このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【4311-1372】更新日:2018年12月6日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

バッテリ充電制御アップデートツールの実行方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

回答

「バッテリ充電制御機能アップデートのお願い」のページの注意事項などを確認し、「バッテリ充電制御アップデートツール」のページから実行します。



お客様にノートパソコンをより安全にお使いいただくために、バッテリ充電制御機能のアップデートを提供しています。

このアップデートは、バッテリの消耗により内圧が上昇して発生する発火・発煙などの事故を未然に防ぐことを目的としています。
バッテリの消耗に合わせて充電制御を行い内圧を下げることで、より安全にお使いいただくことができます。バッテリが消耗したときに備えて、アップデートを適用してください。

提供状況やアップデートするソフトウェアは、機種によって異なります。

バッテリ充電制御アップデートツールを実行することで、お使いの機種がバッテリ充電制御アップデートの対象かどうかをチェックし、アップデートが必要な場合は、ソフトウェアをダウンロードして起動します。


手順1「バッテリ充電制御機能アップデートのお願い」を確認する

FMVサポートのページで「バッテリ充電制御機能アップデートのお願い」を公開しています。
注意事項など、ページの内容をよくご確認ください。

My Cloud【ノートパソコンを安全にお使いいただくために】バッテリ充電制御機能アップデートのお願い


手順2注意事項を確認する

バッテリ充電制御機能のアップデートを適用する前に、次の注意事項を確認してください。

  • 「コントローラー用ファームウェア修正プログラム」または「BIOS書換データ」のアップデートを適用すると、消耗したバッテリをお使いの場合、充電表示が100%であっても、実際のバッテリ駆動時間(充電量)はアップデートを適用する前の約85%になります。

  • 「コントローラー用ファームウェア修正プログラム」または「BIOS書換データ」のアップデートを適用すると、適用前の状態に戻すことはできません。

  • 「バッテリ充電制御ユーティリティ」を適用すると、消耗したバッテリをお使いの場合、実際のバッテリ駆動時間(充電量)はアップデートを適用する前の約65%になります。

  • 「バッテリ充電制御ユーティリティ」はリカバリにより適用前の状態に戻ります。リカバリ後に再度適用が必要です。

  • アップデートには、管理者権限が必要です。


手順3バッテリ充電制御アップデートツールを実行する

次の手順で、バッテリ充電制御アップデートツールを実行します。


操作手順

  1. 次の「バッテリ充電制御アップデートツール」のページを開きます。

    My Cloudバッテリ充電制御アップデートツール

  2. ページを下までスクロールし、「ダウンロード」にある「FUJITSU Battery Ctrl Update Tool」をクリックします。

    「FUJITSU Battery Ctrl Update Toolをクリック

  3. お使いの環境によって、表示される画面が異なります。
    表示される画面により、次のとおり操作します。

    • 「セキュリティの警告」が表示された場合
      「実行」ボタンをクリックします。

      セキュリティの警告が表示された場合

    • 画面の下側に「実行または保存しますか?」と表示された場合
      「実行」ボタンをクリックします。

      実行または保存しますか?と表示された場合

      アドバイス

      Windows ストア アプリ版のInternet Explorerから本ツールを実行した場合は、デスクトップ画面に切り替わります。


    • 画面の下側に「行う操作を選んでください。」と表示された場合
      「実行」ボタンをクリックします。

      行う操作を選んでください。と表示された場合

      アドバイス

      「実行」ボタンがない場合は、保存ボタンをクリックします。

      保存ボタンをクリック

      セキュリティスキャンが実行され、「ダウンロードが終了しました。」と表示されたら「実行」ボタンをクリックします。

      実行ボタンをクリック

  4. チェックの結果が表示されます。
    表示される内容により、手順が異なります。

    • 「アップデートの対象です」と表示された場合
      アップデートする、ソフトウェアの名前を確認し、次の手順に進みます。

      BIOS書換えデータ

      コントローラー用ファームウェア修正プログラム

      バッテリ充電制御ユーティリティ

    • 「アップデートプログラムは準備中です」と表示された場合
      アップデートプログラムは準備中です。
      1月下旬以降に、再度、アップデートを実行してください。

      アップデートプログラムは準備中です

    • 「適用済みです」、「アップデートの対象ではありません」と表示された場合
      アップデートの必要はありません。
      「閉じる」ボタンをクリックして、終了してください。

      適用済みです

      対象ではありません

  5. アップデート対象の場合、次の注意事項を確認してから、次の手順に進みます。

    • パソコン本体にACアダプタを接続してください。
    • アップデート中は電源を切らないでください。
    • 使用中のアプリケーションを終了してください。
    • アップデート後に再起動やシャットダウンが必要な場合があります。

  6. 「開始する」ボタンをクリックします。
    ソフトウェアのダウンロードが開始されます。

    開始するボタンをクリック

    アドバイス

    • 「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」ボタンをクリックします。
    • ソフトウェアのダウンロードに失敗する場合は、時間をおいて再度実行してください。

  7. ダウンロードが終了すると、アップデートするソフトウェアが起動します。
    アップデートするソフトウェアに応じて、操作します。

    [+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

    BIOS書換えデータの場合

    「開始」ボタン、「OK」ボタン、「はい」ボタンなど、表示されたボタンをクリックしてBIOSをアップデートします。
    シャットダウンもしくは再起動したら、アップデートは終了です。

    開始ボタン、OKボタン、はいボタン
    (表示される画面の例)

    重要
    • 「システムファームウェア および BIOSアップデートを行います」と表示された場合

      BIOSアップデートが終了して再起動したあと、システムファームウェアのアップデートが開始されます。
      また、一部の機種では、その後で、コントローラー用ファームウェア修正プログラムのアップデートが開始されます。

      メッセージの内容を確認したら、「開始」ボタンをクリックしてください。

      システムファームウェア および BIOSアップデートを行います

    • LIFEBOOK AH77/W、AH78/W、WA3/W、AH53/X、AH50/X、AH77/Y、AH90/X、AH90/XG LIFEBOOK AH47/U、AH46/W、WA2/W、WA2/Z、WA2/A3をお使いの場合

      これらの機種は、アップデートを完了してシャットダウンした後、BIOSセットアップを起動して「標準設定値」に設定する必要があります。詳しくは、次のQ&Aをご覧ください。

      Q&A[LIFEBOOK] BIOSセットアップを「標準設定値」に設定する方法を教えてください。(2012年10月発表モデル以降)


    アドバイス

    パソコンがシャットダウンした場合は、パソコンを一度、起動してください。
    機種によっては、パソコンを起動後、自動的に再起動が実行されます。

    コントローラー用ファームウェア修正プログラムの場合

    表示されたウィンドウに応じて、次のとおり操作します。
    シャットダウンまたは再起動したら、アップデートは終了です。

    • 「コントローラー用ファームウェア修正プログラム」が表示された場合
      表示された内容をよく読み、「更新」ボタンをクリックします。

      更新ボタンをクリック
    • 「富士通ファームウェアアップデートツール」が表示された場合
      「アップデートのために自動で再起動しますがよろしいですか。」をクリックしチェックを付けてから、「更新する」ボタンをクリックします。

      チェックをつけて更新するボタンをクリック

    バッテリ充電制御ユーティリティの場合

    次の手順で、インストールします。


    操作手順

    1. 「バッテリ充電制御ユーティリティ の InstallShield Wizard へようこそ」と表示されます。
      「次へ」ボタンをクリックします。

      次へボタンをクリック

    2. インストールが開始されます。
      そのまま、しばらく待ちます。

      インストール中

    3. インストールが完了すると、「InstallShield Wizardの完了」と表示されます。
      「完了」ボタンをクリックします。

      完了ボタンをクリック

      アドバイス

      バッテリ充電制御ユーティリティは、インストール直後にバッテリのチェックを自動で行います。
      バッテリが消耗している場合は、続けて「このパソコンに搭載されているバッテリパックはすでに消耗しています」と表示されます。

      バッテリが消耗していない場合は表示されませんが、今後消耗したことを検知した場合表示されます。

      バッテリ充電制御ユーティリティ
      (表示例)

      バッテリ充電制御ユーティリティ
      (表示例)

      バッテリパックを交換する場合は、必ず指定品を使用してください。
      指定以外のバッテリパックは、電圧や端子の極性が異なっていることがあるため、火災、破裂、発熱のおそれがあります。

      バッテリパックの購入方法は、次のQ&Aをご覧ください。

      Q&AACアダプタやバッテリの購入方法を教えてください。

    [+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)