このページの本文へ移動

WEBMART

Q&Aナンバー【5708-4535】更新日:2010年3月6日

[無線LANドライバ]Atheros AR5001X+/AR5006X/AR5006EXS Wireless LAN Driver + Atheros Client Utilityの修正項目とインストール方法について(2004年春モデル FMV-DESKPOWER CE50G7/S)

これは機種別のドライバー関連情報です。ドライバー名、および対象の機種やOSをご確認ください。

対象機種とOS (全て表示)
対象機種 2004年春モデルFMV-DESKPOWER CE50G7/S、他・・・
対象OS Windows XP Home Edition 、他・・・

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

次のドライバが公開されています。

【ドライバ名・バージョン】
Atheros AR5001X+/AR5006X/AR5006EXS Wireless Network Adapter Windows(R) XP/2000 LAN Driver V4.2.2.39 + Atheros Client Utility V4.2.0.390

【対象機種】
Atheros社製 ワイヤレスLAN搭載モデル

【修正項目】
◇V4.2.2.39
1) サービス運用妨害(DoS)攻撃を受ける危険性がある不具合を修正。

◇V4.2.2.1701
1) 一部の機種において、CPU負荷が高くなる場合がある不具合を修正。

◇V4.2.2.17
1) 特定の無線LANアクセスポイントと接続できない場合がある不具合を修正。

◇V4.2.2.14
1) 一部の無線LANアクセスポイントと通信できない不具合を修正。
2) スタンバイまたは休止状態から復帰した際、稀にAtherosクライアント
ユーティリティが異常終了する不具合を修正。

◇V4.2.2.7
1) AR5006EXSに対応。
2) ユーザー認証に電子証明書を使用するPEAP(PEAP(EAP-TLS))に対応。

◇V4.1.2.71
1) 2005年5月16日に総務省より発表された「電波法施行規則の一部を改正する省令」
に対応。
2) ドライバ更新後、コンピュータ起動時、ACUがデスクトップに表示される不具合を
修正。

◇V4.0.0.167, V4.1.2.38
1) 電波停止状態でコンピュータをシャットダウン(Log off)した際、
アプリケーションエラーが発生する不具合を修正。

◇V4.0.0.140
1) AR5006X チップに対応。
2) WPA2に対応。

◇V3.1.2.40
1) シングルサインオン有効/無効に関わらず、WEPキーとWPA-PSKにおいて、
未ログオン状態で無線ネットワークに接続するように変更。

◇V3.1.2.21
1) 証明書のインストール直後、証明書を使用できない場合がある不具合を修正。

◇V3.1.2.19
1)「Microsoft(R) Windows(R) XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載」に
対応。
2) ユーティリティで使用する用語を変更。

◇V3.1.1.48
1) v2.4.2.45以前のバージョンからの更新インストールに対応。

◇V3.1.1.16
1) Super A/Gおよび Super Gに対応。
2) Windowsにログオンするユーザー名とパスワードを、ワイヤレスLAN認証の
ユーザーID、パスワードとして使用するシングルサインオン機能に対応。
3) コンピュータの管理者権限をもたないユーザが、プロファイルを切り替えた際、
コンピュータの再起動を促すメッセージが表示される不具合を修正。

◇V2.4.2.45
1) 一部の無線LANアクセスポイントと、WPA-PSKで通信できない不具合を修正。
2)「利用できるネットワーク」画面で、再表示ボタンをクリックしても周囲のネット
ワークが表示されない不具合を修正。
3) ネットワークキーの一部を修正した際、表示が不適切になる不具合を修正。
4) EAP-TLSの証明書選択において、プルダウンが一行しか表示されない不具合を
修正。
5) コンピュータ起動時の初期化処理とシャットダウン時の終了処理を変更。
6) Microsoft の Windows(R) XP のワイヤレスセキュリティアップデート
『QFE 815485』を適用した場合、動作が不安定になる不具合を修正。

◇V2.4.2.23
1) ワイヤレススイッチが電波オンの状態で、サウンドが途切れたり、
マウスがスムーズに動作しない場合がある不具合を修正。

◇V2.4.2.22
1) クラシック[スタート]メニュー使用時、電波の停止または再開が正常に行えない
不具合を修正。
2) クラシック[スタート]メニュー使用時、ユーティリティでプロファイルを切り替え
た際、コンピュータの再起動を促すメッセージが表示される不具合を修正。
3) スクリーンセーバーの動作中、CPU負荷を減らすように修正。

◇V2.4.2.20
1) コンピュータ起動時の初期化処理を変更。

◇V2.4.2.9
1) シャットダウン時の終了処理を変更。

◇V2.4.2.4
1) ワイヤレススイッチが電波オフの状態でインストールを行った際、
コンピュータの再起動を促すメッセージが表示される不具合を修正。

◇V2.4.1.30
1) 新規リリース。

回答

次の順序で、Atheros AR5001X+/AR5006X/AR5006EXS Wireless LAN Driver + Atheros Client Utilityをインストールします。

重要
アンインストールを行うと、ネットワーク接続のための設定や情報が削除されます。
あらかじめ次の設定項目を確認し、メモなどに控えてください。

  • 「SSID」(または「ESSID」、「ネットワーク名」)

  • セキュリティの種類(「共有キー」、「WPA」、「WPA2」など)

  • 暗号化の種類(「WEP」、「TKIP」、「AES」など)

  • セキュリティキー(「WEPキー」、「パスフレーズ」、「事前共有キー」など)

  • インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)の設定(「IPアドレス」、「DNSサーバのアドレス」など)

手順1入手手順

次の手順で、Atheros AR5001X+/AR5006X/AR5006EXS Wireless LAN Driver + Atheros Client Utilityをダウンロードします。

重要 
本ドライバは、無線ユーティリティ(Atheros Client Utility )を同時にインストールします。
無線LAN機能を次の環境でお使いの場合は、本ドライバのインストールができません。

  • 他社製無線LAN設定ユーティリティ

あらかじめ「他社製無線LAN設定ユーティリティ」をアンインストールしてから、本ドライバをインストールしてください。

ダウンロードAtheros AR5001X+/AR5006X/AR5006EXS Wireless LAN Driver + Atheros Client Utility(新しいウィンドウで表示)


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 上の「ダウンロード」のリンクをクリックし、「ダウンロード」画面を表示させます。

  2. ページをスクロールして、「ダウンロードファイル」の「Atheros AR5001X+/AR5006X/AR5006EXS Wireless LAN Driver + Atheros Client Utility[E1010633.exe、9.40MB(9851884 bytes)]をクリックします。

    Atheros AR5001X+/AR5006X/AR5006EXS Wireless LAN Driver +Atheros Client Utility[E1010633.exe、9.40MB(9851884 bytes)]をクリック

  3. 「このファイルを実行または保存しますか?」と表示されます。
    「保存」ボタンをクリックします。

    保存ボタンをクリック

  4. 「名前を付けて保存」が表示されます。
    「デスクトップ」をクリックします。

    デスクトップをクリック

  5. 「保存」ボタンをクリックします。

    保存ボタンをクリック

  6. ダウンロードが始まります。
    終わるまで、そのまましばらく待ちます。

    ダウンロード中 - 終わるまで待つ

  7. 「ダウンロードの完了」が表示されます。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    ダウンロードの完了 − 閉じるボタンをクリック

  8. デスクトップに「E1010633」(または「E1010633.exe」)アイコンが作成されたことを確認します。

    E1010633アイコンが作成されたことを確認

手順2アンインストール手順


次の手順で、Atheros AR5001X+/AR5006X/AR5006EXS Wireless LAN Driver + Atheros Client Utilityをアンインストールします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 通知領域の「Atherosクライアントユーティリティ」を右クリックし、表示されるメニューから「終了」をクリックします。

    アドバイス
    通知領域の「Atherosクライアントユーティリティ」が表示されていない場合は、次の手順に進みます。

    通知領域のAtherosクライアントユーティリティを右クリック、終了をクリック

  2. 作業中のアプリケーションをすべて終了します。
    作成中のファイルがある場合は、ファイルを保存します。

  3. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  4. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「プログラムの追加と削除」をクリックします。

    プログラムの追加と削除をクリック

    アドバイス
    「プログラムの追加と削除」が表示されていない場合は、「プログラムの追加と削除」アイコンをクリックして、次の手順へ進みます。

    表示されていない場合は、プログラムの追加と削除アイコンをクリック

  5. 「プログラムの追加と削除」が表示されます。
    インストールされているアプリケーションの一覧から、「Atherosクライアントインストールプログラム」をクリックします。

    Atherosクライアントインストールプログラムをクリック

  6. 「削除」ボタンをクリックします。

    削除ボタンをクリック

  7. 「以前のインストールの検出」が表示されます。
    「以前のインストールをアンインストールする。」をクリックします。

    以前のインストールの検出 - 以前のインストールをアンインストールするをクリック

  8. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタンをクリック

  9. 「ファイル削除の確認」が表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

  10. 「デバイスドライバを削除しますか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。・

    はいボタンをクリック

  11. アンインストールが始まります。
    終わるまで、そのまましばらく待ちます。

    アンインストール中 - 終わるまで待つ

  12. 「選択された操作は正常に実行されました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック - パソコンが再起動

手順3インストール手順


次の手順で、Atheros AR5001X+/AR5006X/AR5006EXS Wireless LAN Driver + Atheros Client Utilityをインストールします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「新しいハードウェアの検索ウィザードの開始」が表示されます。
    「キャンセル」ボタンをクリックして、閉じます。

    アドバイス
    表示されない場合は、次の手順に進みます。

  2. ダウンロードして保存した、「E1010633」(または「E1010633.exe」)アイコンをクリックします。

    E1010633アイコンをクリック

  3. 黒い画面が一瞬表示され、デスクトップに「a42239」フォルダーが作成されます。
    作成された「a42239」フォルダーをクリックします。

    a4239フォルダーをクリック

  4. 「a42239」フォルダーが表示されます。白色の三角形が2つ描かれた、「setup」(または「setup.exe」)アイコンをクリックします。

    setupアイコンをクリック

  5. 「設定言語の選択」が表示されます。
    「日本語」をクリックします。

    設定言語の選択 - 日本語をクリック

  6. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタンをクリック

  7. 「Atherosクライアントインストールプログラム」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    Atherosクライアントインストールプログラム - 次へボタンをクリック

  8. 「使用許諾契約」が表示されます。
    内容をよく読み、同意するときは、「使用許諾契約の全条項に同意します」をクリックします。

    使用許諾契約 -使用許諾契約の全条項に同意しますをクリック

  9. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタンをクリック

  10. 「セットアップタイプ」と表示されます。
    「クライアントユーティリティとドライバのインストール」をクリックします。

    クライアントユーティリティとドライバのインストールをクリック

  11. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタンをクリック

  12. 「インストール先の選択」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタンをクリック

  13. 「フォルダの選択」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    フォルダの選択 - 次へボタンをクリック

  14. 「重要:読んでください。」と表示されます。
    「Next>」ボタンをクリックします。

    重要:読んでください - Next>;ボタンをクリック

  15. 「設定ツールを選択してください。」と表示されます。
    「Atherosクライアントユーティリティ(ACU)と認証」をクリックします。

    設定ツールを選択してください - Atherosクライアントユーティリティ(ACU)と認証をクリック

  16. 「Next>」ボタンをクリックします。

    Next>ボタンをクリック

  17. 「クライアントアダプタを挿入すると、ドライバが自動的にインストールされます。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

  18. インストールが始まります。
    終わるまで、そのまましばらく待ちます。

    インストール中 - 終わるまで待つ

  19. 「InstallShield Wizard の完了」と表示されます。「完了」ボタンをクリックします。

    完了ボタンをクリック

  20. 「スタート」ボタン→「終了オプション」→「再起動」ボタンの順にクリックします。
    パソコンが再起動します。

手順4インストールの確認手順


次の手順で、Atheros AR5001X+/AR5006X/AR5006EXS Wireless LAN Driver + Atheros Client Utilityが正常にインストールされていることを確認します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Atheros」→「Atherosクライアントユーティリティ」をクリックします。

  2. 「ヘルプ」メニュー→「バージョン情報」の順にクリックします。

    ヘルプメニュー→バージョン情報

  3. 「バージョン情報」が表示されます。

    バージョンを確認します。
    正常にインストールされている場合は、「ワイヤレスデバイスドライバ」の右側に、「4.2.2.39」と表示されます。

    バージョン情報 - 正常にインストールされている場合は、4.2.2.39

  4. 「×」ボタンをクリックし、「バージョン情報を閉じます。

  5. 「×」ボタンをクリックし、「Atherosクライアントユーティリティ」を閉じます。

手順5ダウンロードしたファイルの削除手順


ドライバーが正常にインストールされたことを確認したら、AzbyClubホームページからダウンロードしたファイルは、削除して結構です。

次の手順で、ダウンロードしたファイルと、「インストール手順」で作成したフォルダーを削除します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. デスクトップの「E1010633」(または「E1010633.exe」)アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリックします。

    E1010633を右クリック、削除をクリック

  2. 「ファイルの削除」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    はいボタンをクリック

  3. 「a42239」フォルダーを右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリックします。

    a42239フォルダーを右クリック、削除をクリック

  4. 「フォルダの削除」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    フォルダの削除 - はいボタンをクリック

  5. デスクトップ上から、アイコンやフォルダーが消えたことを確認します。

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)