージが表示されます。
    「はい」または「いいえ」をクリックします。

    • このネットワーク上のPC、デバイス、コンテンツを探し、プリンターやTVなどのデバイスに自動的に接続しますか?

      Windows 8.1の場合

    • PCの共有をオンにしてこのネットワークのデバイスに接続しますか?

      Windows 8の場合

  7. 「ネットワーク診断」の「再診断」をクリックし、もう一度診断結果を確認します。

    再診断

無線LANアクセスポイントが見つかりません

「無線LANアクセスポイントが見つかりません」と表示される場合は、無線LANアクセスポイントの電源が入っていない、または電波が届いていない可能性があります。

無線LANアクセスポイントの電源が入っているかどうかを確認します。

無線LANアクセスポイントに問題がない場合は、設置環境を確認します。
確認する内容は、次のとおりです。

  • パソコンと無線LANアクセスポイントの距離が遠いときは、無線LANの電波が確実に届く範囲に設置し直す。

  • 遮蔽物(壁、ドア、天井、床、柱など)があるときは、遮蔽物がない位置に設置し直す。

  • Bluetooth ワイヤレステクノロジー機器や通信機械など、異なる規格の無線機器が近くにあるときは、ない場所に設置し直すか、それらの電源を切る。

  • そのほかの電気製品(特に電子レンジなど高周波を出す機械)が近くにあるときは、離れた位置に設置し直す。

  • 放送局や高圧電線が近くにあるときは、パソコンや無線LANアクセスポイントの位置や向きを変えてみる。

対処後に、「ネットワーク診断」の画面左にある「再診断」をクリックし、もう一度診断結果を確認します。

アドバイス
ルーターやアクセスポイントのステルス機能を有効にしている場合は、Windows の設定を確認してください。
詳しくは、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows 8.1/8] ステルス機能が有効なワイヤレスネットワークに接続する方法を教えてください。


無線LANアクセスポイントに接続していません

「無線LANアクセスポイントに接続していません」と表示される場合は、無線LANアクセスポイントに自動的に接続されていない可能性があります。

次の手順で、無線LANアクセスポイントに接続します。


操作手順

  1. 「ネットワークに接続」ボタンをクリックします。

    ネットワークに接続

  2. 「ネットワーク」が表示されます。
    一覧から、接続するネットワーク名(SSID)をクリックします。

    接続するネットワーク名(SSID)

  3. 「接続」ボタンをクリックします。

    アドバイス
    「自動的に接続する」を有効にしたい場合は、「自動的に接続する」をクリックしてチェックを付けます。

    接続

  4. 「ネットワーク診断」の「再診断」をクリックし、もう一度診断結果を確認します。

    再診断

アドバイス
ルーターやアクセスポイントのステルス機能を有効にしている場合は、Windows の設定を確認してください。
詳しくは、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows 8.1/8] ステルス機能が有効なワイヤレスネットワークに接続する方法を教えてください。


IPアドレスが無効です / デフォルトゲートウェイが無効です

「IPアドレスが無効です」または「デフォルトゲートウェイが無効です」と表示される場合は、IPアドレスが正しく取得できていない可能性があります。

「IPアドレス情報」欄の、「IPアドレスを自動的に取得する」に表示されている内容によって対処します。

IPアドレス情報の確認

  • 「無効」と表示されている場合
    固定にしているIPアドレスやデフォルトゲートウェイの設定が、正しいかどうかを確認します。
    設定を確認する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[Windows 8.1/8] IP アドレスの設定方法を教えてください。

    アドバイス
    IPアドレスを固定にする必要がない場合は、IPアドレスを自動的に取得する設定にすることをお勧めします。

  • 「有効」と表示されている場合
    「アドレス再取得」ボタンをクリックし、IPアドレスを正常に取得できるかどうかを確認します。

    アドレス再取得

対処後に、「ネットワーク診断」の画面左にある「再診断」をクリックし、もう一度診断結果を確認します。


DNSが無効です

「DNSが無効です」と表示された場合は、DNSサーバーの設定が正しくない可能性があります。
次の項目を確認します。

  • IPアドレスが固定で、DNSサーバーのアドレスが空欄になっていないかどうか確認する
    IPアドレスを固定にしている場合は、DNSサーバーのアドレスも入力する必要があります。
    DNSサーバーの設定を確認し、必要に応じて設定します。
    設定を確認する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[Windows 8.1/8] IP アドレスの設定方法を教えてください。

    アドバイス
    IPアドレスを固定にする必要がない場合は、IPアドレスを自動的に取得する設定にすることをお勧めします。

  • プロバイダーからDNSサーバーのアドレスを指定されているかどうか
    プロバイダーによっては、DNSサーバーを設定しないと、インターネットに接続できない場合があります。
    DNSサーバーのアドレスなどについては、ご契約のプロバイダーにお問い合わせください。

対処後に、「ネットワーク診断」の画面左にある「再診断」をクリックし、もう一度診断結果を確認します。


DNSの名前変換ができません

「DNSの名前変換ができません」と表示された場合は、プロバイダーから指定されているDNSサーバーのアドレスが、設定されていない可能性があります。

ご契約のプロバイダーでは、DNSサーバーのアドレスを指定する必要があるのかどうかを確認します。
ご不明な点は、プロバイダーにお問い合わせください。

対処後に、「ネットワーク診断」をもう一度実行して、診断結果を確認します。


インターネットアクセスができません

「インターネットアクセスができません」と表示された場合は、正しくないIPアドレスを設定しているか、無線LANプロファイルの設定が正しくない可能性があります。

「IPアドレス情報」欄の、「IPアドレスを自動的に取得する」に表示されている内容によって対処します。

IPアドレス情報の確認

対処後に、「ネットワーク診断」の画面左にある「再診断」をクリックし、もう一度診断結果を確認します。


インターネットアクセスが可能です

「インターネットアクセスが可能です」と表示された場合は、インターネットに接続できる状態です。

インターネットアクセスが可能です

Internet Explorer を起動し、ホームページが表示されるかどうかを確認します。
ホームページが表示されない場合は、ネットワーク診断を表示したまま、次の「無線LANプロファイルを再作成する」に進みます。



3番目の確認項目無線LANプロファイルを再作成する

作成済みの無線LANプロファイルを削除し、もう一度無線LANプロファイルを作成します。
再作成した無線LANプロファイルでインターネットに接続できるかどうかを確認します。

手順は、次のとおりです。

重要
Windows 8.1は、無線LANプロファイルを削除できません。

Windows 8.1 Updateをインストールすると、無線LANプロファイルを削除できます。
Windows 8.1 Updateについて詳しくは、次のホームページをご覧ください。

My Cloud「Windows 8.1 Update」の提供開始と適用について


操作手順

  1. 「ネットワークに接続」をクリックします。

    ネットワークに接続

  2. 「ネットワーク」が表示されます。
    一覧から、接続するネットワーク名(SSID)を右クリックし、表示されるメニューから、「この接続を削除する」をクリックします。

    この接続を削除する

  3. 一覧から、接続するネットワーク名(SSID)をクリックします。

    接続するネットワーク名(SSID)

  4. 「接続」ボタンをクリックします。

    アドバイス
    「自動的に接続する」を有効にしたい場合は、「自動的に接続する」をクリックしてチェックを付けます。

    接続

  5. 「ネットワークセキュリティキーを入力してください」と表示されます。
    ネットワークセキュリティキーを入力します。

    ネットワークセキュリティキーの入力

  6. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へ

  7. 「PCの共有をオンにしてこのネットワークのデバイスに接続しますか?」と表示されます。

    • 公共の場所にあるネットワークへ接続する場合は、「いいえ、〜」をクリックします。

    • ホームネットワークや社内ネットワークに接続する場合は、「はい、〜」をクリックします。

    PCの共有をオンにしてこのネットワークのデバイスに接続しますか?


4番目の確認項目パソコンとネットワーク機器を再起動する

次の手順で、パソコンとネットワーク機器を再起動し、インターネットに接続できるかどうかを確認します。


操作手順

  1. パソコンの電源を切って、電源ケーブルを取り外します。
    LIFEBOOKの場合は、バッテリパックも取り外します。

    アドバイス
    一部のLIFEBOOKやARROWS / STYLISTICは内蔵バッテリパックを取り外せません。

  2. LANケーブルなど、配線されているほかの機器についても、それぞれ所定の手順で電源を切ってから、電源ケーブルを取り外します。

    アドバイス
    • IP電話機能があるADSLモデムの場合は、電源を切ると一時的に電話ができなくなる可能性があります。
      あらかじめ、お使いの機器の取扱説明書などで確認してください。

    • 一部のCATV(ケーブル)モデムなどは、常にデータ通信を行っているため、電源を切れないことがあります。
      ご利用のケーブルテレビのプロバイダーにお問い合わせください。

  3. そのまま、ESPRIMOの場合は1分、LIFEBOOKの場合は2分間放置します。

    アドバイス
    LIFEBOOK / ARROWS / STYLISTICで内蔵バッテリパックを外していない場合は、そのまま次の手順に進みます。

  4. 電源ケーブルなど、配線を元に戻します。
    LIFEBOOK の場合は、バッテリパックも取り付けます。

  5. ネットワーク機器 → パソコンの順に、電源を入れて、動作を確認します。


5番目の確認項目無線LANドライバーを再インストールする

無線LANドライバーを再インストールして、インターネットに接続できるかどうかを確認します。
無線LANドライバーを再インストールする方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A無線LANドライバーを再インストールする方法を教えてください。(2012年冬モデル以降)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見・ご要望などございましたらご記入ください。(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていません。
質問をご記入いただいても回答できませんので、あらかじめご了承ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)