このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【5503-8385】更新日:2007年6月2日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

フロッピーディスクのフォーマット方法を教えてください

対象機種とOS (全て表示)
対象機種 すべて
対象OS Windows Vista Home Premium 、他・・・

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

フロッピーディスクをフォーマットする方法を教えてください。

回答

フロッピーディスクをフォーマットする手順は、お使いのWindows によって異なります。

次の項目から、お使いのWindows を選択してください。


ご注意

フォーマットを実行すると、フロッピーディスクの内容はすべて消去されます。
フォーマットを実行する前に、ディスク内にデータが残っていないかどうかを確認してください。



次の手順でフロッピーディスクをフォーマットします。

重要
フロッピーディスクが書き込み禁止(ロックした状態)にしていると、フォーマットできません。
書き込み可能な状態にしてからフォーマットを行ってください。

書き込み禁止タブ

操作手順
  1. パソコンを起動します。

  2. フォーマットしたいフロッピーディスクをパソコンにセットします。

  3. 「スタート」ボタン→「コンピュータ」の順にクリックします。

  4. 「コンピュータ」が表示されます。
    「フロッピーディスクドライブ」を右クリックし、表示されるメニューから「フォーマット」をクリックします。

    フォーマット

    アドバイス
    「ユーザーアカウントの制御」が表示されたときは、「続行」ボタンをクリックしてください。

  5. 「フォーマット - フロッピーディスクドライブ」と表示されます。
    「開始」ボタンをクリックします。

    開始 ボタン

    アドバイス
    フォーマットをするとき、必要に応じて次の項目を設定することができます。

    • ボリュームラベル
      ディスクに名前を付けたいときに入力をします。
      半角英数文字で11文字(全角文字の場合は5文字)まで入力できます。

    • クイックフォーマット
      チェックが付いているときは、ディスクに異常がないかどうかをチェックしないでフォーマットを実行します。
      そのため通常のフォーマットより早くフォーマットを行うことができます。
                       
    • MS-DOS の起動ディスクを作成する
      チェックを付けると、フォーマットとともに、パソコンを起動させる情報をフロッピーディスクに書き込みます。
      通常は、チェックを付ける必要はありません。

  6. 「警告:フォーマットするとこのディスクのすべてのデータが消去されます。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    警告

    フォーマットが開始されます。

  7. 「フォーマットが完了しました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    フォーマットが完了しました

  8. 「フォーマット - フロッピーディスクドライブ」へ戻ります。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

  9. セットしたフロッピーディスクを取り出します。

  10. 「×」ボタンをクリックし、「コンピュータ」を閉じます。


次の手順でフロッピーディスクをフォーマットします。

重要
フロッピーディスクが書き込み禁止(ロックした状態)にしていると、フォーマットできません。
書き込み可能な状態にしてからフォーマットを行ってください。

書き込み禁止タブ

操作手順

画面はWindows XP の場合の一例です。お使いの機種により表示される画面は異なります。

  1. パソコンを起動します。

  2. フロッピーディスクをパソコンにセットします。

  3. 「スタート」ボタン→「マイコンピュータ」の順にクリックします。

  4. 「3.5インチFD」を右クリックし、表示されるメニューから、「フォーマット」をクリックします。

    フォーマットの開始

  5. 「フォーマット - 3.5インチFD」(または 「フォーマット A:¥」)が表示されます。
    「開始」ボタンをクリックします。

    フォーマットの設定

    アドバイス
    フォーマットをするとき、必要に応じて次の項目を設定することができます。

    • ボリュームラベル
      ディスクに名前を付けたいときに入力をします。
      半角英数文字で11文字(全角文字の場合は5文字)まで入力できます。

    • クイックフォーマット
      チェックが付いているときは、ディスクに異常がないかどうかをチェックしないでフォーマットを実行します。
      そのため通常のフォーマットより早くフォーマットを行うことができます。
                       
    • MS-DOS の起動ディスクを作成する
      チェックを付けると、フォーマットとともに、パソコンを起動させる情報をフロッピーディスクに書き込みます。
      通常は、チェックを付ける必要はありません。

  6. 「警告:フォーマットするとこのディスクのすべてのデータが消去されます。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    警告

  7. そのまま待ちます。
    フォーマットが終了すると、「フォーマットが完了しました」と表示されます。

  8. 「OK」ボタンをクリックします。

  9. 「閉じる」ボタンをクリックします。

  10. セットしたフロッピーディスクを取り出します。

  11. 「×」ボタンをクリックし、「マイコンピュータ」を閉じます。


次の手順でフロッピーディスクをフォーマットします。

重要
フロッピーディスクが書き込み禁止(ロックした状態)になっていると、フォーマットできません。
書き込み可能な状態にしてからフォーマットを行ってください。

書き込み禁止タブ

操作手順

画面はWindows 98 の場合の一例です。お使いの機種により表示される画面は異なります。

  1. パソコンを起動します。

  2. フロッピーディスクをパソコンにセットします。

  3. 「スタート」ボタン→「マイコンピュータ」の順にクリックします。

  4. 「3.5インチFD」を右クリックし、表示されたメニューの中から、「フォーマット」をクリックします。

    フォーマットの開始

  5. 「フォーマット - 3.5インチFD」が表示されます。
    「開始」ボタンをクリックします。

    フォーマットの設定

    アドバイス
    フォーマットをするとき、必要に応じて次の項目を設定 / 選択することができます。

    • 容量
      1.44MB(2HD)または720KB(2DD)のどちらかを選択することができます。
      通常は1.44MBから変更する必要はありません。

    • フォーマットの種類
      • クイックフォーマット
        ディスクに異常がないかどうかをチェックしないでフォーマットを実行します。
        そのため通常のフォーマットより早くフォーマットを行うことができます。

      • 通常のフォーマット
        ディスクに異常がないかどうかをチェックしながらフォーマットを実行します。
        初めて利用するディスクを使うときは、通常のフォーマットを選択することをお勧めします。

      • 起動専用
        フォーマットとともに、パソコンを起動させる情報をフロッピーディスクに書き込みます。
        通常は、チェックを付ける必要はありません。

    • ボリュームラベル
      ディスクに名前を付けたいときに入力をします。
      半角英数文字で11文字(全角文字の場合は5文字)まで入力できます。
      「ボリュームラベルなし」にチェックを付けると、ボリュームラベルが入力できなくなります。

    • 結果レポートの表示
      チェックを外すと「フォーマット結果」(結果レポート)が表示されなくなります。

    • システムファイルのコピー
      チェックを付けると、フォーマットのあと、パソコンを起動させる情報をフロッピーディスクに書き込みます。
      通常は、チェックを付ける必要はありません。

  6. 「フォーマット結果」が表示されます。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    フォーマット結果

    アドバイス
    「フォーマット結果」が表示されないときは、次の手順へ進みます。

  7. 「閉じる」ボタンをクリックします。

  8. 「×」ボタンをクリックし「マイコンピュータ」を閉じます。

ご参考

フロッピーディスクには、パソコンで使われる2HDと、ワープロ専用機で利用される2DDの2つの種類があります。
2DDのフロッピーディスクをフォーマットするときは、「容量」を720KBに変更します。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)