このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【3308-4302】更新日:2010年12月9日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows 7] USBフラッシュメモリを使用して、Windows 転送ツールでパソコンの設定やデータを移行する方法を教えてください。

対象機種とOS (全て表示)
対象機種 すべて
対象OS Windows 7 、他・・・

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

今まで使用していた古いパソコンの設定やファイルを新しいパソコンに移行するときに、USBフラッシュメモリを使用して、Windows 転送ツールで移行する方法を教えてください。

回答

Windows 転送ツールは、今まで使っていたパソコンから新しいパソコンへ、ファイル、フォルダー、プログラム設定を移行できます。
移行できる項目は次のとおりです。

  • ユーザー アカウント

  • ファイルとフォルダー(ドキュメント、音楽、画像、ビデオなど)

  • 電子メール

  • インターネットの接続設定やお気に入り

  • プログラムの設定

ここでは、USBフラッシュメモリを使用して、古いパソコンから新しいパソコン(Windows 7)へデータを移行する手順を紹介します。

手順内ではWindows Vista からWindows 7へ移行するときの画像を使用していますが、Windows XP でも同様の手順でWindows 7に移行できます。



手順1注意事項


  • Windows メールまたはOutlook Expressのデータについて

    Windows 転送ツールで、データを移行する前にWindows Live メールにアップグレードします。
    Windows Live メールにアップグレードしてから、データ移行すると、メールアカウント、メッセージやアドレス帳を簡単に移行できます。

    Windows Live メールをアップグレードする方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&AWindows Live メールにアップグレードする方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

    アドバイス
    Windows Live メールにアップグレードしないで、そのままデータ移行すると、正しくメールデータを引き継げない場合があります。

    また、Windows Live メールは初めての起動時に、移行されたデータを読み込みます。
    データの移行前に起動したことがある場合は、個別にデータを移行してください。

    個別にデータを移行する方法については、次のQ&Aをご覧ください。

     Q&A[Windows Live メール] 今まで使用していたメールソフトのデータを移行する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

  • ログオンするユーザーについて

    Windows 転送ツールを実行するには、管理者権限のあるユーザーでログオンする必要があります。

  • データを移行できるOSについて

    Windows 転送ツールでは、次のOSを使用しているパソコンからWindows 7のパソコンにデータを移行できます。
    ただし、64ビットのWindows から、32ビットのWindows へ移行するときには、Windows 転送ツールを使うことはできません。

    • Windows 7

    • Windows Vista

    • Windows XP

  • アプリケーションのデータについて

    Windows 転送ツールは、すべてのアプリケーションのデータをバックアップするわけではありません。
    アプリケーションのデータのバックアップ方法や、バックアップしたデータがWindows 7で使用できるかどうかについては、アプリケーションの提供元へお問い合わせください。

  • 移行するデータの容量について

    Windows 転送ツールは移行するデータを一度に転送します。
    分割して数回に分けて移行することはできません。
    このため移行するデータの容量が用意したUSBフラッシュメモリの容量よりも大きい場合、そのUSBフラッシュメモリを使ってデータを移行することはできません。

  • ACアダプタの接続について

    LIFEBOOK/FMV-BIBLOをお使いの場合は必ず電源ケーブルをつないで作業してください。


手順2事前準備


Windows 転送ツールでデータを移行する前に、事前に次を確認し準備します。


USBフラッシュメモリを用意する

USBフラッシュメモリでデータを移行するには、新しいパソコンと古いパソコンのどちらでも読み書きが可能なUSBフラッシュメモリが必要です。

また、移行するデータを一度に保存できるだけの空き容量が必要です。

お使いの環境に応じて、USBフラッシュメモリを用意してください。


新しいパソコンの空き容量を十分に確保する

古いパソコンからデータを移行するには、新しいパソコンのハードディスクに十分な空き容量が必要です。

移行するデータの容量に応じて、新しいパソコンのハードディスクに空き容量を確保してください。


時間に余裕を持つ

データの収集から移行が完了するまでには時間がかかります。
必要な時間は移行するデータの容量によって変わります。

データの移行は十分に時間のあるときに行なってください。


起動しているアプリケーションを終了する

Windows 転送ツールを実行するには、起動しているアプリケーションをすべて終了する必要があります。

新しいパソコン、古いパソコンともに作成中のデータは保存し、アプリケーションをすべて終了してください。


USBフラッシュメモリの取り外し方を確認する

USBフラッシュメモリを「ハードウェアの安全な取り外し」を実行しないで、パソコンから取り外すと、データが消えたり、破損したりする恐れがあります。

Windows 7のパソコンでUSBフラッシュメモリを取り外すときは、必ず次の手順で取り外してください。

アドバイス
Windows Vista またはWindows XP のパソコンでUSBフラッシュメモリを取り外す手順を確認する場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A「ハードウェアの安全な取り外し」 / 「ハードウェアの取り外し」について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 画面右下の通知領域にある「隠れているインジケーターを表示します」ボタンをクリックします。

    「隠れているインジケーターを表示します」ボタンをクリック


    アドバイス
    「隠れているインジケーターを表示します」ボタンが表示されていない場合は、通知領域に表示されているアイコンから「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリックして、手順3.に進みます。

    「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリック


  2. 表示されるアイコンから「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリックします。

    「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリック

  3. 表示されるメニューから取り外すUSBフラッシュメモリをクリックします。

  4. 「ハードウェアの取り外し」と表示されます。
    USBフラッシュメモリをパソコン本体から取り外します。

    ハードウェアの取り外し



手順3USBフラッシュメモリにWindows 転送ツールをコピーする
(新しいパソコンでの操作)

古いパソコン(Windows Vista)のデータを収集するために、新しいパソコン(Windows 7)のWindows 転送ツールをUSBフラッシュメモリにコピーします。

次の手順を新しいパソコンで実行します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 新しいパソコンに、管理者ユーザーでログオンします。
    すでにログオンしている場合は、起動しているアプリケーションをすべて終了します。

  2. 用意したUSBフラッシュメモリをセットします。

    アドバイス
    「自動再生」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックして閉じます。

  3. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システム ツール」→「Windows 転送ツール」の順にクリックします。

  4. 「Windows 転送ツール」が表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  5. 「項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください。」と表示されます。
    「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」をクリックします。

    「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」をクリック

  6. 「現在使用しているコンピューター」と表示されます。
    「これは新しいコンピューターです」をクリックします。

    「これは新しいコンピューターです」をクリック

  7. 「Windows 転送ツールで、今までのコンピューターのファイルを外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?」と表示されます。
    「いいえ」をクリックします。

    「いいえ」をクリック

  8. 「今までのコンピューターにWindows 転送ツールをインストールする必要がありますか?」と表示されます。
    「ここでインストールする必要があります」をクリックします。

    「ここでインストールする必要があります」をクリック

  9. 「今までのコンピューターにWindows 転送ツールをインストールする方法を選択してください。」と表示されます。
    「USBフラッシュドライブ」をクリックします。

    「USBフラッシュドライブ」をクリック

  10. 「フォルダーの参照」が表示されます。
    セットしたUSBフラッシュメモリをクリックします。

    セットしたUSBフラッシュメモリをクリック

  11. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  12. 「Windows 転送ツールをコピー中...」と表示されます。
    完了するまでしばらく待ちます。

    Windows 転送ツールをコピー中...

  13. Windows 転送ツールの保存が完了し「Windows 転送ツールを今までのコンピューターにインストールします」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  14. 「Windows 転送ツールで、今までのコンピューターのファイルを外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?」と表示されます。
    USBフラッシュメモリを正しい手順で本体から取り外します。

    「〜USBフラッシュドライブに保存済みですか?」と表示

  15. 「×」ボタンでWindows 転送ツールを閉じます。



手順4古いパソコンのデータを収集する
(古いパソコンでの操作)

USBフラッシュメモリにコピーした新しいパソコンのWindows 転送ツールを使って、古いパソコンのデータを収集します。
次の手順を古いパソコンで実行します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 古いパソコンに、管理者ユーザーでログオンします。
    すでにログオンしている場合は、起動しているアプリケーションをすべて終了します。

  2. Windows 転送ツールのプログラムをコピーしたUSBフラッシュメモリをセットします。

    アドバイス
    「自動再生」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックして閉じます。

  3. 転送ツールが自動的に起動し、「Windows 転送ツールの開始」が表示されます。
    そのまましばらく待ちます。

    Windows 転送ツールの開始

    アドバイス
    自動的に起動しない場合は「スタート」ボタン→「コンピュータ」→セットしたUSBフラッシュメモリのアイコンの順にクリックします。
    表示されたUSBフラッシュメモリから、Windows 転送ツールのショートカットアイコンをクリックして転送ツールを起動します。

    Windows 転送ツールのショートカットアイコンをクリックする
    (Windows 転送ツールのショートカットアイコンをクリックする例)

  4. 「Windows 転送ツールへようこそ」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  5. 「項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください。」と表示されます。
    「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」をクリックします。

    「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」をクリック

  6. 「現在使用しているコンピューター」と表示されます。
    「これは今までのコンピューターです」をクリックします。

    「これは今までのコンピューターです」をクリック

  7. 「転送できる内容を確認しています...」と表示されます。
    確認が終了するまでしばらく待ちます。

    転送できる内容を確認しています...

  8. 「このコンピューターから転送する内容を選択します」と表示されます。
    チェックボックスをクリックし移行したいデータにチェックを入れ、移行しないデータのチェックを外します。

    移行したいデータにチェックを入れ、移行しないデータのチェックを外す

    アドバイス
    アカウントごとに表示されている容量の下にある「カスタマイズ」をクリックすると選択項目が表示されます。

    「カスタマイズ」をクリックすると選択項目が表示される

    表示された選択項目の下部にある「詳細設定」をクリックすると、「設定内容の変更」が表示され、移行するデータを細かく選ぶことができます。

    「詳細設定」をクリックすると、「設定内容の変更」が表示される

  9. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  10. 「転送するファイルおよび設定を保存します」と表示されます。
    「パスワード」の入力欄にお好みでパスワードを入力します。
    パスワードを入力しない場合は手順12.に進みます。

    アドバイス
    パスワードは、半角英数で入力します。
    ここで入力するパスワードは、セキュリティの観点から、移行するデータを保護するためのものです。
    新しいパソコンで移行するデータを読み込むときに必要になるため、メモに控えておきます。

    「パスワード」の入力欄にお好みでパスワードを入力

  11. 「パスワードの確認入力」の入力欄に「パスワード」の入力欄に入力したパスワードを入力します。

    「パスワードの確認入力」の入力欄にパスワードを入力

  12. 「保存」ボタンをクリックします。

    「保存」ボタンをクリック
    (画像はパスワードが入力されているときの例)

  13. 「転送ツール ファイルの保存」が表示されます。
    保存先のUSBフラッシュドライブをクリックします。

    保存先のUSBフラッシュドライブをクリック

  14. 「保存」ボタンをクリックします。

    「保存」ボタンをクリック

  15. 「ファイルおよび設定を保存しています...」と表示されます。
    そのまましばらく待ちます。

    ファイルおよび設定を保存しています...

  16. 「転送のためのファイルと設定が保存されました。」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  17. 「転送ファイルが作成されました」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  18. 「このコンピューター上でのWindows 転送ツールの処理は完了しました。」と表示されます。
    「閉じる」ボタンをクリックして、Windows 転送ツールを終了します。

    「閉じる」ボタンをクリックして、Windows 転送ツールを終了

  19. USBフラッシュメモリを正しい手順で本体から取り外します。



手順5古いパソコンのデータを展開する
(新しいパソコンでの操作)

古いパソコンで収集したデータを、新しいパソコンで展開します。
手順は次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 新しいパソコンに、管理者ユーザーでログオンします。
    すでにログオンしている場合は起動しているアプリケーションをすべて終了します。

  2. 新しいパソコンにUSBフラッシュメモリをセットします。

    アドバイス
    「自動再生」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックして閉じます。

  3. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「Windows 転送ツール」の順にクリックします。

  4. 「Windows 転送ツール」が表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  5. 「項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください。」と表示されます。
    「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」をクリックします。

    「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」をクリック

  6. 「現在使用しているコンピューター」と表示されます。
    「これは新しいコンピューターです」をクリックします。

    「これは新しいコンピューターです」をクリック

  7. 「Windows 転送ツールで、今までのコンピューターのファイルを外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?」と表示されます。
    「はい」をクリックします。

    「はい」をクリック

  8. 「転送ツール ファイルを開く」が表示されます。
    セットしたUSBフラッシュメモリをクリックします。

    セットしたUSBフラッシュメモリをクリック

  9. 「Windows 転送ツール - 今までのコンピューターの項目」をクリックします。

    「Windows 転送ツール - 今までのコンピューターの項目」をクリック

  10. 「転送ファイルの保護に使用したパスワードを入力し、転送を開始します」と表示された場合は、入力欄に古いパソコンでデータを収集するときに、保護のために設定したパスワードを入力します。
    表示されない場合は、手順12.に進みます。

    保護のために設定したパスワードを入力

  11. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  12. 「選択された転送ツールファイルを開いています...」と表示されます。
    そのまましばらく待ちます。

    選択された転送ツールファイルを開いています...

  13. 「このコンピューターに転送する内容を選択します」と表示されます。
    移行するデータにチェックが入っていることを確認します。

    アドバイス
    移行しないデータにチェックが入っている場合はクリックしてチェックを外します。

    移行するデータにチェックが入っていることを確認
     
  14. 「詳細オプション」をクリックします。

    「詳細オプション」をクリック

  15. 「詳細オプション」が表示されます。
    古いパソコンのユーザーアカウントを新しいパソコンのユーザーアカウントに割り当てます。
    次の場合に応じて操作します。

    • 古いパソコンのユーザーアカウントと同じユーザーアカウントが新しいパソコンにある場合

      自動的に同じユーザーアカウント名が入力されていることを確認します。

      自動的に同じアカウント名が入力されていることを確認

    • 古いパソコンのユーザーアカウントのデータを違うユーザーアカウントに割り当てる場合

      新しいコンピューター上のユーザーアカウントの「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューからお好みのユーザーアカウントをクリックします。

      表示されるメニューから割り当てるアカウントをクリック

    • 新しいパソコンに割り当てるユーザーアカウントを新規に作成する場合

      新しいコンピューター上のユーザーアカウントの「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「ユーザーの作成」をクリックすると、「新しいユーザーの作成」が表示されます。
      ユーザー名を入力して「作成」ボタンをクリックします。

      新しいユーザーの作成でユーザーアカウントを作成する

      アドバイス
      • ユーザー名は半角英数で入力します。

      • パスワードを設定すると、作成したアカウントで次にログオンするときにパスワードの入力が必要になります。
        パスワードは移行したあとにも設定できます。
        データの移行が完了してから改めて設定することをお勧めします。

  16. 「保存」ボタンをクリックします。

    「保存」ボタンをクリック

  17. 「詳細オプション」が閉じます。
    「転送」ボタンをクリックします。

    「転送」ボタンをクリック

  18. 転送が開始されます。
    そのまましばらく待ちます。

    転送中

  19. 「保護された内容の移行」と表示された場合は、移行するアカウントの古いパソコンでのログオンパスワードを入力します。
    表示されない場合は手順21.に進みます。

    古いパソコンでのログオンパスワードを入力

  20. 「アカウント情報を確認して、内容の保護を更新します」をクリックします。

    「アカウント情報を確認して、内容の保護を更新します」をクリック

  21. 「転送が完了しました」と表示されます。
    転送された内容を確認したい場合は、「転送された内容の確認」をクリックし、Windows 転送ツール レポートで確認します。
    確認しない場合は手順26.に進みます。

    アドバイス
    転送された内容は移行後もWindows 転送ツール レポートで確認できます。
    Windows 転送ツール レポートを起動するときは、次の順番にクリックします。

    「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「Windows 転送ツール レポート」

    「転送された内容の確認」をクリック

  22. 「Windows 転送ツール レポート」が表示されます。
    移行した内容を確認します。

    移行した内容を確認

  23. 「プログラム レポート」タブをクリックします。

    「プログラム レポート」タブをクリック

  24. 設定項目を移行したアプリケーションを確認します。

    アドバイス
    「プログラム レポート」タブでは、古いパソコンで利用していたアプリケーションが新しいパソコンでも利用できるかを確認できます。
    新しいパソコンでも利用できるアプリケーションについては、項目の右側に「インストール済み」と表示されます。

    設定項目を移行したアプリケーションを確認

  25. 「×」ボタンをクリックして、「Windows 転送ツール レポート」を閉じます。

  26. 「閉じる」ボタンをクリックします。

    「閉じる」ボタンをクリック

  27. USBフラッシュメモリを正しい手順で本体から取り外します。

  28. パソコンを再起動します。

    アドバイス
    「転送を完了するには、コンピューターを再起動してください」と表示された場合は、USBフラッシュメモリを正しい手順で本体から取り外した後に「今すぐ再起動」ボタンをクリックし、パソコンを再起動します。

    「今すぐ再起動」ボタンをクリック
移行手順は以上で終了です。

アドバイス
移行後に、新しいパソコン(Windows 7)に初めてログオンするユーザーアカウントは、古いパソコンで使用していたログオンパスワードの入力を求められる場合があります。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見・ご要望などございましたらご記入ください。(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていません。
質問をご記入いただいても回答できませんので、あらかじめご了承ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)